にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4812433126凍る月 紅の契り (ラヴァーズ文庫 (LL-50))
高橋 悠
竹書房 2007-11-24

by G-Tools

続編、待ってました!
面白かったうえに激萌えでした。ムフフ。
前作はコチラ→「凍る月~漆黒の情人~」
【凍る月~紅の契り~/夜光花/高橋悠/ラヴァーズ文庫(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
生まれたときに「20歳までしか生きられない」と予言された鳳光陽(20歳・受)。
光陽には不思議な力があり、それを隠すため外出もままならない生活を送っていたが、20歳の誕生日を前に光陽は不気味な獣に襲われた。
そして、梁井轟(30代?・攻)という男が光陽の前に現れる。
「餌」である光陽は、生きるために「獣」である梁井と「契約」を結ぶことになる。
梁井は次第に光陽に惹かれていくが、光陽は梁井を受け入れつつもその気持ちが「好き」という感情なのか分からないでいた。
そんな中、光陽の親友である亨が姿を消してしまい…。

前作で交通事故にあった後姿を消してしまった亨。
今回は獣人に覚醒してしまった亨と梁井の間で揺れる光陽と、それに伴って明らかになってきた組織の話が中心です。

姿を消した亨は、組織の昌史という少年に拾われ、匿われていた。
光陽は亨と再会するが、覚醒のショックで混乱していた亨は、光陽が梁井と契約を結び関係を持ったと知って興奮し、無理矢理契約を結んでしまう。
梁井との約束を守れなかったことに光陽は負い目を感じ梁井から離れようとするが、梁井はそんな光陽に傍にいて欲しいと告げる。
しかし、二人は亨と組織の攻撃によって追い詰められてゆき…。
天然無自覚誘い受の光陽ですが、ようやく梁井への気持ちを自覚します。
身体の関係から始まったので曖昧になるのは仕方がないかもしれないけれど、さすがに光陽の無自覚っぷりは酷いですよ(笑)
梁井の気持ちを知りながらも、変に気を遣って「身体を繋げるは1ヶ月に一回だけ」なんて言っちゃってます。
梁井…もしかして試されてる?
こんな小悪魔っぷりも光陽だから微笑ましいんですが。
P235の挿絵の場面なんて小悪魔すぎですから光陽…!
小型犬に頭が上がらない大型犬の図(笑)

それにしても、光陽が前回にも増してエロい身体になってますヨ。
そうやって無自覚にフェロモン垂れ流してると、そのうち襲われるぞコラ!
今回亨や黒澤から身を守れたのは奇跡としか言いようがない…。
絡みは多いですが、どれも濃厚で美味しいです。
因みに、私が一番テンションが上がったのは
「お○っこ…出ちゃいそう…なの!」
という台詞だったりする…。(毎回の事ながらマニアックで申し訳ない…)
密かに私は「キタコレ!」とグッと拳を握りしめたのですが(何にって…私の萌えツボを知ってる方なら分かりますよね…)、予想とはちょっと違いました。
でもやっぱり激萌えw ムフフ。

話を戻します…。
亨や組織とのバトルは予想通り勃発しますが、これにより組織の実態が次第に明らかになってきます。
梁井と契約を結び、共に生きていこうとしている光陽には、強引な昌史の要求を受け入れることはできません。
でも、獣人と餌がギブアンドテイクで共存していくためには、ある程度非情でもこんな仕組みが必要なのかもしれないと思う面もあるので、組織=悪とは言い切れませんね。
今回は亨が絡んだことで敵対する形になっていますが、将来的には光陽達と巧くやっていくこともできるのではないかなぁと感じました。
前回敵だった黒澤が、今回は腹に一物抱えながらも味方になっていますしねー。
結局光陽の人の良さに周りが巻き込まれていく予感…。

このシリーズ、前作のあとがきでは2冊で終わりのようなことが書いてありましたが、この続編ではまだ完結していません。
一応話の区切りはついていますが、明らかに伏線がまだまだ残っているし、組織とも完全決着には至っていない…。
今作のあとがきでは「出来ればもう一冊…」とありますが、一冊と言わず、もっと続いて欲しいです!
因みに、これまでに番外編がいくつか書かれています。
ラヴァーズ文庫の3周年記念本「ラブコレ」には「嵐の予感」。
これは梁井視点で、光陽と出会う前後の時期の話。
そして同人誌「凍る月~獣たちの午睡~」には、梁井の義父・轟とアレックスの話(やおいではありません)と、光陽と梁井の温泉旅行話。
どれも短編ですが、もしかしてこの轟の話が今回の話の伏線だったのかな…?
うーん、意外なところに盲点が。どうなんだろ。
しかしこの伏線もまだ完全に回収されてませんよね?
これ以外にも、亨のその後や、黒澤さんの行方が気になります。
亨があまりにも可哀想なので、どうにかして幸せになってもらいたい。
亨×昌史なんてどうでしょうか。
ヘタレワンコ×ツンデレニャンコ襲い受…。
あ、結構美味しいそう!

このシリーズ、夜光花先生のカラーがすごく出ていて面白いです。
大好きです。
竹書房さん、続編よろしくお願いします!

創刊3周年記念BOOK ラヴァーズコレクション ラブ・コレ創刊3周年記念BOOK ラヴァーズコレクション ラブ・コレ
ふゆの 仁子 高月 まつり 夜光 花

by G-Tools


■シリーズ
スピンオフ含めてひとつの話になっています。順番にどうぞ。
「凍る月~漆黒の情人~」(梁井×光陽)
「凍る月~紅の契り~」(梁井×光陽)
「凍る月~灰色の衝動~」(梁井×光陽)
「花の残像」(須王×巴)
「花の慟哭」(須王×巴)
「銀月夜」(佐倉×銀)
「凍る月~七色の攻防~」(梁井×光陽)
「凍る月~瑠璃色の夜明け~」(梁井×光陽、須王×巴)
関連記事
2007.11.28 01:30 | 夜光花 | trackback(2) | comment(6)
            

にゃんこさん、こんばんは!

まさか前作より、光陽の天然っぷりが炸裂するとは思いませんでした(笑)
梁井としては複雑な方向で強くなっていますよね…。好きになった方が負けなのかも。

お○っこ…私もあっちを期待したのですが、そっちに行ったかと。
梁井さんにはまた別の機会に、あっちをやらせてほしいものです。

もっと続き読みたいですよね。
書ける限り、夜光さんには書いて欲しいと思いました。

それではまた~。

2007.11.28 21:09 URL | 霖雨 #.zLyGMJk [ 編集 ]

霖雨さん、こんにちは~

光陽は相変わらずの天然っぷりで、梁井をはじめ周りの人達を振り回してましたね(笑)
なんだかんだんで巻き込まれている黒澤が可愛くなってきましたw

>お○っこ…
霖雨さんも期待しましたか!
私だけじゃなくて良かった(^_^;)
そっちもいいけどあっちもいいですよね~。ムフフ。
精神的にはまだまだお子様ですが、肉体的にはかなり開発されちゃってる光陽がエロくてよいですねw

続き、是非書いて欲しいです!
スピンオフでもいいと思うので、この先も読みたいですね。
TB&コメントありがとうございました。
レス遅くなってしまってすみませんm(_ _)m
ではまた~

2007.11.30 10:08 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん こんにちは!

なんだかこちらにお邪魔するのはえらくお久しぶりな気が・・・。
待ちに待ってた夜光さんの獣本、楽しかったです~!
光陽のあまりの天然ぶりに高速回転で振り回されるケモノたちが気の毒でなりませんでしたが(笑)
じつは一巻のあの調子ではちゃんと恋の自覚が訪れるのかと少々不安だったのですが、杞憂でしたね♪
前回キモイ人だった黒澤も案外おもろいにーさんだとわかって嬉しいです♪
ホント、まだまだ出せるなら続けてほしいですよね!

TBいただいていきますのでよろしくお願いします♪

2007.11.30 14:47 URL | ゆちゅらぶ♪ #- [ 編集 ]

ゆちゅ♪さん、こんにちは!

レス遅くなってすみませんっi-201

前回にも増して、光陽が周りを振り回していますね(笑)
恋を自覚したとはいえ、その反応がちょっとずれてるので、梁井は大変だなぁと同情してしまいましたよw
黒澤も大変だ~。

伏線がまだまだ消化しきれていなくて気になるので、続編を商業誌でも同人でもいいので読みたいです!

TB&コメント、ありがとうございました。
それではまた~

2007.12.03 11:27 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん、こんばんは!。

コメントへのお返事ありがとうございます!。

さてさて、私は連休を腐読書に費やしている幸せものです。

夜光花先生は大好きなんですが何となくこの「凍る月」シリーズは一作目は読んでいたのですが次を読む気分になれないでいたのです。
でもにゃんこさんの「天然無自覚誘い受」とのコメントに惹かれ読みました!。

読んだら「何ですぐに読まなかったのか…」とちょっと反省。やっぱり夜光花先生はお話がちゃんと面白いですね!。もちろん愛ある場面もステキでしたが…。

黒澤さんがなんだかイイ感じのキャラ…というのか位置どころになってて、次が気になります。黒澤さんにはぜひこのまま光陽には報われない援助をするハメになる人になって頂きたいと思いました(笑)。

長くなってしまってすみません。
また面白くて楽しい書評を書いてくださいね!。楽しみにしてます。

2008.05.06 22:01 URL | 雪兎 #- [ 編集 ]

雪兎さん、こんばんは!

このシリーズは勢いがあって好きです。
夜光花先生自身、すごく楽しんで書いているんだろうなぁというのが伝わってきます。

黒澤さん、気になりますね!
悪役の立ち位置なのに、意外と人が好い(笑)
続きが読みたいです~。

コメントありがとうございましたm(_ _)m
ではまた!

2008.05.07 00:19 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/488-67527ab8

凍る月 紅の契り
幼なじみの亨が失踪して数カ月…。鳳光陽は、気がかりな思いを隠しきれずにいた。そんな風に亨を心配する光陽を、同居している梁井は面白く思っていない。梁井と光陽は、ある「契約」を結んでいた。その「契約」は、光陽が死なないために必要で、光陽が梁井に身体を与える...

2007.11.28 21:01 | 霖雨の彼方

小悪魔来たりてボケたおす
凍る月 紅の契り (ラヴァーズ文庫 (LL-50)) 夜光 花 悪魔だ…。 悪魔が来たりてボケをかましている…!!(≧д≦) いや、悪魔といっても無自覚天然脱力系(?)受です。 小悪魔ですにょ。 縄張り意識バリバリのオスの本能さえ強制的に萎えさせる、ある意?...

2007.11.30 14:48 | 水中雑草園

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |