にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

南嵐 :松野たば子

4592850246南嵐 (花丸文庫BLACK マ 1-1)
松野 たば子
白泉社 2008-05-20

by G-Tools

花丸文庫BLACK…。BLACK?
創刊ラインナップの中では一番BLACKそうだったので手に取ってみました。
【南嵐/松野たば子/依嶋蓮/花丸文庫BLACK(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
西村は、ある時、ヤクザに襲われているところを南条に助けられる。
県警の刑事である西村と、四之崎組の組長代理である南条。
相容れない立場にある二人だが、昔は同じ夢を追うライバル同士だった。
皮肉な巡り合わせは、事件の始まりでしかなく…。

西村が関わった暴力団の一斉取締で、四之崎組を始めとした幹部たちが逮捕された。
それが元で西村は標的にされ、南条はその機に乗じてモグラ、つまり潜入捜査をしている人物をあぶり出そうとする。
西村は、自分が原因で正体を知られてしまい、始末されそうになっている佐倉を助けるために奔走することになります。
3つの話が収録されていますが、すべて同じ事件の話。
1話目が「起・承」2話目が「転・結」3話目が「エピローグ」といった構成です。
人物の背景などの説明があまりないので、最初は淡々と進みます。
最後の最後まで二人の過去の繋がりが見えてこないのですが、相反する立場にありながらも、二人の間に反発しながらも相手を認めているような空気がある。
それが友情なのか、愛情なのか。
それに対する答えは出ませんが、何かしら情があるのは確かです。
序盤は着地点が見えず、一体どうやって西村と南条がくっつくんだろうか?と思いながら読んでいましたが、結局「恋愛」には発展しませんでした…。
南条とのエロ描写はありますが、西村はホモじゃありません。
セックスといっても、強姦ですし。
西村はフェラされて吐きそうになるし、クスリ使われてたからといって目の前の男に助けを求めるわけでもないし、よくあるBLのパターンには流れないんですよね。
メインは刑事と暴力団の争いで、そこに男同士の因縁めいた情が絡んでいる。
BLというよりJUNEに近いのかな。
もしくは、ちょっとエロ描写が過激すぎますが、一般向けの小説と言われた方がしっくりくるような気がします。
所謂「ボーイズラブ」を求めて読むと微妙かも知れませんが、意外にも私の読後感はよく、自分でも驚きです。
元々刑事ものが好きというのもあるし、読んでいく内に西村や南条に惹き込まれる。
西村がホモに目をつけられる理由がなんとなく分かりますよー。
だって懐かないネコみたいなんですもん。
ひたすらツンツンしてるから、どうにかデレないかとちょっかいをかけたくなるキャラなのです(笑)
そして、ハードな内容の中に所々軽妙な掛け合いがあるのがいい。
西村と南条の携帯電話云々のやりとりとか、持田の「…やっぱり食っときゃよかった」というセリフ。
リズムが絶妙で、これで悪役も可愛く思えてくるから不思議。

BLっぽくないと書きましたが、エロ描写は結構激しいです。
まさか初っぱなからエネ○グラが延々と活躍しようとは…!
(形状だけでそれが何か分かってしまった自分が怖いわ…)
全般的に肉体的に痛い描写が多いので、苦手な方はご注意くださいませ。
痛みが快感に変わる訳ではありませんので~。

西村の過去については、最後の話で触れてます。
南条との接点も見えてくる。
でも、過去と現在の繋がりもハッキリ見えてないし、決着もついていないのですが、それは続編へのフラグ?
続きがあるなら是非読みたいです。
個人的には好きですが、一般ウケするかどうかは微妙ですね…。
BLとして期待すると満足できないかもしれませんが、普通に刑事ものとして私は楽しめました。

さて、新創刊の花丸文庫BLACKですが。
一応気になったので、この作品と英田先生の「黒い竜は二度誓う」を読みました。
英田先生のはファンタジーで、別にDARKではなかったと思う。
「ビタースイーツでよりDARK」という煽り文句には、この作品は一番合ってると思いますが…。
DARKだけどスイートではないですよ。
KAREN文庫と言われた方が納得できる。
レーベルカラーを出そうとしている割には、実体が伴っていないような気がします。
そして値段が…高すぎる!
この薄さで670円? 英田先生のに至っては700円超えてるし。
装丁も特別高級感があるわけでもなく、高いだけの中身があるのか疑問。
まあでも、BLACKな方向に視点が向かっている事は大歓迎です。
早々に消えないよう、存在感のあるレーベルになってくれると良いなぁと思います!
2008.05.29 01:16 | 松野たば子 | trackback(0) | comment(2)
            

ちょ!!!!!
すんごいびっくりしちゃったよ!!(@@;

「依嶋 蓮」をググッたらTOPに来た記事だったので、飛んでみたらにゃんこさんンちだったとは!?∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ オットッー!!

実は、依嶋さん、友人なんですv-9
『ダ・ヴィンチ』の新レーベルの広告見て「えっ!?これ似てるンだけど…、つか、間違いないんだけど!!」状態でした(笑)

もちろん!売り上げ貢献しましたよ。
ただ、痛い部分から先がちょっと読めてないです(苦笑)
痛い系苦手なんで…(T▽T)
にゃんこさんの感想読んで、引っ張り出そうかなと思ったり…。

2008.09.02 20:03 URL | 更紗 #5hiobRrU [ 編集 ]

更紗さん、こんにちは~

依嶋さんとお友達なのですか!
うわぁー、なんだか間接的に繋がっていると思うと、勝手に親近感をもってしまいますよ(^^) 
今後も挿絵のお仕事されるんでしょうか。
見かけたら買ってしまうと思います~。
それにしても、私は検索トップがうちだという事に吃驚しちゃいました。
お名前は上がってますが、全然言及していなくて申し訳ない気持ちでいっぱいですよ…。

痛いけど面白かったですよ!
勇気がわいたら是非ww
コメントありがとうございました♪

2008.09.03 15:47 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/565-b573b493

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。