にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

銀の鎮魂歌(ドラマCD) :吉原理恵子

B001BJ7QR4銀の鎮魂歌(銀のレクイエム) ドラマCD新装版
石田彰;森川智之
マガジン・マガジン 2008-06-30

by G-Tools

懐かしさと、石田さんの声聴きたさに思わず購入。
このラスト、分かっていても泣ける…。
【銀の鎮魂歌(ドラマCD)/原作:吉原理恵子/マガジン・マガジン(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
【CAST】
キラ:石田彰
ルシアン:森川智之
ディラン:松本保典
サマラ:飛田展男
ジェナス:増谷康紀
イリス:岩男潤子
マイラ:山崎和佳奈
アスナス:阪脩
シリル:上村典子
ワイデル:茶風林
アズリ:土井美加

【あらすじ・感想など】
原作は1993年に出たルビー文庫(「銀のレクイエム」)で、昨年KAREN文庫から新装版(「銀の鎮魂歌」)が出ています。
私はルビー文庫で読んだので、もうかれこれ15年も前に出会っているのですが…。
何度も読み返し、何度も泣かされた作品です。
クセのある吉原作品の中では読みやすい作品だと思うので、原作もオススメ。
ノベルスでもそうですが、ドラマCDだとさらにJUNEでドシリアスな作品は最近余り出会わないですよねー。
普段は聴いている最中は顔がにやけてたりするんですが(←気持ち悪い…)、今回はにやける隙がなく、真剣な顔で聴き入ってしまいました。
ストーリーを知っていても涙腺を崩壊させられましたよ…。うぅ。

この作品のドラマCDがあるのは以前から知っていたのですが、なにせ1997年のCDなので見かける機会もなかなかなく…。
今回新装版で出るということで購入してみました。
あ、石田さんの声に惹かれたのも大きいんですが!
私が石田さんをちゃんと認識したのはアニメで、BLCDは未体験。
BLCDで活躍されていたことは知ってますが、私がこの世界に足を踏み入れたのはここ2年くらいなので…。(櫻井さんも数作しか聴いたこと無いんですよねぇ)
石田さんのあのいい声で受けるってどんなですか?!と、ドキドキしながら今回初体験させていただきました(笑)

王子であるルシアンと、ルシアンの乳兄弟であるキラ。
ある日ルシアンはキラに伽を求め、ルシアンはキラに溺れていきます。
周囲はその関係に危惧を覚え、ある誤解を切っ掛けに二人を引き裂こうと画策。
キラが自分を裏切ったのだと思い込んだルシアンは怒り狂い、拷問の末にキラを追放してしまう。
10年後、キラは結婚を間近にしたルシアンに再会するのだが…。
という話。
自分を信じてくれなかったルシアンに絶望しながらも、その想いを抱え続けるキラと、愛が故に憎しみ、そして真実を知った時にはどうすることもできない現実を受け入れるしかなかったルシアン。
そんな二人の激しくも切ない物語です。

2枚組なので話がしっかりしてます。
中世の雰囲気のファンタジー。
心が通じ合って恋人同士のような日々を送っていても、王子と従者にはハッキリとした身分の差があります。
どんなに愛し合っても、それはいつか終わりを迎える。
キラはそれを感じていますが、ルシアンはキラに溺れ、周囲が見えてません。
その均衡がいつ崩れるのか…。
崩壊の予感がヒシヒシと感じられて、ルシアンが甘い言葉を囁けば囁くほど聴いていて辛くなってきますよ…。
キラは運命に逆らうことができない。
真実を知っていても、周囲は王子であるルシアンを立てるために嘘をつき続けるしかありません。
そして時が経ち、ようやくルシアンが自らの非に気が付いても、王子という立場故に、キラを愛していても手に入れることが出来ない…。
そんなどうにもならない歯がゆさが切ないです。

1枚目はルシアンがキラに溺れ、裏切りに激高し切り捨てる過程に「あぁルシアン…」とハラハラし、やるせない気持ちに…。
でも、ルシアンの執着を危うく思っている周囲の状況が綴られながら話が進んで、二人の気持ちは端的にしか出てこないので、内容の割には冷静に聴けます。
濃厚な愛欲の日々が聴けるわwなんて期待していたけれど、よく考えたら原作でもそこまで描写があった訳じゃなかった…。
そんなわけで幸せな日々は終わりを告げ、その後の話に移るのですが、後半の人間ドラマがピンポイントに泣きツボをついてきましたよ…。
その中心がルシアンの妹・イリス。
この人は悪意はないけれど二人の誤解を生む原因を作り、結果的にキラを陥れた人物なので、当然印象はとても悪いです。
でもこのイリスの苦悩が後半とても痛くて泣ける…。
イリスが性格の悪い女だったなら、イリスを悪者にしてしまえばいい。
でも、イリスはとても優しい女性なので、自分の弱さに苦しんでいるイリスを責めることが出来ないんですよねぇ…。
キラとルシアンだけでなく、周囲の人間も苦悩している。
イリスの事件が起こらなかったとしても、遅かれ早かれキラとルシアンには別れが訪れていたのでしょうし。
誰が悪いわけでもないから、余計に辛いです。
そしてそんな二人に訪れた結末は…切なすぎる…。
2枚目の後半は何度も涙が溢れました。うぅぅ。

なんだか話の感想ばかりになってしまったのですが、ドラマCDとしてもとてもよかったですよー。
石田さんのキラ、とても合っていました。いい声だなぁ。
(なんだか石田さんの役名が『キラ』って変な感じなんですけどね…)
健気で優しいけれど激しく頑なな面も持っていて、儚げな雰囲気が伝わってくる。
期待していた喘ぎ声は…めちゃめちゃかわいかったよ…!
ただ、昔の作品だからか、絡みはアバウトです。
「ここで何をどうしてる」っていうのがハッキリしてない。
ガッツンガッツンやってるなぁという生々しい絡みではなく、喘ぎ声で表現されている感じなので、石田さんの妖艶な喘ぎが際だちますね。
抑えめなのに滲み出るこのエロス。
石田さんの喘ぎ声好きだわー。
お相手の森川さんも好演でした。
森川さんの声はいつでも、どんな役でもステキだーw
このCD、BLCDなのに女性キャストの存在感がすごくあって、イリス役の岩男さんがとてもよかったです。

楽しくなれる話も好きだし、エロい話も好きだけど、たまにはしっとりと泣かしてくれるBLCDが聴きたい。
久しぶりにこんなに泣きました。
是非、じっくりと聴いて、この世界観を堪能してください。

4537141034銀の鎮魂歌 (KAREN文庫 Mシリーズ)
吉原 理恵子
日本文芸社 2007-09-21

by G-Tools

関連記事
2008.08.21 00:10 | 吉原理恵子 | trackback(1) | comment(13)
            

こんばんは♪

銀の鎮魂歌、懐かしいです。
原作で大泣きしたのがつい昨日のようです(イヤ、私もルビー文庫組ですが…)
原作を読んだ時から、キラとルシアンの慟哭に揺さぶられながら、イリスの悲哀は感じていました。
だから、にゃんこさんのブログを読んで、余りCDには縁がない私も、聴いてみたくなりました!

明日、会社帰りにアニメイト行ってみます♪
あるといいなぁ…

2008.08.21 01:00 URL | 游 #- [ 編集 ]

こんにちは☆

「銀の鎮魂歌」いいですよね!何もかもツボで、大好きな作品です。
私もこの作品には泣かされました。いつ聞いても・読んでも泣けますよね。
原作はルビー文庫でもっていて、KAREN文庫のも買いました…(^_^;)

ドラマCDのほうは昔のほうを友人から借りて聞いています。新装版が出たのは知っていたのですが「中身は同じなんだから」と自分を抑えていましたが…。にゃんこさんのブログ読んだらとてつもなく欲しくなりました。
小説だって新装版買ってるんだから、CDだって買ってもいいですよね(笑)

2008.08.21 09:58 URL | ちろぽん #2Hva9K0A [ 編集 ]

游さん、こんにちは~

懐かしいですよねぇ。
あの頃はまだ学生だったのでお金がなく、一冊を熟考して購入し、何度も何度も読み返したものです。
私はブランク期間があるのですが、まさかこのジャンルがここまで大きくなるとは思いもよりませんでしたよ…。

CD、2枚組なので少々お高いですが是非~。
吉原先生のドラマCDはどれも聴き応えがあってよいですよ♪(シリアスなものしか聴いたことないのですが…)
コメントありがとうございました!
それではまた~w

2008.08.21 12:01 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

ちろぽんさん、こんにちは!

おぉぉ新装版も揃えますか!
素晴らしいですww
私はKAREN文庫を悩みつつも買いませんでした…。ダメなファンだな…。
ドラマCDは昔の方を持っていないので、どちらも旧版と新装版を比べることができないのですが、違う部分はあるのでしょうか?
新装版のCDは波津先生の美麗なイラストが見れないのが残念です。

この作品、渋いからあまり反応ないかな?と思っていたので、賛同のコメントいただけてとても嬉しいです(^^)
とてもいい作品ですよね!

コメントありがとうございました!
ではまた~

2008.08.21 12:07 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこsのブログは楽しみで読みまくりでしたが、今回初めてコメします。
(←石田&森川に我慢出来なかった人)
Bエロデビュー3ヶ月な私にとっては、全てが勉強ですね。(笑)
今初BエロCD購入に悩んでます。
森川×うえだ(P.B.B)
中井×?(ブルーな子猫)
うえだ×千葉
好きなCVsだけど外れたらどうしよう…。そんな感じでグルグルしてます。(苦笑)

2008.08.21 14:24 URL | れいじー #EwxDSSGo [ 編集 ]

石田sの受けは『お金がない』を聴いて衝撃を受けました。色気ダダ漏れ、カワイすぎる。(滝汗)

アスランや八戒しか知らない私は瞬殺されました…。この人が声ヲタな私に火をつけた犯人です。(爆)

本文レビューから大分それてしまいましたが、今後も徘徊しに来てもよかですか。m(_ _)m

2008.08.21 14:33 URL | れいじー #EwxDSSGo [ 編集 ]

れいじーさん、こんにちは

沢山コメントいただき、ありがとうございます♪

石田さん&森川さんに反応されたのですねw
どちらもいい声なので、その気持ちは分かります(笑)
れいじーさんの迷われている3作品とも私は聴いたことがないのですが、よい作品だといいですね!
P.B.Bのカプは「Punch↑」(こちらは聴いた)でキャストが変更になっているので、旧キャスティングも気になっています。

お役に立てる感想はあまりないかもしれませんが、これからも是非おいでくださいませ~。
コメントありがとうございました。
ではでは!

2008.08.22 13:48 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん、こんにちは。
このお話は大好きな作品の一つです~♪ 美しい涙で心の大掃除ができそう…。
CDはあまり聴かないのですが、「石田さんの喘ぎ声」…ムムムッ。誘惑されてしまいそう(笑)。
小説版の方なのですが、TBさせてください。

2008.08.24 23:14 URL | sumika #RUYTVyYs [ 編集 ]

sumikaさん、こんにちは~

確かに、心の大掃除が出来そうですね…。うぅぅ。
悲しいけれど、たまにはこうして泣いてスッキリすることも必要だなぁと思います。

石田さんのいい声で喘がれると、なんだかドキドキしてしまいましたよw
機会があったら是非聴いてください~♪

TBありがとうございました!
小説の方も大好きなので、嬉しいです。
ではでは~

2008.08.25 10:24 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

P.B.Bの続編、最近出たみたいですよねぇ。どうでした?
忍役が変更された様で…。(苦笑)旧作の方からトライしてみようかと。

欲しいのが沢山有るとチョイスするのも大変ッスね。(苦笑)

2008.08.30 10:38 URL | れーじー #EwxDSSGo [ 編集 ]

れーじーさん、こちらにもありがとうございます!

私的には遊佐さんの忍は可もなく不可もなく…といった所です。
上田さん版を知らないので、思い入れがないんですよね。
でも、上田さんの方を聴いた後だと、違和感ありそうだなぁと思いました。
上田さんと遊佐さんじゃ、結構印象が違ってきそうです。

それではまた~

2008.08.30 16:40 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

 にゃんこさん、はじめまして。
いつもこちら、楽しく拝見させていただいております。

 吉原先生の懐かしいネタ(因みに私もルビー文庫派です(笑))で、思わず書き込みさせていただきました。
 吉原先生はシリアスなネタの方が本領発揮というか、私はいつも嵌るのにな・・・最近次は無いのかしら?

 ドラマCDは『間の楔』の方で別な音源に衝撃を受けてました(笑) でも、こちらもにゃんこさんのコメントを拝見していると気になるので、買ってみたいかも(笑)

 それでは、お邪魔しました。これからも感想を楽しみにしてます。

2008.08.31 01:29 URL | 海月 #- [ 編集 ]

海月さん、こんにちは!

懐かしいですよねー。
思い入れのある作品だったので、私も思わず手に取ってしまいました。

私も吉原先生はシリアスな作品の方が断然合っていると思います。
コメディは落差がありすぎて…(^_^;)
本格的なシリアス作品を読みたいです!

吉原先生はドラマCDが大好きなようなので、これからも気合いの入った作品を楽しめそうでうれしいです♪
海月さんも是非どうぞ~

おいで頂きありがとうございました(^^)
稚拙な感想ばかりでお恥ずかしいですが、これからもよろしくお願いいたしますw
それではまた~

2008.08.31 12:19 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/599-0782ad97

「銀の鎮魂歌」 吉原理恵子
復刻ばやりで、懐かしさもあるけど、大人になって読むと、 あらためて気持ちの変化が読み取れたりして新鮮ですわん。  「銀の鎮魂歌」 ...

2008.08.24 23:20 | 徒然花茶

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。