にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)
4862522483ネーム・オブ・ラブ
原作:宮本佳野
CyberPhase 2008-09-10
小野大輔、鈴木達央

小野さんが平成のハンサムでした!
原作とは少し雰囲気が違うけれど、これはこれで好き。
【ネーム・オブ・ラブ(ドラマCD)/原作:宮本佳野/CyberPhase(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
【CAST】
沢村康平:小野大輔
篠原哲:鈴木達央
坂本翠:梶裕貴
矢島:保村真

【あらすじ・感想など】
沢村康平は、幼馴染みのテツ(篠原哲)に片思いをしている。
高校時代に両親を事故で亡くし身寄りのないテツは、フラフラとフリーターをしていて、生活も厳しい。
ある時酔いつぶれたテツを送った康平は、気持ちを抑えきれず告白し、テツを抱いてしまう。
それ以来テツが心配で部屋を訪れるようになった康平。
乱れた生活を見るに見かね、康平はテツに自分の部屋に来ないかと誘うのだが…。

康平は下心があって同居を誘ったわけじゃないけど、テツは何も返せないからと自分を抱いていいよと言い出します。
でも、ノンケのテツは、友達だと思っていた康平に告白され戸惑ってる。
嫌いじゃないし、一緒にいたくて抱かれてるけど、それは恋愛感情なのかどうかよく分からなくて、テツに気持ちを返せないまま時間が流れていきます。
そこに康平の元彼(彼女?)ミドリが登場し、ふたりの関係が変化が訪れることに。

普通のサラリーマン・康平をおのでぃ、フラフラしているテツをたっつん。
そして、女装をしている大学生・ミドリを梶くん。
佳野先生のコミックスが好きだというのもあるけれど、聴いた一番の理由はおのでぃとたっつんのカップリングだからです。
このふたりといえば某ゲームですよねー。
私は未プレイですが、キャラソンとかドラマCDはガッツリ聴いてますw

佳野先生のコミックスって独特の雰囲気がありますよね。
初のCD化ということで、その空気感がどこまで再現できるのかなぁと思って聴いたんですが…。
うーん、まぁ同じとは言い難いかな。
少なくとも、私のイメージ通りの声ではなかったです。
でもこれはこれでうまくまとまっていて、ドラマCDとしてはとてもよかった!
ストーリーの軸は同じで、それを3人で味付けしたって感じ。
佳野先生の話にはフラフラした貞操観念の低い若者がよく登場するけれど、世の中を斜めに見ている嫌な若者ではないから好きなんですよ。
そんな人物像はちゃんとドラマCDからも感じられて、ともすればただの軽い男になってしまうテツというキャラクターに好感が持てました。
そこはたっつんの力も大きいですよね!
あっけらかんとしてるように見えるけど、康平に対する信頼はしっかりあるから総てを受け入れてる。
そんなテツが康平に向ける優しい視線がコミックスよりもすっごく伝わってきて、あぁテツは康平のこと好きなんだなぁと感じられました。
そして…可愛いんですよ!!(結局そこ)
「こ、康平…?!」と驚きながらも流されて気持ちよくなっていく場面が、めちゃめちゃ可愛いんですけど!
悶えました…。
普段のトークとのギャップが大きいせいか、たっつんの喘ぎ声に毎回やられます。
私の中で受のたっつんは小型犬のイメージで、なんだかとっても虐めたくなるんですよねぇ…。(そこに愛はあるヨ)
今回、痛がってる所がまた萌えでした。
私は痛がる受が好きです…。
痛みの先に快感があるのだ。きっと!
テツはそこまで至ってないですが…(^_^;)

おのでぃは今回普通にハンサムですw
昭和のハンサムでも平安のハンサム(「姫君の輿入れ」)でもなく、ちゃんと平成のハンサムでした(笑)
少し前まで私はおのでぃのハンサムボイスを真顔で聴けない病にかかっていたんですけど、コレを聴いて完治した事が判明。
この変化がおのでぃの変化なのか自分の変化なのかよく分からないんですけどね…。
多分、私の気持ちの変化だと思います。
つい最近イベントでおのでぃを見てハッキリ自覚した。
私、おのでぃ大好きだ…!!
浮気もしたけど、原点回帰。
康平のイラストのイメージとは被らないけど、おのでぃ色の康平も好きです。
優しい声もいいけど、怒った声もステキw
テツに対する真剣な気持ちが伝わってきて惚れる。

そして梶くん。
最初誰かと思ったよ…!
可愛いなぁ。
「DEADLOCK」の鈴木千尋さん(トーニャ)もすごいなぁと思ったけど、梶さんも違和感なく聴けました。
オカマ声もいろいろあるけど、この声なら「きっと可愛い子!」と思える。
実際ミドリは可愛いからピッタリ。
「重くないもん!」にキャッとなりましたw
か、かわいい…。
しかしこんな可愛いのにタチもいけるとはー。
そこがまた妄想で萌える。

ということで、原作の雰囲気とは少し違うけれど、佳野先生の個性的なストーリー展開を3人がまた違った味付けで作り上げていました。
これはこれでいい作品だと思います。
コミックス原作のCDは時間的に余裕があってよいですね。
ムリに端折らないし、原作知っていると細かい部分も視覚的に補完出来るし。
まぁ、ドラマCDとしては最後にラブッとしたエッチで締めて欲しい気もするけど…。
原作のコミックスでも思ったけど、エピローグ的な部分がもっと欲しかったです。
兎にも角にも、キャスティングがよい!
おのでぃ格好いい&たっつん可愛いw 
梶くんもよかったし、満足です。

原作はコチラ↓
4862522483ネーム・オブ・ラブ (ドラコミックス 153)
宮本佳野
コアマガジン 2007-12-25

by G-Tools

関連記事
2008.09.22 21:41 | 宮本佳野 | trackback(1) | comment(2)
            

にゃんこさん、こんばんは☆

私の声優萌えばかりをひたすら叫ぶ感想とは違い(笑)、私も「そうそう!そうなんだよ!」と思いつつにゃんこさんの感想を読ませていただきました~w
確かにちょっと原作のイメージとは違うよね。たっつんも小野さんも。でもこのCDは作品としてとてもキレイに纏まったCDだと思うので素直に良かった!と思えるよね!

>なんだかとっても虐めたくなる

わかるわ~(笑)
受のたっつんは可愛すぎて苛めたくなる感じだよね!そして今回のたっつんは痛がってるのが萌えだった…。私、今までソレが分からんかったけど、今回でちょっと目覚めたよ(笑)!いいね、痛がってる受…www

何だかんだと言いながら、私も小野さん結構聴いてるんだよなぁ。今回は普通にハンサムだったね!かっこよかった!アニメではちょっと個性的な役柄が多いので…。
BLCDって声優さんへの愛も再確認できて一石二鳥だねw

TB送らせていただきました~♪
では!

2008.09.23 22:01 URL | 水月ゆう #99eKG97o [ 編集 ]

水月さん、こんばんは~

佳野さんの漫画って独特の雰囲気があるから、ドラマCDにするのは難しそうだよねぇ。
イメージは違うけど、漫画は漫画、CDはCDでいい作品になっていると思います!

たっつんは普段のトークのテンションと受の時の雰囲気が違いすぎて、そのギャップがいいと思う!
普段のイメージが頭にあるからか、ツンツンしてるのを喘がせたくなるというかー(笑)
困らせたくなるのよね。

小野さん、「姫君の輿入れ」も平安のハンサムで格好良かったけど、今回はちゃんと現代のハンサムでよかった~。
受もいいけど、攻もいい!
どんどん絡んで欲しいですw

TB&コメントありがとうございました!
ではでは~

2008.09.25 00:30 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/613-de1501d9

ネーム・オブ・ラブ
ネーム・オブ・ラブ 宮本佳野 沢村康平は、幼なじみのテツと一年ぶりに再会した。 中学・高校と一緒に過ごしたテツは、ちょっと浮世離れしているというか、社会性に欠けていて…。 高校のときに事故で両親を亡くして以来、彼には身寄りも頼る場所もない。 そんなテ...

2008.09.23 21:53 | 日々精進。-BLバージョン-

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。