にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

440352169X言ノ葉ノ花
砂原 糖子
Atis cllection

神谷浩史、小野大輔

神谷さんの熱演に思わず涙が出ました。
原作も大好きなのですが、今回はキャスティングが…!
腐女子の心を読んでますねぇ。
【言ノ葉ノ花(ドラマCD)/原作:砂原糖子/Atis collection(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!
原作の感想はコチラ→「言ノ葉ノ花」

【CAST】
余村和明 : 神谷浩史
長谷部修一 : 小野大輔

【あらすじ・感想など】
--
3年前のクリスマスイブ、余村和明(29歳・受)は突然不思議な力を手に入れた。
“人の心の声が聞こえてしまう”
人の醜い感情が聞こえてしまい人間不信に陥った余村は、日常生活さえままならなくなり、1人マンションに籠もるようになってしまった。
しかしそんな生活にも限界を感じ、契約社員として家電量販店の販売員として働き始めた余村。
ある日、今までほとんど会話も交わしたことの無かった同僚・長谷部修一(24歳・攻)の声を聞いてしまった余村だが、その声は自分への好意に溢れていて…。
--
というお話です。
詳しくは原作の感想を参考にしてくださいませ。

2枚組で、原作の「言ノ葉ノ花」の分がDisc1、「言ノ葉ノ星」の分がDisc2。
ボリュームたっぷり。
全編神谷さん演じる余村視点なうえに、二人以外の登場人物が余り出てこないので、神谷さんのセリフの量がとてつもなく多い~。
大変だ…。
神谷さんの余村は聴く前からイメージできたし、実際ピッタリだと思いました。
しかし、小野さんが長谷部というのは…正直ちょっと想像ができなかった。
長谷部は朴訥とした真面目な青年なのですが、小野さんはそんなイメージ全然ないし、聴いたこともない気がする。
実際聴いてみても、最初はちょっと違和感が…。
でも、次第にこれはこれでいいんじゃないかなと思えてきました。
Disc2は小野さんもペースがつかめたのか、自然なトーンになってますね。
単に聴き慣れただけ?
思っていた長谷部とは少し違う…というか原作より二枚目になってますが、真っ直ぐで不器用な所はちゃんとあって、こんな長谷部もいいと思います。

とにかくもう、神谷さんの熱演に圧倒されました!
余村は温度が低めなので、今回の神谷さんは落ち着いていて少しゆっくりした感じの声です。
若くて可愛い声も好きですが、このトーンもすごく好き。
感情が高ぶって不安定になると更に萌え。
特に、余村が駅のホームで泣く場面。(トラック8)
泣き声と心の中の声が、ダブルパンチで心に突き刺さります。
これはやられるわ…(T_T)
神谷さんの泣き声やばいよ…!!

小野さんボイスの聴き所は、逃げる余村に想いをぶつける場面(トラック15)
普段穏やかな長谷部が声を荒げるんですが、その熱がすごく感じられました。
必死に思いを伝える長谷部の姿が見えるようですよ。
小野さん攻って今まで何作か聴いたんですが、今回のようなタイプは初体験。
改めて考えると、私は三枚目のテンション高い高校生や、少し突っぱった若者とかしか聴いたことなかったです。
アニメでもシリアスな20代の役ってあまりないような気がする…。
最近はキモカッコイイ要員になってるし(笑)
ラジオでもはじけちゃってますからねぇ…。
どんどんイロモノキャラに染まってる気がするので、今回のような役をもっとやって、格好いい小野さんを取り戻して欲しいです(笑)
い、いやもちろん、今も格好いいんですけどね!

絡みもすごいんです。
何がすごいって、神谷さんの喘ぎももちろん萌えるんですが、長谷部の心の声が…!
原作でも「言葉攻めだ…」と思ってたんですけど、実際これを音で聴くと何とも言えず恥ずかしい。
「濡れてぴくぴくして…」
はぅっ。…ジタバタしていいですか?
命令口調じゃない言葉攻めって新鮮~。
特別エロい言葉じゃないのに、なんだかとても萌えますね。
そして、神谷さんの喘ぎ声は相変わらず神業です。
「あぁん」って言ったよ神谷さん…。
トラック15、14分40秒のその喘ぎに私はノックアウトされましたよ…!(←細かいよ)
すっかり感想が神谷さんよりになってますが、小野さんもよかったです。
同じトラックの16分15秒の「和明さん…」に腰が抜けた。(←だから細かいって)
何そのエロボイス…!
もれなく耳レイプされますので、お気をつけくださいませ。

原作もすごく面白くて、大好きな作品です。
加えて、このキャスティングに大興奮…!
一応説明しますと、現在神谷さんと小野さんは「DearGirl -Stories-」というラジオ番組をやっていて、ツンデレドSな神谷さんとドMおのでぃコンビがすごくいい味出しているのです。
しかもこのCDが出る直前は、未だかつてない神回。
激しくカオスだった…。
その後にこのドラマCDを聴くと、あまりのギャップにビビリますよ(笑)
そんなわけで、いつかこの二人がメインのCDを聴きたいなぁとずっと思っていたこともあり、キャストを見た時点で「ウハー!」とテンションがあがってました(笑)
しかも、Atisで通販すると予約特典でフリートークCDが付くなんて…。
腐女子の心を読んでますね、Atisさん!
待ちに待ったこのドラマCDですが、期待を裏切らない出来で、存分に楽しませていただきましたw
ムフフ。御馳走様でした~。

それはそうと、フリートークで神谷さんが「2007年は喰われ続けたので、2008年は頑張りたいです」と仰ってますが…。
4月、早速その目標が達成されますねv
しかも小野さん相手に(笑)
思う存分貪り食ってください!
そちらも今からすごく楽しみです!

言ノ葉ノ花 (新書館ディアプラス文庫 169)言ノ葉ノ花 (新書館ディアプラス文庫 169)
砂原 糖子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


通販特典の「落花流水」
二人のトークが仲良さげでよかった~。
「今、僕は小野君の心が読めました」
…デレてる…!
神谷さんは余村のイメージにピッタリだなぁと思ってましたが、実際の神谷さんを知っている小野さんが「神谷さんにピッタリの役ですね」と言っていたのが印象的でした。
最近ラジオでも感じていたけど、神谷さんはきっとすごく優しくて面倒見のいい人なんだろうなぁ。
私の中で今かなり好感度上がってますヨ。
そして、神谷さんのにゃんこ先生(飼い猫)話が楽しかったです(笑)
うん。ネコの心が読めたらいいよね! 
私も常々それは思う。
神谷さん、ネコ好きトークになってますにゃ。
面白かった!
通販した甲斐がありましたw
関連記事
2008.03.01 01:33 | 砂原糖子 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/527-27b02f53

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |