にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

唇で壊される。 :橘紅緒

4813011632唇で壊される。 (SHY NOVELS 195)
橘紅緒
大洋図書 2008-02-15

by G-Tools

うぉぉぉ、好きだ。
橘先生に惚れ直しました。
しかし、自分の文章力のなさに絶望した…!
【唇で壊される。/橘紅緒/奈良千春/SHYノベルズ(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
初恋の傷が癒えず、恋愛に臆病になっている神流柚槻(20歳・受)。
ある日、友人の五十嵐のバイト先の同僚である丘智周(18歳・攻)に出会い、智周の何気ない仕草や言動に惹かれていく。
だが、柚槻は過去のトラウマから素直な行動に出られずにいて…。

柚槻の初恋は、遊び人の司という男。
自分の本音を見せたら、すぐに飽きられてしまう。
そんな不安を抱え、精一杯背伸びをして駆け引きをしているように振る舞っていた柚槻だが、結局恋は実らなかった。
そのトラウマから、柚槻は寄ってくる相手の間をフラフラして、本気にならず、深い関係になる前に去るということを繰り返しています。
でも根が真面目なので、意外にも身持ちは堅い。
遊び慣れているように振る舞っているけど、経験値は低いままの柚槻。
一方の智周は、よく言えば人当たりが良くて優しい、悪く言うと八方美人な男。
言い寄る相手と簡単に付き合うけど、長続きはしない。
柚槻に対しても人懐っこい態度で、いつの間にか懐にスッと入り込んでいきます。
そんな智周に対して、柚槻はいつもなら保つ相手との距離をとれません。
昔のような失敗をしたくない柚槻は、必死に智周に傾いていく心を抑えようとするのですが…。
駆け引きなんてしなくても、二人の心はちゃんと最初から同じ方向に向かってます。
臆病になっている柚槻が気が付いていないだけ。
でもそんな柚槻の気持ちはすごくわかるなぁ。
精一杯背伸びして、でも経験は浅くて、そんなギャップに不安になるというのは身に覚えのある感覚ですよ。
落ち着いた雰囲気の中に、二人の若さを端々に感じました。
世間を斜めから見てるように見えて、実は全然すれてない二人が好きです。

相変わらず橘先生の書くキャラクターは、生活感がありませんねー。
そこが好きなんですが。
とにかくシンプル。
登場人物のセリフも少ないし、心理描写もあっさりしているので、行間を読まないと大切な部分を見逃します。
しかしですね、読者はそれでいいんですが、話の中では相手にもう少し気持ちを言葉にして伝えた方がいいんじゃないのかなぁと思ってみたり。
そうしたらきっと遠回りしないですむのに…!と言いたくなりますよ。
妹のこととかね。
奥へ奥へと掘り下げていく崎谷先生のようなタイプも好きですが、橘先生のように少し距離を取って、説明しすぎないタイプも大好きです。
不意に心を乱されるセリフや仕草があって、何気ない場面で泣かされます。

絡みは…とても少ない。
場面はあっても描写があまりなくて、フェードアウトしてます。
でも全然物足りなくないです。
その余韻が余計にエロい。
的確に萌えを刺激してきますね、橘先生。
…しかし柚槻が今まで貞操を守ってこられたのは奇跡だな。

橘先生は先月もSHYノベルズから「つまさきにくちづけを」が出ていますが、私は今回の作品の方がスッと世界に入れました。
登場人物が若い方が、橘先生の作風に合ってると思います。
思春期の情緒不安定な部分とか、成長途中の心の動きを書くのがうまいですよね。
端から見たら些細な出来事でも、当人たちにとっては大きな心の動きがあるわけで。
橘先生の作品って大きな展開はないことが多いんですが、読み応えはあります。
奈良先生の挿絵もピッタリでした。
こういう線の細い男の子がまさに橘キャラって感じ。
生々しさがないせいか、攻キャラも受のニオイがいつもします。

橘先生の作品って大好きなんですが、感想を書くのがすごく難しい。
自分の文章力のなさを痛感させられますよ…。
伝えきれないのがもどかしいですが、切なくてあたたかくて、面白かったです。
次の作品も楽しみにしています!
関連記事
2008.02.22 01:07 | 橘紅緒 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/525-c3551d25

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |