にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

恋のはなし :砂原糖子

4403521819恋のはなし (新書館ディアプラス文庫 181)
砂原 糖子
新書館 2008-02-09

by G-Tools

切なさと萌えがいっぱい詰まっていて、大満足!
萌え死ぬかと思ったよ…。
【恋のはなし/砂原糖子/高久尚子/Dear+文庫(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
雑誌掲載分『恋のはなし』+書き下ろし『愛のはなし』

誰もが羨む容姿をしている多和田知生(29歳・受)だが、実はゲイ。
後ろめたさを感じている多和田は、性癖を隠し、仲間を見つけることもなく禁欲的な生活を送っている。
ある日、唯一ゲイであることを知っている友人の石野の紹介で、多和田は新山慶吾(28歳・攻)と出会う。
自分を偽らなくてもいい。
臆病な自分を引っ張ってくれる。
次第に多和田は新山に惹かれ、肉体関係を持つようになるのだが…。

新山は有名な脚本家です。
ひょんなことで「石野が紹介したゲイの知人」だと誤解された新山は、新しいドラマの登場人物の参考にしようと、多和田に近づきます。
傲慢で、身勝手な新山。
初めは遊び半分だった多和田との付き合いですが、いつの間にか新山も嵌っていきます。
一方の多和田は、美しい容姿をしているにも関わらず、ゲイであることに劣等感を持っていて、かといって発展場に行くような勇気もなく、ホテルマンとして真面目に生きてきています。
そんな多和田も新山と出会い、恋をする。
でも、新山が自分をだましていることを知ってしまいショックを受けた多和田は、新山の前から姿を消すのですが…。
嘘から始まった恋愛は、結局その嘘によって破綻しています。
新山は多和田を好きになってはいるのですが、自分本位の姿勢は相変わらずで、自分に好意を寄せる多和田の反応を楽しんでいる節がある。
追いかけられていることに安心していた新山は、多和田の態度の変化にもなかなか気付くことが出来ません。
新山は結構酷い男ですよね。
砂原先生の作品で、ここまで性格の悪いキャラって今までいたかなぁ?
でも、新山は最初からそんな性格だったわけではなく、性格の悪さは昔の恋愛の傷が原因。
これ以上そんな思いをしたくないから、真剣に恋愛をせず、人と深く付き合わない。
最初はそんな気持ちだったのでしょうが、だんだんとそれが普通になり、無自覚に自分の気持ちに素直になれなくなっているんでしょうね。
でも、そんな新山では多和田の心を手に入れることは出来ません。
一見、初めての恋愛に振り回される多和田が話の中心に感じますが、読み終わってみると新山の成長も印象強かったです。
ゲイであることに引け目を感じていた多和田が初めて恋愛を経験し、様々なことを吸収していく一方、経験豊富な新山は恋愛リハビリ中。
対照的な二人が出会い、お互いに影響し合って近づいていく様子が面白かったです。
そして、砂原作品らしく切ない場面もいっぱい。
普段大人しい多和田が感情をあらわにして怒っている姿や、普段強気な新山が泣いている姿に胸が痛かった。
セックスの後に自己嫌悪で泣いている場面は、思わず私も泣いてしまいましたよ…。

前回の感想も同じようなことを書いていますが…。(あ、ホテルマンと脚本家という設定も被ってる…)
エロがエロくて激萌えでした!
さすがディアプラスのエロ部門作家さん(笑)
淫乱なタイプももちろんよいですが、やっぱり多和田のように全力で恥ずかしがってくれる方が萌えます。
そして、そんな受が恥じらいながら自分から求める姿に激萌え。
挿絵も気合い入ってる~。
高久先生の挿絵って、時々予想を超えた露出&アングルで、破壊力ありますよねぇ。
砂原先生の作品と相性がよいと思います!

ということで。
恋愛初体験の受と経験豊富な攻という正反対の二人の恋愛でしたが、経験の有無に関係なく、二人とも悩み苦しんでいる姿が描かれていて面白かったです。
性格の悪い新山にこんなに感情移入できるとは予想外でしたよ。
多和田に酷いこともしてますが、こんな強引さがあったからこそ多和田も変わったわけで…。
全然タイプが違うけど、相性は良さそうですねー。
そんな恋愛面の話も面白かったですが、萌えもてんこ盛り。
どこを開いても萌えと切なさが詰まってます。
読み応えたっぷりで、大満足な一冊でした!

■シリーズ
「恋のはなし」
「恋のつづき」
関連記事
2008.02.16 00:46 | 砂原糖子 | trackback(2) | comment(6)
            

おはようございます、にゃんこさん。

名古屋で買ったこの本、戻ってからすぐに読みました。
エロだエロだと大喜びで読んでたんですが、にゃんこさんと全くおなじシーンで私も泣きましたよ!
あれは切なかったです・・・。
砂原糖子さんは、まだそんなに数を読んでいないのですが、とっても丁寧に主人公たちの気持ちを書かれる方ですよね。
それだけに、あのシーンは苦しかったです・・・。

今回は、イラストの迫力すごかったですね。
「きゃー」と思いつつも、萌えシチュにごろごろのたうちまわりました。

そんなどうしようもない告白までしてますが、TBよろしくお願いします。

それにしても、にゃんこさん、コンスタントに感想書かれてて、尊敬します~。

2008.02.16 09:34 URL | 棗 #- [ 編集 ]

棗さん、こんばんは~

名古屋であの時何冊売れたんだって感じですね(笑)
私も同じ時に購入し、翌日速攻で読みました。
だってもう挿絵が…!!
店頭で見たときは「うおっ!」と思わず本を閉じてしまいましたが、あの時から萌えの予感たっぷりでワクワクしていましたよ!
内容もその期待を裏切らず、面白かったです。

砂原先生は切なくてよいですよ!
加えて、エロもうまいです。
派手さはないのに萌えなので大好きです。

TB&コメント、ありがとうございました!
こちらからもうかがいますね~。
それではまた。

2008.02.17 00:10 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん こんにちは♪

「(伝言板見て)挿絵気になってたんです~」といいながら名古屋で本を見て「これは・・・これは・・・!」と言いながらめっちゃ笑顔だったにゃんこさんが印象的ですYO★

攻の新山が砂原さんにしては職業・性格ともに派手でエロ盛りだくさんで驚きましたが、それだけでは終わらない砂原節もやはり健在でしたね♪
なんか個人的には新山って砂原キャラで唯一浮気しそうな気もして心配ですけどw

TBいただいてきますのでよろしくお願いします♪

2008.02.27 13:22 URL | ゆちゅらぶ♪ #- [ 編集 ]

ゆちゅ♪さん、こんにちは~

そんな笑顔でしたか(笑)
でもあれは無表情で見るのは不可能ですよね!
エロいっ。

砂原先生はいつもエロいなぁと思うのですが、派手ではなく、地味にエロいんですよね。
でも今回は珍しく軽くて性格のよくない攻だったので驚きました。
でもやっぱりエロはエロなんですが。
(…どんだけエロエロ言ってるんでしょう私…)
兎にも角にも、面白かったですね!

TBありがとうございます~。
ではでは。

2008.02.28 16:23 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん、おはようございます!。

にゃんこさんのサイトを拝見するようになって、今まで読んだことがなかった作家さんやレーベルを発見できてとてもたのしいです。

砂原糖子さんも全くチェックしてない方で、でも読んでみると切なくてとてもいい感じでした。

これを機会にと他に何冊か読んでみましたが、この新山くんはなかなか性格が悪いですね(笑)。

イラストレーターさんも大好きな方で、ちょっとビックリな角度のもありましたが、それもまた良しでした。

それでは、また。

2008.05.12 07:08 URL | 雪兎 #- [ 編集 ]

雪兎さん、こんばんは!

レスが遅くなってしまってすみませんi-201

私もまだまだ沢山読んだことのない作家さんいますよ~。
もう少し世界を広げたいと思いつつ、なかなか読めていません…。

砂原先生とても良いですよね!
ハズレ(好みは人それぞれですが)も少ないので、安心して読めます。
そして…高久先生の挿絵はドキッとする角度で、私も吃驚しました(笑)

コメントありがとうございます!
とても嬉しいです。
それではまた~

2008.05.13 21:47 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/520-b19eaa82

恋のはなし:砂原糖子
恋のはなし (新書館ディアプラス文庫 181)砂原 糖子Amazonランキング:314位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <あらすじ> ホテルマンの多和田はゲイである己に罪悪感を抱き、29歳になるこの年まで恋愛経験がなかった。ある日...

2008.02.16 09:25 | 雪月花

恋はシタゴコロ、愛はマゴコロで。
恋のはなし (新書館ディアプラス文庫 181) 砂原 糖子 コレ何がびっくりしたって高久さんのエロ画にびっくりでしたよ…。 ディアプラスだしタイトルもなんだか初々しく表紙も口絵も中扉も雰囲気のあるイラストでわあ、ステキー♪(*´▽`*)とか思わせておいてあの...

2008.02.27 13:24 | 水中雑草園

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |