にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

ありえない二人 :山田ユギ

4812467705ありえない二人 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
山田 ユギ
竹書房 2007-11-07

by G-Tools

リブレの新装版の方は迷ったあげく買ってません…。
一緒に読んだ方が楽しめたなぁ…。うーむ。
なにはともあれ、ユギ先生は安心して読めます。面白かった!
【ありえない二人/山田ユギ/バンブーコミックス(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
『ありえない二人』
一目惚れした鞄は鈴木宏海という男の父親の作品で、一点物だから譲れないと言われてしまった章人。
諦めきれない章人は、宏海の工房に通い詰めるが…。

章人が宏海に興味を示す理由は、鞄だけじゃなくて、実は宏海が自分の父親の息子だから。
と言っても離婚した父親の再婚相手の連れ子なので血は繋がってませんが。
密かに憧れていた父親の仕事を継いでいるからという理由で肩入れしていた章人ですが、次第に宏海に惹かれていて…。
うーん、章人が宏海の気持ちに答える辺りがどうもあっさりしすぎなのが不完全燃焼なのですが…。
ユギさんだから面白くて当然という気持ちがあるからかもしれない。

『死ぬまえにやっておきたいこと』
大学時代の恋人で、2年前まで一緒に暮らしていた隆生と再会した義彦。
男の影をちらつかせながら突然部屋を出て行った隆生を、義彦はまだ許せないでいたのだが…。

「もし明日死んじゃうとしたらどうする?」
この台詞がすごく効いてます。
引き留めてキスするシーンが好きだ…!!
憎みたいけど憎みきれない葛藤が好きだ。
予想以上に胸が痛いお話でした。

『ああ爆弾 Part1-5』
高橋延之(25歳・スポーツジムのインストラクター)×星野草一(30歳・バーのマスター)
草一に一目惚れし、バーに通い始めた延之だが…。

時系列的に言うとPart1は一番最後です。
Part1:付き合い始めて1年。同棲→痴話喧嘩→再確認。
Part2:一目惚れから付き合い始めるまで。
Part3:妄想(爆)
Part4:初エッチ。
Part5:バー常連でマスターを狙っている林視点の番外。
年下のヘタレワンコ攻に、クール(というか無関心?)な美人受。
しっかりしていそうな草一が予想外にだらしなかったり、不器用だったりするのが可愛いです。
全体通して面白いんですが、私はPart3がお気に入りです。
「…妄想かよオイ!」と何度突っ込んだことか(笑)
まんまと乗せられてしまいましたヨ。
あ、もちろん林さんも忘れてないですよw
最後のシーンの奥さんとの会話がツボに入った(笑)
頑張って通い続けてください…。

『檻』
高校時代の同級生・柴田春樹の弟だと名乗る男に突然拉致、監禁されてしまった前崎雅広。
兄の遺書に自分の名前があったという理由で、雅広は男に陵辱されるが…。

ユギ先生にしては珍しく、最初から最後までシリアスです。
高校時代に自分が発した一言から起こった事態に雅広は戸惑いますが、その頃の自分の気持ち、その言葉の裏にあったものを思い出していく。
そして導き出された答えは…という話ですが、ネタバレは控えます。
最初読んだときは雰囲気に違和感を覚えたんですが、読み返す内にジワジワ好きになりました。
それにしても…裸体にシャツ一枚というのはエロスだな。
絡み以外の場面でその格好されるとドキドキしちゃいます。
全裸より断然萌える。

--
バンブーコミックスですが、麗人に掲載されたのは表題作だけなのですね。
他はシャレードが初出です。
でもユギ先生は割とどこで描いてもカラーが変わらないので、私は全然気が付かずに読んでましたけど。
それより、時間の経過の方が目に付いたかな…。
どれもユギ先生らしい画なんですが、こうして並べてみると結構違うなぁと思いました。
今の方が画がスッキリしていて、顔も美形になってる!

リブレから出た新装版の2冊と合わせて書き下ろし企画があります。
が、私は買ってないのです…。
迷っている内に店頭から消えていた…。
一応コレ一冊でもストーリーは成りっていますが、3冊揃うとより一層楽しめるようですよ!
水野さん…受なのね(笑)
カバー下もお忘れ無くどうぞ~。
関連記事
2007.11.17 00:42 | 山田ユギ | trackback(1) | comment(2)
            

にゃんこさん、こんばんは!

表題作は割りとあっさりと終わっているのが、ちょっと残念です。寡黙な攻が好きなので、ラブラブな2人をもうちょっと見たかったんですが…。
でもこの2人、ラストでは、恋人を通り越してすでに夫婦の雰囲気になっているような。

『ああ爆弾』では、年上受の草一がツボでした。何でこんな男が好きなんだろうと、時々自問自答していそうです。

新装版は数も少ないのか、すぐに店頭から消えてしまいますよね…。少ないページ数ながら、描き下ろしがとても良かったので、機会がありましたらぜひ読んでみて下さい♪

TBいただきますねー!

2007.11.18 21:18 URL | 霖雨 #.zLyGMJk [ 編集 ]

霖雨さん、こんにちは!

レス遅くなってしまいすみませんっ。

表題作は私ももう少しラブッとした場面が見たかったなぁと思いました。
夫婦…(笑)確かにそんな雰囲気ありますねw

>何でこんな男が好きなんだろうと、時々自問自答していそうです。
想像できますその姿(笑)
Part1のようになんだかんだ喧嘩しつつも、仲良くやっているんだろうなぁと、微笑ましいですね。

新装版、書き下ろしが気になるので買おうと思います!
TBありがとうございました~
ではでは。

2007.11.20 11:30 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/484-1e80b209

ありえない二人
一点もののカバンが縁で知り合った鞄職人の鈴木とWebデザイナーの北原。正反対の性格の二人だったが意外にもウマが合い、鈴木の工房に二人でいるのが日常となっていた。互いが互いを意識し始めた時、二人の間に存在する思いがけない事実が明らかに!? 見えない振りをしてい

2007.11.18 21:08 | 霖雨の彼方

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |