にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4344812050キスができない、恋をしたい (幻冬舎ルチル文庫 さ 2-13)
崎谷 はるひ
幻冬舎コミックス 2008-01-18

by G-Tools

「恋愛証明書」のリンク作。
こんな性格の攻と付き合っていける受がすごいと思います…。
【キスができない、恋をしたい/崎谷はるひ/街子マドカ/ルチル文庫(2008年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
天野脩(23歳・受)と岩佐憲之(29歳・攻)が付き合い始めて4年、一緒に暮らし始めて2年。
一緒には暮らしているが、SEで多忙な生活を送る憲之と、ライブハウスの店員である脩の生活はすれ違いばかり。
憲之の淡泊な性格も分かってはいても、あまりの放置状態にやりきれない脩だが…。

忙しくて生活がすれ違い、会話もまともに交わしていない状態が続いている二人。
それで不安になって痴話喧嘩…という流れはよくあるパターンですが、脩と憲之の場合喧嘩にもなりません。
脩が自分に引け目を感じているせいもありますが、何より憲之があまりにマイペースなオレ様だから…。
どれほど酷いかは最後にしっかり分かります。
予想以上にすごかった(笑)

こんな生活に悶々としている脩が、今までの二人の関係を振り返るという形で話が進みます。
脩と憲之の出会いは「止まり木」というゲイの集まるバー。
その頃家出中で、フラフラと男の家を転々としていた脩は、周りからは尻の軽いお馬鹿な男の子だと思われていて、憲之も冷たい態度で接します。
恋愛で同じような失敗を繰り返し、愚痴をこぼす脩に、容赦なく厳しい言葉をぶつける憲之を脩も快く思っていません。
でも、脩は反発しても、素直に受け入れるところは受け入れる。
強がってばかりいるけど、それは不安の裏返し。
“ちゃんとしたセックスを実地で教える”という理由で二人はエッチすることになり、それを切っ掛けに付き合うことになります。
今までの恋愛とは違う、ゆっくりと丁寧に進んでいく関係に戸惑う脩ですが、マイペースな憲之との距離感を次第に掴んでいきます。
そして4年がたち…。
こんな流れで付き合い始めたので、二人には特別盛り上がったという期間がないのですね。
ジワジワと好きになったのはいいけど、気が付いたら相手は全然「好きだ」という態度を表に出していなくて、今更聞くのも躊躇われる状態に。
最後には憲之が脩の為に忙しく働いていたということが分かるのですが、それにしても憲之の態度は酷すぎなのでは…。
元々性格的に淡泊と言っても、これで不安にならないわけがない。
まあ、BLではこの手の行き過ぎた頑張りは珍しくないかもしれませんけどねぇ。
私ならとっくの昔にキレてるんじゃないかと思いましたよ…。

脩の成長がめざましくて、ちょっと感動しちゃいました。
こんなに相手のことを思いやれる、健気な子になろうとは…。
憲之のマイペースぶりは実際自分の相手だったら引くと思いますが、結果的に脩を成長は憲之の教育の賜物なのですよね。
うーん、これを見破っていた「この道30年のオネエの勘」(by「止まり木」のマスター)ってすごいなぁ(笑)
「恋愛証明書」の二人、遼一と春海もチラチラと登場していました。
春海の子供・准がもう小学3年生になってるということは、本編から2,3年後ぐらいなのかな。
3人の関係がすごくいい感じで、微笑ましかったです。

あ、エッチですが、崎谷先生にしては控えめかもしれないけど、一般的に見たら…どうなんだろう。
もう私は崎谷先生のエロに慣れてしまっているのでよく分からない…。
それなりに濃いのかもしれませんが、精神的な部分の描写もそれに負けずあるので、ちょうどいい感じ。
セックスに対して苦手意識を持っている脩が、憲之によって開発されていく場面に萌えました。
「ウン」は可愛いw

あとがきで崎谷先生は『コメディタッチのゆるゆるとした話』と書いてらっしゃいますが、なんだかそれはちょっと違和感があるような気が…。
崎谷先生は基本的に心理描写も普通より濃いので、ゆるめの話でもそんなに「ゆるゆる」という印象はないのですよね。
『深く考えず、つるっと楽しむ』というよりは、「じっくり成長を見守る」話だったなと思います。
こういった特別大盛り上がりする展開ではない、すでにできあがっているカップルの日常話をしっかり読ませるのは流石崎谷先生だなと思いました。
関連記事
2008.01.22 00:46 | 崎谷はるひ | trackback(1) | comment(4)
            

にゃんこさん、こんばんは♪

楽しく読み進められた1冊でした。
愛のあるセックス描写が最後の1回だけなので(初H時のあれは実地での性教育のようなものですし)、もう1回ぐらい愛のある濃いHのシーンも読んでみたかったのですが、そうなるとまたお腹いっぱいになりそうなので、これでいいのかなとも思いました。

おバカ受だった脩が、憲之に愛され育って、可愛くなっていくのが良かったです。

TB送らせていただきますね♪

2008.01.24 22:49 URL | 霖雨 #.zLyGMJk [ 編集 ]

霖雨さん、こんにちは~

崎谷さんにしては満腹感の少ない作品でしたね~。
2回の内1回は確かに性教育ですもんね(笑)
私はこういう描写が結構好きだったりしますがw
3ヶ月後のちゃんと付き合ってからのエッチが気になりました。
すごく盛り上がっていそうで~。

TB&コメントありがとうございました!
ではでは。

2008.01.25 15:40 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん。おひさしぶりです。セナです。^^あまりにもおひさしぶりで、忘れられたかもしれないですね。(笑)ははっ。
お元気でしたか。^^私はその間、ずっと留学の準備で忙しかったんです。でももちろんにゃんこさんのブログには遊びにきていたんですよ。v-354
3月に東京に行きます。ビザも下りて、今は荷物を作ったり、勉強したりする最中です。
マンションを探すのが心配ですけれど、まあ、どうにかなるんでしょうね。ははっ。
あ、にゃんこさんはどの地域に住んでいらっしゃるんですか?^^

「キスができない、恋をしたい」は面白かったんですね。前作、「恋愛証明書」が面白かったので、今度も期待していたんですけど、攻めも誠実ないいひとで、受けも本当に可愛い子でよかったんです。崎谷さんのこんなほのぼのなお話が好きです。^^

実は、私も自分の日本ブログにこの作品のレビューを書いたんです。ブログを作ったのは結構前のことなのに、今回初めてBLのことを書いたんですね。(苦笑)でもやっぱり日本語でレビューを書くのは結構難しくて、1時間かかりました。v-356

お久しぶりで、また長くなりました。すみません(涙)。では、また来ます。今日もお元気で~☆


2008.02.02 12:17 URL | セナ #MgIxvhDQ [ 編集 ]

セナさん、こんばんは!

レス遅くなってすみません。

ちゃんとセナさんのこと覚えてますよ!
いよいよ留学ですか。
もうすぐ日本にいらっしゃるのですね~。
私は名古屋の近くに住んでいます。
東京からは距離がありますが、近くに来る機会があれば、会えるかもしれませんね(^^)
私もたまに仕事や遊びで東京に行ったりもしますし。
東京ならたくさんオタクなスポットがあるので、セナさんとても楽しめると思いますよ!
日本を堪能してくださいね。

外国語で感想を書くのは大変そうですが、1時間ならすごく早いと思いますよー。
私は母国語ですが、もっとかかってます…(^_^;)

崎谷先生は、なんでもない日常の一コマをじっくりと掘り下げていくことが多いですよね。
読む度にすごいなぁと思います。

コメントありがとうございました!
また来てくださいね。
それではまた。

2008.02.03 23:41 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/509-ec4ce6ae

キスができない、恋をしたい
ライブハウスで働く天野脩の六歳年上の恋人・岩佐憲之は、フリーのSEで超多忙。わかってはいるけれど最近話さえしていないのはさすがに切ない。駄目な恋ばかりしていた脩を叱ってくれ、ちゃんとセックスしてくれた憲之――それから付き合い始めた二人は、好き合って始ま...

2008.01.24 22:43 | 霖雨の彼方

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |