にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

B0011XTAGA窮鼠はチーズの夢を見る ドラマアルバムCD
イメージ・アルバム
ランティス 2008-02-27

by G-Tools

声萌えっていいねぇ、すごいねぇ!
はうぅ、ゆっちー! ゆーきゃん…!
もっと絡みが聴きたかったデスよ。
【窮鼠はチーズの夢を見る(ドラマCD)/原作:水城せとな/ランティス(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
【CAST】
大伴恭一:中村悠一
今ヶ瀬涉:遊佐浩二
夏生:五十嵐麗
大伴知佳子:生天目仁美

原作の感想はコチラ→「窮鼠はチーズの夢を見る」
でも、あらすじとか全然書いてなくて参考になりませんね、すみません。
2年も前に書いた記事を見返すのって、ちょっとした羞恥プレイだわ…。


【あらすじ・感想など】
興信所の調査員として恭一の前に現れたのは、大学時代の後輩・今ヶ瀬。
今ヶ瀬は恭一の浮気をネタに、身体の関係を迫ってきた。
最後まではやらない。
でも、自分を好きだと言う今ヶ瀬の勢いに、恭一は流されるばかりで…。

以前の感想で詳しいことを書いていないので、もう少し詳しく。
恭一はとにかく来る者拒まず、女から迫られては不倫を繰り返しています。
優しいと言えば聞こえはいいが、結局優柔不断で周りを傷つけている酷い男。
好意を向けてくる相手を拒絶はしないけど、それは誠意ではないですよね…。
ただ自分が楽な方に流されてるだけ。
こういう男を好きになったら相当苦労しそうですね…。
一方、強気な姿勢で恭一に迫るものの、大学時代からずっと片思いをしていて、真剣に恭一のことを想っている今ヶ瀬。
大学時代は勇気がなかったけど、再会した後は恭一の狡い性格を逆に利用して近づきます。
追い詰めないように徐々に心に入り込みますが、恭一の大学時代の彼女・夏生が現れたことで状況は一変し、限界を感じるように。
今ヶ瀬が姿を消したことで、恭一は自分の気持ちを受け入れるのですが…。
健気な今ヶ瀬が私は好き。

と言うことで、原作はすごく面白かったのです。
ドラマCDになるだけでもワクワクなのに、加えてキャスティングが…!
中村さんも遊佐さんも大好きw
原作でも二人は受クサイんですが、声も受クサイですね(笑)
中村さん、BLCDで聴く前は「攻」の人だと思っていたけど、最近はすっかり「受」が私の中で定着してきましたよ。
「受」の方が好きかも。
普段突っぱってるけど時々デレるような、ギャップのあるキャラが嵌りますね。
キャンキャン吠えるイヌっぽいキャラもいい。
今回の恭一は、今ヶ瀬に対して口うるさく言いながら、勢いと雰囲気に流されて気持ちよくさせられちゃったりする優柔不断な流されキャラ。
「恭一のイメージにピッタリ」なんて言われても嬉しくないかもしれませんが、テンパってる声とかすごく嵌ってましたw
で、遊佐さん。
攻なんだけど線が細くて、強気に出てるけど実は精神的にギリギリだったりする今ヶ瀬が似合う…!
飄々とした声も、弱ってる声も、怒ってる声も、どの声もいい!
トラック2の喧嘩してる場面の掛け合いがすごくツボに入りました。
「このチン軽!!」
に思わず笑った(笑)
この遊佐さんの声のトーン好き。
(某特撮キャラの声に聴こえてしまうけど…・笑)

声はすごくいい。
しかし、脚本は正直微妙です…。
セリフは殆ど原作通りで、大幅に削られてる場面があるわけではないけど、サクサク進みすぎて物足りないというかー…。
特に、絡みがあっさり過ぎて「あれ?」って感じ。
せめて最後の濡れ場はもう少し丁寧に進めて欲しかった。
私が濃い作品に慣れすぎてるから満足できないだけ…?
ドラマCDは音だけなので、表情や沈黙を表現するのは難しいと思います。
でもそこが頑張り所でしょ?
手元にコミックスを置いて聴けばもちろん行間を補完できますが、最後の場面は裏にある恭一の暗い心の内をもっと感じさせて欲しかったです。
そして、どこまで何をやってるのかが、よく聴いていないと分かりにくい…!
「中に出していいですか」
…って、どこの中ですか?!(口だった…)
「挿れますよ」
…って、何を?!(指だった…)
みたいな戸惑いが(笑)
二人の喘ぎ声は、「受クサイ」と評した通りでしたw
遊佐さん、攻めてるのに色気ムンムンしてますよ! うはぁ。
なんというエロボイス。
中村さんの喘ぎは恭一の初々しい受っぷりが出てて可愛い。
脚本的な事だけじゃなく、この二人の喘ぎ声をもっと聴くためにも、やっぱり絡みはもっとじっくり聴きたかった…。
どうせなら、番外の短編とかも入れて、2枚組にして欲しかったです!

この作品は脇の女性がかなり重要な役割を果たしてます。
特に夏生。
夏生の第一声は「え、そんな声?」とビックリしましたが、聴き終わる頃には馴染んでました。
夏生は役回り的に嫌なキャラだけど悪い人ではないです。
でも、やっぱり女性的なねちっこさが相当あるので、高い声だと聴く側は必要以上に癇に障るキャラになってしまいそう。(女は女に厳しいから…)
それにしても、BLCDにしては女性声優さんが豪華(?)ですね。
生天目さんが知佳子って…。

ドラマCD歴はまだそんなに長くない私ですが、声優さんに嵌り始めてからは声萌えだけでかなり楽しめるようになってきました。
活字よりも、ドラマCDは萌えの占める割合が大きいような気がする…。
そんな理由もあり、今回、脚本に物足りなさを感じた割に、聴き終わった後の満足度は意外にも高かったです。
絡みはもちろん、普通の会話のシーンでも遊佐さん&中村さんの声に萌えた!
原作の良さが完全に再現されているわけではありませんが、お二人が好きな方は是非どうぞ。

窮鼠はチーズの夢を見る    ジュディーコミックス窮鼠はチーズの夢を見る ジュディーコミックス
水城 せとな


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
2008.03.03 00:13 | 水城せとな | trackback(0) | comment(2)
            

にゃんこさん、こんにちは!
お久しぶりです。

この窮鼠と鯉はやっぱりCDでも最高です~。
私は、遊佐さんが好き過ぎて、今、2年くらい前のPS3のニーアレプリカントというゲームをやり込んでいます。
主人公の少年期は(岡本信彦さん)で、大きくなった青年期(大人)をなんとなんと大好きな遊佐さんが熱演されているんですぅ~。
あぁ、私のゲームテクで遊佐さんを動かしてるんです。幸せすぎて狂いそうです。
ゆっくりねちねちとクリアして行くつもりです。


BLCDのなかでも、女性の声がたくさん入っていてもイラッとしない感は、この窮鼠くらいではないでしょうか?
私も夏生の声を最初聞いた時、イメージと違うように思いましたが、
たまきちゃんの声がピッタリ過ぎて、あ、夏生は気の強い感じでコレでいいんだと思いました。

また来ます~!






2012.10.11 14:51 URL | ごま #- [ 編集 ]

ごまさん、こんばんは〜

遊佐さんの声は嵌まりますね!
私はゲームはBLゲーム以外全くやらないのですが、遊佐さん(ボイス)を自分のテクで動かす事が出来るなんて…!しかも少年期が岡本君!
遊佐さんも岡本君も大好きなので、ごまさんのその表現で作品への興味が一気に膨れあがりました。
調べて見たら画がとてもキレイでびっくり!
じっくりねっとり堪能して下さいねーー!

BLに登場する女性キャラって難しいですよね〜。
音で聴くBLCDなら尚更。
窮鼠はキャラのイメージと合っていて、イラッとさせられつつも(笑)しっくりきました。

コメントありがとうございました!
またお気軽にお越し下さいませ〜(^^)

2012.10.13 01:29 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/528-fd403b0c

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |