にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

極道の犬 :秋山みち花

4773099089極道の犬 (CROSS NOVELS)
秋山 みち花
笠倉出版社 2008-05

by G-Tools

「極道の犬」というタイトルと挿絵に惹かれて手に取ってみましたが…。
どんなストイックな犬かと思ったら、ただのヘタレワンコでしたよ!
【極道の犬/秋山みち花/ヤマダサクラコ/クロスノベルズ(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
若くして時任組の7代目組長となった時任怜史。
門倉昂進は高校時代、怜史に「犬になれ」と言われてから、ずっと怜史の傍にいる。
怜史の身体を餌として与えられているが、心は得られない。
葛藤しながらも、怜史を守り続けるのだが…。

主従関係があるのですが、怜史は門倉と杯を交わそうとしないので、親分子分の関係ではありません。
表向きは怜史専属のボディーガード。
でも、怜史は身体を与え、門倉を自分の「犬」としている。
門倉はもちろん心も欲しいのですが、惚れたものの弱みで、怜史を失いたくないから今以上を欲することができません。
そんな中、組を継いだばかりの怜史に様々な困難が訪れます。
若くして退いた先代・暁視が強い求心力をもつ男だったために、まだ若く、女のような容貌の怜史に対して、組内部でも怜史に対して懐疑的で、反発する連中が多い。
周囲の組との関係もまだ不安定。
足元が固まらない中、怜史は命を狙われることになるのですが…。
外見に反して強気でクールな受っていいですね!
女のような容貌といっても、怜史は凛とした大人の美人という感じで、弱々しい訳じゃありません。
門倉に餌をやるときも、自ら積極的に動きます。
役割は受でも、相手を喰ってる感じがすごく好き。
しかも時々弱さは恥じらいが覗くのがたまりませんヨ!
初っぱなの濡れ場にドキドキしちゃいました。

…が、なんだか門倉のキャラが途中から崩壊してしまって、あれ?って感じです。
「犬だから主人を守らないといけない」という意気込みは分かるけど、いつでもどこでも突っ走ればいいって訳じゃないと思うのですが…。
もう少し空気を読めよ…と、何度思ったことか。
スイッチが入ると目の前のことしか目に入らない不器用さは確かに「犬」然としてますが、格好良くはないですよ…。
序盤は警察犬のようにキリリとしたストイックな忠犬の雰囲気が漂っていたのに、ただのヘタレワンコになってしまったのが残念です。

話の内容も少々物足りないかな。
ヤクザモノってBLではよくありますが、コメディならともかく、シリアスな話の場合、説得力がないと一気に迫力の欠ける話になってしまうと思うのですよ。
雰囲気作りが大切ですよね。
別に実際のヤクザを知っている訳ではないので、リアリティを追求する必要はありませんが、読み手をその世界観に入り込ませるようなパワーが欲しい。
我に返ってしまうと興醒めです。
門倉のキャラの崩壊も、ヤクザモノとしての違和感も、藤堂とのやりとり辺りからかな。
一応見せ場なんだとは思うのですが…。うーむ…。

ということで、なんだか最初に感じていた雰囲気と途中から変わってきてしまい、話に入り込めなかったです。
序盤の重さが最後まで続いて欲しかった。
門倉のヘタレワンコ具合が一番のネックになっているかな…。
あっ! そういえば門倉は最後のエッチでちょっと生理的に(衛生的に?)受け付けない行動をしてました…。
そこを舐めるくらいならともかく、舌を入れるのも正直微妙なのですが、流石に他人のものを……というのはどうかと思う。
まぁ、それはともかく。
怜史はすごく美味しいキャラで、組を継ぐ背景とかも説得力あってよかったと思うので、余計に残念に思いました。
攻だったら、門倉より暁視の方が好みです。
暁視の番外とかあったら面白そうですね!
2008.05.27 01:12 | 秋山みち花 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/564-ad0b6db6

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。