にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

MESSIAH(メサイア) :■BLゲーム

B000FMLMZAメサイア 通常版
CORE-DUSK 2006-08-25

by G-Tools

久々にゲームしました。
このゲームは画が綺麗で前から気になっていたのです。
それにしても、初めてまともなストーリーのゲームをしたような気がするよ…?
【MESSIAH メサイア(18禁)/CORE-DUSK(2006年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
※注:18禁ゲームの感想ですので、18歳未満の方はご遠慮ください。

【CAST】
葛城拓人:皇帝
笹森遼太:凪野隼斗
島煌:黒瀬鷹

【STAFF】
シナリオ:片桐由摩
原画:CARNELIAN

【あらすじ・感想など】
久々にゲームやりましたが、やっぱ楽しいですねぇ。
連休を使って一気にプレイしました。
ひとつのルートが結構長いんですが、私は途中で間が開くと話を忘れちゃうのですよ。
分岐部分から再プレイ…とかしているとストーリーが混乱してしまって訳分からなくなっちゃうのですよ…。
なので、結構前からこのゲームは手に入れていたのですが、なかなか手を出せずにいたヘタレな私です。

では早速感想を。

おおまかなあらすじは
--
花屋でバイトをしている大学生・葛城拓人(大学3年生)は、同じバンドのメンバーで高校時代の後輩である笹森遼太(大学1年生)と一緒に暮らしている。
遼太が自分に好意を抱いていることを知っている拓人だが、遼太には親友でいて欲しいと願い、その気持ちを見て見ぬふりをしている。
今までも男に欲望の対象としてみられ、襲われたこともある拓人は、他人と距離を置いて付き合ってきた。
しかし、そんな毎日にも限界を感じるようになっていた拓人。
そんなある日、島煌という男が花屋の客として現れる。
煌の孤独を感じ、拓人は徐々に惹かれていくが…。
--
という感じ。
煌のことを信頼し始めていた拓人ですが、ある日突然拓人と遼太は煌の屋敷に閉じこめられてしまい、物語は始まります。

攻略キャラは2人。
遼太はリバありますが、基本的に拓人が受です。
それぞれGOOD END、NORMAL ENDがあり、BAD END含めて8ENDすべてを攻略すると、真ENDに入ることができます。
多分ひとつENDを迎えると、EXTRAからMESSIAH CHRONICLEが見られるようになると思うのですが、コレを見ると全体が把握できます。
分岐や未攻略ENDもここでチェックできるので、とても便利でした。
(エピソードの分岐が分かるだけで、ルートにはいるための選択肢が分かるわけではありません)

以下、エンディングを含めてネタバレしているのでご注意くださいませ。


■ 島煌
年齢不詳の吸血鬼。
拓人のことは幼い頃から知っていて、隠された記憶の鍵を握っています。

『ENDLESS SNOW』(GOOD END)
煌の事を信じ続けた拓人は、頑なな煌に自分からぶつかっていき、二人は両思いに。
でも煌は「自分は生きていてはいけない」と死を望み、拓人によって滅ぼされる。

『MISSING』(NORMAL END)
上記同様両思いに。
しかし、煌は罪を背負い死を選び、拓人に滅ぼされる。

『ETERNAL MOON』(BEST END)
MISSINGと途中まで一緒。
煌は死を選ばず、拓人は二人で闇の世界を生きていくことを決める。

一応ENDLESS SNOWがGOOD ENDだとは思うけど、これとMISSINGは悲しいラストです。
どちらも煌と拓人の過去の繋がりが明らかになりますが、最後の鍵は残ったままで不完全。
真ENDであるETERNAL MOONで二人の過去が明らかになります。
吸血鬼ものなので、結局辿り着くのはこの二つのパターンしかないですよね。
一緒に吸血鬼になって生きていくか、吸血鬼が死ぬか。
煌がかなりのツンデレ…じゃなくて強情な性格だったのですが、その辺がちゃんと理解できるストーリーだったのでよかったです。
エッチは…最初から飛ばしてますねぇ。
薔薇で縛られちゃうシーンは、突然気合いの入ったアングルで驚きました…。
痛そうだ。

■ 笹森遼太
明るくて誰からも愛される、拓人の後輩。
拓人の事が好き。

『OVER THE RAINBOW』(GOOD END)
煌によって行われていた吸血鬼になる儀式の途中で遼太と結ばれるが、純潔でなくなったことで拒絶反応が出てしまう。
拓人は衰弱していくが、遼太を守るため自ら煌を滅ぼす。

『THE SILENT CAGE』(NORMAL END)
上記と同じ展開で、遼太が煌を滅ぼす。
現実世界に戻った二人は何事もなかったように暮らすが、遼太を失いたくない拓人は遼太を押し倒す。
上記より閉鎖的。

どちらも途中まではBADエンドっぽいですが、途中から持ち直します。
ストーリーが予想以上に長いんだ。
何回エッチしてるんだこいつら…。
遼太若いなぁ。
見所は…遼太が襲われるシーンかな(笑)
メイドのヴェロニカに踏みつけにされる場面と、拓人に押し倒される場面。
動揺する遼太が可愛い。

■ その他
煌、遼太ルート含めてBAD ENDは4つ。

『SLAVE TO THE DARK』
逆上した遼太に犯され、拓人はトラウマ発動で、心を閉ざしてしまう。
煌はそれを知って怒り、遼太を犯して殺す。
煌は汚れてしまった拓人に血をのませて仲間にし、全ての記憶を失った拓人は煌の下僕になることに。
二人はラブッとしてるし、拓人可愛いし、意外とうまくまとまってるんじゃないの?
私はここのCG結構好きです。

『SOLITUDE』
煌とのやりとりを見られた遼太にののしられ、拓人の心が死んでいく。
自分にはもうだれも必要ないと、拓人と煌を殺して現実世界に戻り、男たちの欲望を弄ぶようになる。
序盤にチラッと出て来たバンドのメンバー・州青とのルート。

『BEHIND』
遼太が二人の関係に気が付いて嫉妬し、3P。
でもやっぱり遼太を受け入れない拓人に、遼太が怒り、殺してしまう。
突然終了しますね…。
3Pは美味しいw

『ALICE IN FORBIDDENLAND』
アリスが拓人を信用できなくなり、拓人を殺す。
アリスは煌と共に生きている少女です。


ということで、ENDは全部で9つ。
印象としては、まずはストーリーがしっかりしていて驚きました。
まあ、今まで私がプレイしたゲームが「鬼畜眼鏡」「コイビト遊戯」「みらくるのーとん」と、どれもキーワードは「エロ!」みたいな作品だったから余計にそう思うのかもしれませんが…。
「何故そこでそうなる!」という意味不明な展開は一切なかったです。
遼太が暴走したりする展開も、それなりに納得できる流れがありました。
そして画も綺麗! 崩れない!
今までで一番好きです。
作りが丁寧。
しかしですね…。
エッチシーンは丁寧すぎじゃないですか…?
長い。長すぎる…!
プレイはノーマルでもとにかくエッチシーンが長いのです。
言葉攻めしてるわけじゃないし、体位の変化が特別多いわけでもない。
ひたすら喘ぎ声が多いんです…。
その割に画は動かないから、余計に冗長に感じてしまうんですよ。
イクときくらいは動かして欲しいと思うのは私だけですか…?
精液や表情の変化があればいいのに。
あ、CGは控えめなのが多い気がします。
時々気合いの入ったアングルのCGがありますが、全体的にモザイクも少ないんじゃないかな。
あくまで私の経験上なので、参考になるのか分からないですが…。

私は声萌えする人なので、ゲームでも声優さんが気になります。
今回、ボイスはメインキャラの3人のみ。
18禁なので名前が違いますが、3人ともBLCDに出てらっしゃる方です。
煌役の黒瀬さんはすぐに分かりました。
この特徴のあるネットリとした低音ボイス。
間違えようがないですよ。
「ヴェロニカ」の「ヴェ」をしっかり「V」で発音してるあたり流石w
煌の役はピッタリでした。
拓人役の皇さんは初聴きでしたが、名前は知ってました。
数少ない同郷の声優さんなので…。(ぇ?)
拓人はとにかく喘ぎ声が多くて、本当にお疲れ様でしたという感じ(笑)
適度に色気もあり、聴きやすかったです。
そして、遼太役の凪野さんですが…。
吃驚です。
この方だとは思いもよりませんでした。
これは盲点。
遼太は結構テンションの高い若者なのですが、私は凪野さんのこういった声を今まで聴いたことがないです。
落ち着いた物静かな役とかしか聴いたことない。
ゲーム中では高校1年生の場面があるのですが、このテンションの高さはちょっと…厳しい…ような…。
兎にも角にも、遼太が凪野さんだと知って一気にテンションが上がりましたヨ!
凪野さんの声好きです。
遼太は基本的に攻めなのですが、なんだか喘ぎ声が受っぽい…。
煌×遼太を聴いてみたい。(痛いのじゃなくてラブいのをね)

全体的にまとまりがあり、ストーリーの崩壊もないので、内容重視という方に向いているんじゃないでしょうか。
エロ重視だと…うーむ。
わりと正統派エロ路線で、じっくり聴きたい方にはオススメなのではないかと。
充分面白いと思いますが、萌えは個人的にそこまでなかったかな…。
もうちょっと刺激が欲しいなー…なんて。あわゎ(^_^;)
3月にファンディスクが出るようです。
不思議の国のアリスをモチーフにしたパラレル。
3人以外のキャラもボイスが付くようなので楽しみです。
買う。買います!

あ、でもその前に…眠らせている「玉響」と「冤罪」をプレイしないとデスよ。
まとまった時間が欲しい…。
関連記事
2008.01.17 01:18 | ■BLゲーム | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/507-150cef88

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |