にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)
4813011136姫君の輿入れ
原作:和泉桂
野島健児、小野大輔


原作にそこまで思い入れがなく、余り期待していなかったのですが…。
小野さんがハンサムであることを再認識させられました(笑)
【姫君の輿入れ(ドラマCD)/原作:和泉桂/CyberPhase(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
原作の感想はコチラ→「姫君の輿入れ」

【CAST】
狭霧:野島健児
源実親:小野大輔
小野朝家:神谷浩史
文秀:近藤隆
五条帝:遊佐浩二
藤原光則:土田大  他


【あらすじ・感想など】
姫君として育てられた狭霧を遊び人の実親が見初め、最後には男の子に戻る話。
最初は別の思惑があって狭霧に近づく実親ですが、狭霧と暮らし、人となりを知る事で次第にに惹かれ、狭霧の願いを叶えてあげようとします。
自ら結婚を受け入れた狭霧も、実親自身を受け入れていたわけではなかったのだけれど、いつの間にか好きになってしまう。
男に戻りたいけれど実親の伴侶でありたい。
そんな相反した気持ちに悩む狭霧だが…というのが大まかな流れ。

原作は可もなく不可もなくという印象で、ドラマCDも別に…と思っていたのですが、Cyberさんのラジオでゲストだった小野さんと野島さんがこのCDについて話しているのを聴いて気になり始めました。
チラッと聴いた小野さんの実親が格好良かったのと、誰がやっても微妙かも知れないと思っていた狭霧を野島さんが違和感なく演じてたので。
実際にドラマCDを聴いてみたら、その印象通りすごくよかったです!
いやぁ、小野さんはやっぱハンサムだね。
基本的に小野さんは受の方が好きだけど、この攻はとてもよかった。
現代物だと、小野さんの2枚目な声は色気ありすぎて嘘くさいと言うか、くどいと言うか、暑苦しいというか…(^_^;)
正統派の2枚目役はキザになりすぎてしまうんですよねぇ…。
感じ方は人それぞれだと思いますが、私は小野さんのクセのある役の声が一番好き。
アニメで言うと、古泉とか保坂とかね。
そんなわけで小野さんの実親ってどうなのよ?と思っていたのですが。平安物は少しクセのある方が雰囲気が出るのか、小野さんの2枚目声がすごく嵌っていました。
実親が真面目で堅物な男じゃなくて遊び人というのも声にピッタリ(笑)
ただ、ちょっと絡みのシーンは野性的すぎですよ…!
勢いよく襲いすぎ。がっつきすぎ(笑)
実親は遊び慣れた人なのだから、もっとスマートに手籠めにすると思うんだ!
これでもリテイクしたらしいんだけどね…って、じゃあ最初はどんな野獣だったんだ、実親(笑)

お相手は野島さん。
今までに何作か聴いた事があるんですが、正直言うとあまり好みではなかったんですよねぇ…。
あ、「執事の特権」は嵌ってましたが。
最初に聴いた「夜ごと蜜は滴りて」の和貴役が私のイメージと少し違っていて、そこから苦手意識があるんだと思います。
狭霧は女性としてもおかしくないような容姿と声を持つ男性(…というか少年と言った方が正しいか)なので、違和感のないように演じるのはかなり難しそう。
そんな役を野島さんがどう演じるのかなと思っていたら、ムリに声を作らなくても意外に嵌っていて吃驚。
高めではあるけれど、普通の(?)野島さんの声だ!
姫の時も男の子に戻ったときも、声は同じなのに違和感なし。
可愛かったですw
最近はラジオとかで野島さん自身に触れる機会が何度かあり、好感度がググッと上がってたのも大きかったかもしれない。
あ、そういえば…。
Cyberのラジオで、野島さんが「東雲宮の二の姫(しののめのみやのにのひめ」が言い辛くて大変だったと話していたのを途中で思い出し、それからはその言葉が出る度にニヤニヤしちゃいましたよ(笑)
確かに言いにくい。
なのにかなりの頻度で出てくる…。
お付きの女房である常磐が滑舌よく言っていて、ちょっと関心しちゃいましたよー。
野島さんは…とっても言い辛そう(笑)

原作を読んだのは2年半ほど前…。
それから全く再読していませんでしたが、聴いたら意外と覚えてました。
確か原作を読んだときも「ざ・ちぇんじ」を思い出したなぁ。
ただ今回は、氷室冴子先生が先日亡くなった事も同時に思い出してしまい、なんだか寂しくなってしまいました…。
まだBLなんて言葉もなくて、JUNEにも触れてなかった頃、この話を読んでドキドキしていたものです。懐かしい。
あ…話が逸れちゃいましたね。
このドラマCD、思いがけずハンサムな小野さんを素直に堪能できて、テンション上がりましたw
小野さん良い声だ! ステキだ!
ただ…ちょっと残念なのは、絡みが薄いこと。
やたらとフェイドアウトしたような気がするのですがー…。
2枚組なのに何故!?
もちろん、ドラマとしての質は大切ですよ?
でもね、私は同時にエロも求めてるのです。
そこんとこよろしくお願いしますよ、Cyberさん!
関連記事
2008.08.02 01:06 | 和泉桂 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/593-1ec1960a

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。