にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

愛の深さは膝くらい :依田沙江美

4832285149愛の深さは膝くらい (花音コミックス)
依田 沙江美
芳文社 2008-03-29

by G-Tools

こんなタイプの受はあまり出会わない気がします。
この先が気になるんですけど…!
【愛の深さは膝くらい/依田沙江美/花音コミックス(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!

【あらすじ・感想など】
成り行きで高校の教師となった石倉(29歳)。
のらりくらりと適当にこなし、女子生徒からの受けも良い。
だけどただ1人、坂下昴(17歳)だけが何かにつけて反抗してきて…。

石倉は一見普通の高校教師なんですが、結構緩い性格をしています。
大学出た後、フリーター(いや、もしかしてプー?)をしながらフラフラしていたところ、親の怒りに触れて教師になることに。
当たり障りなく適当にこなしているんですが、何故か顧問をしている書道部の生徒である昴だけは自分に敵意を向けてきて、石倉は気になっています。
でもそれが実は、遊んでいた頃の石倉を知っているからという、教師としての威厳もなにもあったもんじゃない理由…。
そりゃ嫌われるだろう、石倉さん。
教師と生徒って王道カップリングですけど、今回はひと味違った雰囲気でした。
昴が思った以上に子供なんですよね。
石倉を嫌っていて意地悪をするんですが、端から見るとそれは好きだからでしょ?ってすぐ分かります。
好きだから女の子たちと楽しく喋っている石倉を見ると苛つくし、自分を構って欲しいから何かと突っかかる。
でも本人全く自覚無しです。
石倉はそんな昴の気持ちに気が付いて、昴が可愛くなってきます。
天の邪鬼でツンデレ。
でも、昴が可愛いのはそれだけじゃなくて、精神的なアンバランスさもあるんじゃないかなぁと思います。
男の子って女の子より精神的な成長が遅いし、中学生や高校生の時期はその差がすごく出るときですよね。
男女間はもちろん、個人差も大きい。
で、昴はまだまだ精神的に幼くって、まさに今成長してる途中。
成長のスピードに容量が追いついていないから、自分が石倉を「好きだ」という事も自覚しきれず、他人に自分の心に踏み込まれると虚勢が張れなくなってテンパってしまう。
そして、親友であるトキの変化も多分に影響してます。
別にトキが精神的に大人っていうわけじゃ全然無いんですが、素直な性格だから変化を柔軟に受け入れることができてる。
プライドの高い昴はそうはいかなくて、トキの変化にも大人ぶった態度を取って余計に自分を追い込んでしまっています。
焦れったいけど、そんな昴から目が離せませんよ。
石倉がちょっかいかけてしまうのも理解できるなぁ。

しっかし、昴の行動が時々本気で読めなかった…。
まさか風呂場で泣いた理由がそんな事だったとはね。
いやまあ、それを知られるのは確かに恥ずかしいとは思うけど(笑)
エロに対する過剰な反応がやけに子供で微笑ましかったです。
こんな昴が、今後どう成長していくのか…。
2年後あたりが気になります!
続きが…あるのかな?

正直なところ、最初表紙を見たときはタイトル文字の装飾になんだコレと思っていたんですが、中身を読んでみると違和感薄れました。
昴の精神年齢を考えるとねぇ…(笑)


依田先生の新刊、出るのか?ホントに出るのか?と疑心暗鬼になりながら待っていましたよ。
出て良かった…。
来月はディアプラスですか。
…シ、シャレードは…?(禁句?)

■続編
「愛くらいちゃんと」
関連記事
2008.04.05 00:09 | 依田沙江美 | trackback(1) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/541-58cc7031

依田沙江美「愛の深さは膝くらい」
 神主の息子・石倉はぶらぶらしていたが、親のコネで高校の書道の代用教員として働くことになる。人当たりの良さですぐ人気者になるが、書道部一年でメガネでちっちゃい昴

2008.06.16 00:34 | 一日一やおい

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |