にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

個人教授 :秀香穂里

4877245987個人教授 (ガッシュ文庫)
秀 香穂里
海王社 2007-11

by G-Tools

うーむ…。
個人的に、秀先生は時々大きくはずすんですよね…。
【個人教授/秀香穂里/やまかみ梨由/GUSH文庫(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
永江俊一は、傲慢で自尊心の強い同級生の祐介に無理矢理関係を持たされていた。
祐介の自宅で犯される日々。
その様子を祐介の7つ年下の弟・育美が見ていることに、俊一は密かに気がついていた。
それから7年たち、今ではもう身体の関係はなくなった二人だが、一方的に呼び出される関係は続いている。
ある日、塾講師をしている俊一に、祐介は弟の家庭教師をしてくれと言い出すが…。

常に自分が一番でないと気が済まない性格の祐介。
そんな祐介より成績が良いという理由だけで、俊一は犯され、その後も関係を強要されてしまいます。
社会人となった今ではもう肉体関係はなくなっていますが、未だに上下関係は変わらずあって、育美の家庭教師の話も一方的に押しつけられます。
情事を覗き見ていたものの、幼い頃の育美は大人しく従順で、俊一に懐いていていた。
でも、7年ぶりに会い、高校3年生となっていた育美は体つきも大きく、性格も攻撃的になっていて、俊一の部屋に来ても勉強をする気は全くありません。
なんとか勉強をさせようと試行錯誤する俊一ですが、育美に襲われ、兄の時と同様に、弟も俊一と強引に肉体関係を持つようになります。
でも、育美は俊一に対してその後優しく、俊一は次第に育美を受け入れるように。
そして二人はどんどん関係にのめり込み、ついには祐介にそれを知られ、家族も仕事も失ってしまうのですが…。
えーと、簡単にまとめると「堕ちていく話」です。
お互いにのめり込みすぎて、閉鎖的な関係に陥っていく話。
俊一も育美も、親が無関心だったりして、ずっと愛情に飢えていたんですね。
祐介によって精神的にも押さえ込まれていたというのも、二人が暴走した一因かな。

ここまで書いたとおりこの話は二人が堕ちていく話なのですが、まだ続きがあります。
こういった話の展開は、夜光花先生っぽいですね。
以下、核心のネタバレなのでご注意下さいませ。

仕事を失って呆然としている俊一に、育美は「これは俺が望んだ結果だから」と告げます。
すべては俊一を自分だけのものにするために、育美が仕組んだシナリオだったのです。
その告白にショックを受けるものの、この先二人で生きていくことに幸せを感じる俊一。
しかし、そんな展開も実は俊一の計画の一部で……。
…おや?
成る程。
この大どんでん返しを秀先生はやりたかったのね。
この手の切り返しは嫌いじゃないですよ。
でもね…。
どうも今回は驚きより気が抜けてしまったというのが正直な感想です。
もうどっちでもいいよ…なんて思ってしまった…(それを言ったらお終いだ)
ナイフを取り出したときは「もしや心中…?」と戦々恐々となったけど、さすがにそこまではやらなかったですね。
吃驚したな、もー。

それにしても、何故こんなに消化不良なのか…。
この作品、一貫して俊一視点なのですが、最後にこうくるなら育美視点の方がよかったかもしれません。
最後に全否定されると、じゃあここまで何だったんだと思ってしまうし。
そして、全体の雰囲気と描写が、ラストの重さに追いついていないんじゃないでしょうか。
ドロドロが足りませんよ。
挿絵も…うーむ。
JUNEっぽい話なのに、BLの雰囲気が抜け切らないから違和感があるのかも。

ということで、予想を裏切る展開で驚きはあったのですが、物足りない読後感でした。
エロはエロいんですけどね。
私は肉体的に痛い描写は割と(…いや結構?)好きなので、その点に萌えはありましたよ。
しかし、如何せんこのラストは読者を置き去りにしている気がしてなりません。
二人とも若いんだし、別にそんな絶望するような状況ではないんじゃないかなぁ…なんて思ってみたり(そう言ってしまうと元も子もないが…)
もう少し明るい性格になって、ラブっとしたらいいよ。うん。
どんな形であれ、幸せだと思うならその時間を大切にしてください。

秀先生はChara文庫が一番合っていると思います。
関連記事
2007.12.12 00:38 | 秀香穂里 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/494-a187f3d2

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |