にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

NOW HERE :木原音瀬

4883863484NOW HERE (Holly NOVELS)
木原音瀬
蒼竜社 2008-05-29

by G-Tools

だから挿絵がツタさんなのか…と、あらすじを読んで納得しました(笑)
オッサンは受けるべし!
【NOW HERE/木原音瀬/鈴木ツタ/Hollyノベルズ(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
福山智30歳。
見た目もよく相手には不自由していなかったが、最近は以前のような勢いはない。
年を感じていたある日、飲み会でお持ち帰りをしてしまった。
隣に寝ている男・仁賀奈(50歳・受)は同じ会社の部長だが、昨晩の記憶が全くない福山は、自分が何故50歳の古ぼけたオッサンと寝てしまったのか分からない。
どうやら自分が酔った勢いで「好きだ」と言ったらしいと知った福山は、綺麗な別れを演出するために恋人ごっこをする事になるのだが…。

仁賀奈は地味で目立たない経理部の部長。
営業の福山と面識はあるものの、親しかったわけではありません。
成り行きを全く覚えていない福山ですが、どうやら自分とのセックスが初体験だったらしいと知り、状況的に考えて「好きだと告白されてそれに応えたのだから、仁賀奈は自分のことが好きなのだろう」と判断します。
恋愛の対象外だけど、しばらく付き合うふりをして別れればいい。
そう考え、口下手でリアクションの少ない仁賀奈と強引に付き合い始めた福山。
でも、ただの興味だったセックスが、思いの外心地よい。
仁賀奈の態度は控えめだけど、頑張らなくても良い付き合いに、やがて福山は安らぎを感じるようになるのですが…。
始まりはともかく、今までとは違った恋愛を知り、優しくなっていく福山がいいなぁと思う反面、木原先生なんだからそう簡単に幸せになれるわけないと思う自分もいて、どこに落とし穴があるのかドキドキしながら読んでしまいました(笑)
案の定、福山は痛い目に遭ってます…。
基本的に、福山は悪い人ではないと思うんですよ。
仕事に対する姿勢は真面目だし。
ゲイだから即物的な関係が多いのは致し方ないし、過去の経験から人を信じられなくなっていて、恋愛を斜めから見てしまうのも理解できる。
ただ、今までまともに恋愛に向き合っていなかった福山は、仁賀奈に嵌った事を自覚しても、相手のことまでは気が回りません。
自分を受け入れているのは好きだからだと福山は思っていますが、それは仁賀奈に受け流す度量があっただけだったわけで。
まあ、それが正しい行動かどうかは別の話ですが。
結局、仁賀奈を侮っていた福山が、仁賀奈の気持ちを考える事を放棄していたのが一番の間違いだったのでした。
例え仁賀奈が恋愛の初心者でも、20年も長く生きていたら当然福山よりも人生経験を積んでいる。
オッサンをバカにしちゃいけませんヨ!

ということで、今回オッサン受なわけですが、福山は元々フケ専ではありません。
守備範囲外と思っていたのに、思いがけず嵌ってしまいます。
自分の好みと、自分に合う人って一致しませんよね…。
でも、どんな人が自分に合っているのかって、付き合ってみないと分からない。
それが難しいんだよなぁと思うわけデスよ。
福山は若い男の子が好きですが、実際には包容力のある年上の方が合ってます。
力関係で上に立ちたいけど、完全に思い通りになってしまうと興味を失ってしまう。
だから、我が儘やいきがったところを「しょうがないなぁ」と思いながら受けとめて、自然と甘えさせてくれる人が合うんでしょうね。
友人であるレヴィもそうアドバイスしてますが…。
でもやっぱり自分の好みじゃなかったらなかなか目は向かないもので、こうやって出会い頭のような切っ掛けがないと、踏み出すこともないわけです。
難しいなぁ…。

私、特別オッサン萌えはありません。
好きでも嫌いでもない。
それが好みのオッサンだったら萌えますよ、といった程度の思い入れです。
仁賀奈は…萌えではないけど、可愛いとは思います。
年を重ねているけれど、割と柔軟な考えが出来る人ですよね。
実際、自分の周りを考えてみて、こんな人はなかなかいませんよ。
優柔不断で優しさが逆に相手を傷つけている所もありますが、不器用な一所懸命さは好感が持てます。
オッサン攻だと精力とか気にしちゃうけど、受ならそれもないし(笑)
それより私は福山の方が可愛かったですよー。
いつの間にかオッサンに嵌ってしまい、それを自覚したと思ったら失恋。
今までスマートな恋愛(本人的に)していたのに、自分の感情をコントロール出来なくなって、今まで見苦しいと思っていた行為を気付けばしている。
何で自分はこんなオッサン好きなんだ!と思いながらも、諦められなくてジタバタしている様子が良いです(笑)
仁賀奈が福山に気持ちを向ける過程が分かりにくくて、最後は唐突に感じてしまったのですが、福山の視点から読むとそこは重要なところではないのかも知れないとも思いました。
距離を置いて、福山が仁賀奈との関係を見つめ直す事が必要だったんですよね。
そう思えばスッキリ読めます。

初出は同人誌です。
「木原先生のオッサンモノがある」ということは以前から知っていたのですが、相当キワモノなんだろうなと思ってました(笑)
だって木原先生ですもの!
その想像とはちょっと違いましたが、まさかの50歳越え…。
流石木原先生、どんなマイナーネタでも妥協しませんね(笑)
(オッサン萌えがどれだけマイナーなのかいまいち掴めないけど…)
ツタさんの挿絵の効果もあって、私は抵抗なく読めました。
絡みも沢山あるけど、オッサンが受だからか、これならアリだなぁと思える。
ふと想像したのですが…50過ぎのオッサンがギンギンだったら、いくらいい人でもちょっときついかも知れないな…。
ということで、オッサンには是非受けて欲しい。うん。

オッサンものは余り読んだことないので自分の許容範囲がいまいち掴めませんが、今回のお話は楽しく読めました!
この二人の10年、20年後が気になりますw
関連記事
2008.06.01 00:20 | 木原音瀬 | trackback(1) | comment(6)
            

にゃんこさん こんにちは~!

無駄にオッサンやらブサやらに萌えすぎてここ数日テンションおかしいです、私ww
でもにゃんこさんのおっしゃるとおり、この話は福山が可愛かったですよね~♪

私は確かにオッサン萌えなんですけど、考えてみるとブサイク受も同様、コンプレックス持ちで傍からみたらなんでこんなの?と思われるような受をなりふり構わず一心に愛する攻に萌えているような気もします。
オッサンなら誰でもいいというわけでもないし・・・。
そういう意味では木原さんのマニアックで執着の強い攻くんたちはみんなツボなんですよねw
これから新書や文庫になるかどうかはわかりませんけど、きはらさんはまだまだすてきなオッサンのストックありますよ♪
ぜひともこの本がたくさん売れて、蒼竜社さまがオッサン本をまた出してくれることを望みます♪

TBいただいてきますのでよろしくお願いしますね!

2008.06.01 13:30 URL | ゆちゅらぶ♪ #- [ 編集 ]

おっさんは、剛しいら先生の白井さんが一番じゃないでしょうか。彼は今46歳かな。攻めですけど。

2008.06.01 23:27 URL | mudanahibiwokasanete #- [ 編集 ]

ゆちゅらぶ♪さん、こんにちは~

私はオッサン萌え属性はないですが、このオッサンなら美味しく頂けました(笑)
相手の福山のキャラが好みっていうのも大きかったですが。

木原さんはまだまだオッサンものがあるんですかー…。
なんかすごいものが出て来そうで、ちょっと怖いですよ(笑)
出たら怖いもの見たさできっと読んじゃうんでしょうけど。

コメント&TBありがとうございます!
それではまた~

2008.06.02 17:26 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

mudanahibiwokasaneteさん、こんにちは!

剛先生はあまり読んでいないので全く知らないのですが、ちょっと検索してみたら、白井さんは結構有名なお方なのですねー。
シリーズものになってるんですか?
46歳攻…。
頑張りますね、白井さん(笑)
機会があったら手に取ってみようと思います!

情報ありがとうございました♪

2008.06.02 17:29 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

白井さんは素敵ですよ。
私も、大好きです。彼には年下の彼がいるけど・・
最近は、剛、木原、時には榎田、たまたま、かわいって感じて過ごしております。あ、最近ホテル ラビアン ローズ買っちゃったな。水原先生のもたくさん買ったか・・でも、剛先生の白井さんにほれて、同人誌まで手をつけてしまった。病気かなあ。

2008.06.08 23:49 URL | mudanahibiwokasanete #- [ 編集 ]

mudanahibiwokasaneteさん、こんにちは!

白井さんはそんなにステキなんですか~。
同人誌まで手を伸ばされてるとは、熱い想いが伝わってきます(^^)
実はまだどんなお方なのか知らないのですが、そんな彼が気になっています。

「ホテル・ラヴィアンローズ」とても面白かったです!
それではまた。

2008.06.10 09:57 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/566-58721380

NOW HERE~ずっとここにいて~
NOW HERE (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) 木原 音瀬 JUGEMテーマ:読書 木原さんのオッサン受でーす♪ 楽しみに楽しみに、そりゃもう楽しみにしてましたよ、ぐふ★(≧∀≦) そんでまたツタさんの描くオッサンのオッサンらしいこと!素晴らしいです! 表紙の淡...

2008.06.01 13:33 | 水中雑草園

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |