にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

龍と竜~百露~ :綺月陣

4877245731龍と竜~白露 (ガッシュ文庫)
綺月 陣
海王社 2007-05

by G-Tools

「龍と竜」の続編。
主役の二人より、颯太の小悪魔ぶりが気になります(笑)
【龍と竜~百露~/綺月陣/亜樹良のりかず/ガッシュ文庫(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
前作については、ドラマCDの感想しか書いていません。
あらすじとかには触れていないので、参考にならないかもしれませんが…。
「龍と竜(ドラマCD)」

【あらすじ・感想など】
ヤクザの幹部である龍一郎(36歳・攻)のマンションで暮らしはじめた竜城(20歳・受)と颯太。
幸せを感じながらも、龍一郎に依存してしまうのは嫌だと、竜城は昼はカフェ、夜はホストクラブでの仕事を続けている。
しかしヤクザとの繋がりを理由に、カフェはクビになり、ホストクラブでも居心地の悪さを感じるようになってしまった。
苛立つ竜城は龍一郎に反発してしまうが…。

経済ヤクザとして成功している龍一郎は裕福で、竜城が働く必要はまったくないのですが、依存しきってしまったら龍一郎を失ったときが怖い竜城は意地でも仕事を辞めません。
でも、そんな竜城の気持ちとは裏腹に、ヤクザと付き合いがあるというだけで世間の目は厳しく、カフェをクビになってしまいます。
ヤクザである龍一郎の恋人、そして家族として颯太と3人で暮らすという事の現実を目の当たりにした竜城は心を整理しきれません。
竜城は反発しますが、龍一郎がヤクザである所以、そして、家族を愛そうとする理由を知り、全てを受け入れようと心を決めるのですが、そんな矢先、龍一郎が刺さる事件が起こり…。
竜城の悩みは、この二人が遅かれ早かれぶつかる問題ですよね。
今回は、竜城がヤクザの妻になる覚悟を決める話でした。
…って、「妻」という存在を普通に受け入れているのが腑に落ちませんがー。
私は攻が受に「女」的発言をするのが、どうも好きじゃありません。
なので、龍一郎の発言に苛ついてしまいましたよ。
発言が傲慢すぎる…。
ヤクザだからそれがデフォルトで、竜城相手にそれをオブラートに包めないところが不器用でいいという見方もできるのかもしれませんが…ねぇ。
自分を受け入れろと言うのであれば、もっと誠意を見せろと私は思うのですよ。
まあ、傲慢じゃないヤクザの幹部なんてあり得ないし、竜城が「妻」発言に反抗している訳じゃないので、そこは気にする所じゃないのかな。うーん。
極道の妻なら総てを受け入れろって事でしょうか。

このシリーズ、恋愛モノというより家族モノです。
龍一郎も竜城も、恋人を通り越して「家族」になってます。
父36歳、母20歳、子供4歳…。
すごい年の差だ(笑)
いや、一応颯太は竜城の弟ですけどね。
若い妻相手にハッスルするのは構いませんが、隣に子供が寝てる所で男同士のエッチは危険だろー。
同じ部屋に寝たいという気持ちは分かるけど、エッチは他でやれ!
4歳ってもういろんな事理解しはじめてると思うよ。
きっと幼稚園で、「りゅうとたっちゃんはねー」って話してるよ。
保育士さんにはホモ疑惑を持たれているに違いない(笑)
エッチに関してはこの二人、バカップルさ全開です。
番外編ではなんと次郎の前でやっちゃってます…。
でも次郎は強者でした。
こんなに手伝っておきながら、勃たなかったらしいよ…!
うーん、それって竜城的にどうなんだろう…。
それはそれで悲しいようなー。
挿絵を見て3P?3P!とワクワクしていたので、私はちょっとガッカリですよ(笑)

前作では「エコやくざ」にオイッ!と思いましたが(コメディとしては笑えるけど、リアルで聞いたら「何偽善ぶってるんだ」と思うに違いない…)、今回もステキな言葉が登場してました~。
「少子化問題」
…BLで見ると違和感がありすぎる(笑)

ということで、綺月先生らしく、家族の話を軸とした極道コメディでした。
コメディなので深く考えず、極端な発言もネタとして楽しめばよいのだと思います。
私は萌えきれなかったのですが、それは冷静になりすぎてしまったのが恐らく敗因かと…。
正直なところ、竜城と龍一郎のその後は全然興味ないのですが、颯太の成長は気になりますよ。
対男限定で駆け引きの上手い、小悪魔な子になるに違いない(笑)

--
前作「龍と竜」がドラマCD化されましたが、この続編も出るようですね。
前回感想で、
>次郎役に安元さんもってくるとは…(出番すごく少ない)
>これは続編CD化へのフラグですか?
と書いたんですが、次郎@安元さんにワクワクしてきました。
どこまでやってくれるんだろ…。
関連記事
2008.03.17 00:25 | 綺月陣 | trackback(0) | comment(2)
            

こんばんは。
今頃このシリーズを読んでおります。

龍さんを始め、ヤクザさん達が荒々しいですよね。くっついた後でも、ナチュラルに受けに対して傲慢にふるまえるところが、例えば英田さんのヤクザさん達とは毛色の違うところかな~と。
私も「極妻」呼ばわりはあまり好きではないものですから、竜城君がすんなり受け入れてしまうのがいささかもどかしかったです。

2010.07.17 01:57 URL | コモ #- [ 編集 ]

コモさん、こんにちは~

このシリーズはいろいろ極端なので、最初は戸惑いました(笑)
龍の傲慢さや竜城の妻っぷり(?)にはオイ!とツッコミを入れたい部分もいっぱいなのですが、コメディだと割り切ればそれはそれで楽しいのかなと思います(私はその域に達するのが遅かったので悶々とした気持ちを抱えたまま読みましたが…)

BLヤクザもいろいろですね!
コメントありがとうございました。レス遅くなって申し訳ありませんっ!
またお越しくださいませ~ではでは(*´ェ`*)

2010.07.20 10:34 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/534-db440795

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。