にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

アパルトマンの王子 :榎田尤利

4199004629アパルトマンの王子 (キャラ文庫 (え1-4))
榎田尤利
徳間書店 2007-11-27

by G-Tools

予想外に大泣きしてしまった(T_T)
恋愛要素じゃなくて家族愛に…だけど。
【アパルトマンの王子/榎田尤利/緋色れーいち/Chara文庫(2007年)】

オススメ:  

↓ネタバレあり、caution!!

藤井沢商店街シリーズの既刊本はコチラ↓
「ゆっくり走ろう」
「歯科医の憂鬱」
「ギャルソンの躾け方」
舞台は同じ藤井沢商店街ですが、各話独立しています。

【あらすじ・感想など】
東京郊外、藤井沢商店街の外れにある小栗不動産。
小栗優一(24歳・受)は、父の亡き後長男として一家を支え、大学卒業後は伯父と共に不動産屋で働いてきた。
1番下はまだ8歳という5人兄弟で、母も過労で入院中。
不動産屋の経営は苦しくなるばかり。
そんな不動産屋にある日現れたのは、「王子」のような出で立ちの金髪青年・惣領世羅(22歳・攻)。
世羅は修業のため、藤井沢で「3ヶ月30万円生活」をしたいのだと言い出すが…。

藤井沢商店街に突如現れた金髪男は、やさしくてハンサムだが金持ちの世間知らず。
世羅は大手ホテル経営会社の社長の息子で、大学卒業後、会社で働き始める前の修行として藤井沢にやってきます。
人のいい優一は、物件を仲介した縁で何かと世羅の世話を焼くことになり、世羅は小栗一家に次第に馴染んでいく。
世羅は優一の優しさに触れて惹かれますが、優一は「今夜だけ」と一度身体の関係をもった以降は世羅と距離を取り続けます。
それは、世羅が3ヶ月後にはアメリカに渡ってしまうことを知っているから。
優一は、長男として今の生活を捨てられないのだから、世羅に惹かれていても深入りしてはいけないと自らを戒めています。
でも、そんな重圧に優一は次第に追い詰められ…。
恋愛というより家族ドラマという側面の方が強かったですね。
世羅の出現によって、優一は今まで自覚しないようにしてきた自分の不自由さを目の当たりにしてしまいます。
更に、不動産屋の経営も行き詰まり始め、自分の無力さに打ちのめされてしまう。
優一の長男としての悩みは、誰が悪いわけでもないから余計に苦しいです。
誰も優一に対して悪意を持って接しているわけではなく、それどころか皆優一を信頼しているのに、それが逆に優一を追い詰めてしまう。
これが他人じゃなく家族だから、優一のようにひとりで抱え込んでしまうのも仕方がないかなぁと思います。
それにしても、優一をはじめ、小栗家はすごくいい人ですよねー。
金持ちの戯言とも受けとめられるような理由で貧乏暮らしを始めた世羅に対して、雄人のような態度を取ってもおかしくないと思うんですが。
世羅の人柄も大きいのか…。

本編の「アパルトマンの王子」は家族ドラマがメインです。
一応優一と世羅の恋愛という要素もあるにはあるんですが、世羅の存在は家族の問題を露呈するためのスパイスという部分が大きかったなぁと思います。
途中から優一がどんどん追い詰められていって、「あ…これは泣きそうな展開かも…」と思ってはいたんですが。
クリスマスの夜の場面でグワーッと涙が襲ってきましたヨ…。
ダメだ…家族モノに弱いんだよ私…。
うぅ。涙が止まらない…。
ここまでひとり突っぱねた態度を取っていた雄人が、というのもポイントでした。
雄人、いいこと言うじゃないか…!!
その後優一が吐露した過去も切なかったです。
ここで涙の第二波が襲来。
そうか、そんな流れがあって、余計に優一は家族に縛られていたのか…と、すごく納得しました。
そんな苦しみを優一がずっとひとりで背負ってきたことが痛かった。

後半の書き下ろし「横暴と心配性」は世羅兄弟、小栗一家を絡めて、世羅と優一の絆が深まる話。
うーむ…。
このシリーズは毎回「雑誌掲載分の本編+書き下ろし」という形ですが、書き下ろしが必要だったのかなぁと思うことが多いです。
今回も然り。
なんだか、強引に恋愛要素とエロ要素を詰め込みました!という雰囲気を感じる…。
私は、兄云々のエピソードより、クリスマスの場面以降の展開があっさりしすぎていて消化不良だったので、その辺りをどうにかして欲しかったなぁ。
この形式だと難しいとは思いますが…。

ということで、私は家族ドラマとしてはすごく面白かったと思います。
ただ、全体のバランスや、BLとしての満足度を考えると微妙…。
泣けるけど、その原因は恋愛じゃない。
読み終わってみて、世羅の印象がすごく薄かったです。
なんだか消化不良で、もったいない読後感でした。
関連記事
2007.12.05 01:03 | 榎田尤利 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/491-ab05ccf7

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |