にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

素直じゃねぇな :英田サキ

4862632637素直じゃねぇな (B-BOY SLASH NOVELS)
英田 サキ
リブレ出版 2007-10

by G-Tools

英田先生にしては珍しく、表紙が羞恥プレイですね…。
裏表紙も…あわわわ。
スラッシュ仕様になってます。
【素直じゃねえな/英田サキ/桜城やや/SLASHノベルズ(2007年)】

オススメ:  楽しかったけど…

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
一週間前に恋人と別れ傷心の佐々野真路(20歳・受)は、行きつけのゲイバーで出会った男に惹かれ、初めて行きずりの関係を持ってしまった。
しかし、名前も告げず、一晩限りの関係だと思っていた男は、実は隣の部屋に住む九門(34歳・攻)だった…!
以前「うるさい」と怒鳴り込まれて以来、真路は九門を苦手にしていたのだが、九門は真路を知っていて関係を持ったのだと言う。
強引に迫る九門に戸惑う真路だが、九門に惹かれているのも事実。
どんどん九門を好きになっていくが、九門に好きな相手がいることを知っている真路は素直になれなくて…。

思った以上に年の差があって驚きました。
九門が34歳はともかくとして、真路20歳ですよ。若いなー…。
真路は九門と一夜限りの関係を持ちますが、基本的に身持ちは硬くて真面目な男の子です。
でも男運はなくて、付き合っていた柿井はかなりのダメ男。
自分勝手で暴力をふるう柿井に呆れながらも、自分だけが理解してあげられると思うと別れられない。
そんな柿井の浮気現場を目的してしまった真路は、ようやく柿井に見切りをつけることができたのでした。
とは言え、この柿井との一件は、真路自身も認めているように柿井だけが問題だった訳じゃなく、真路自身にも問題はあるわけですが。
兎にも角にも、落ち込んでいる真路の前に現れたのは落ち着いた大人の魅力溢れる男が九門で、そして九門は隣人だったのでした…。
バーでの九門と、その後の九門が別人のようです。
格好はともかく、態度の違いが酷すぎますよ…(笑)
化けの皮をはいだ九門は口が悪くて、ちょっとだらしなくて、手の早いエロオヤジ。
九門がそんな態度なので、真路も素直になれません。
それに加え、九門が「身近に気になる相手がいて、自分がゲイじゃないかと思い始めた」と最初の晩に発言しているので、真路は九門に好きな人がいて、恐らくそれは同僚の相羽だろうと思っています。
この状況で素直になれという方が無理な話…。
どんどん九門に惹かれていくのに、そんな気持ちとは裏腹に、九堂に反発してしまう自分に真路は悩むことになります。

そんな二人の状況と平行して登場する、若い男性を狙った連続暴行事件。
刑事である九門は、その捜査も兼ねて真路のいるバーを訪れてます。
その事件は難航し、ついに真路も巻き込まれますが、この事件を機に真路と九門は意地を張らず、素直な気持ちで向き合うことが出来るのでした。

コメディタッチですが、一応刑事ものですね。
事件が二人の恋愛と巧く絡んでいると思います。
でも思ったより、真路が事件で傷つけられていて驚いちゃいましたよ。
九門に助け出されたときは、結構痛々しい状況になってます。
割と軽いノリなのに、流血が生々しいですね。
(でもエロス…)

…正直、あまり内容について感想がなくて困ってます。
少し前に出た英田先生の作品(「すべてはこの夜に」)がガッツリシリアスで泣ける作品だったので、その反動が大きいですよ。
面白かったんですけど、真路は可愛いんですけど、九門のエロオヤジぶりも好きなんですけど…。
印象としては薄かったです。
エロも、スラッシュなので濃厚かと思ったらそうでもないですね。普通です。
スラッシュになった所以は…M字開脚ですか…?
この表現思わず萌えてしまいましたがw

主役より、相羽が気になって仕方がありません。
損な役回りなんですが、悪役になりきれない所が切ないですね。
あとがきで『「大人な策士・相羽×可愛い純朴くん・田丸」or「オドオドワンコ・田丸×タカビー女王様・相羽」どちらですか?』と英田先生が仰ってますが…。
相羽は九門を好きだったという事もあるし、私は受のイメージかな。
強気な襲い受って感じですか?
普段は強気だけど、実はドMなんていう設定も美味しいですね。
ただ、私ヘタレワンコ攻は得意じゃないので、田丸相手だと微妙な感じ…。
相羽には、是非レッドキャットでステキな相手を見つけて幸せになって欲しいです!

すみません。なんだか本編の感想が薄いですね…。
実は読み始めるまで不安だったんですが(レーベル的にとか…)、その予想以上には楽しく読めました。
でも可もなく不可もなくという印象が強いかな…。
えーと、相羽メインの番外編が読みたいです。(え?)
関連記事
2007.10.22 00:31 | 英田サキ | trackback(3) | comment(9)
            

にゃんこさん、こんばんはー。

英田さんのこういったタッチのお話は、『バカ犬』があまり好きではなかったため、今回はどうだろうと戦々恐々でしたが、面白くて安心しました。
でも確かに『すべてはこの夜に』の余韻を引きずると、このお話に入り込めませんよね…。

何だか表紙が羞恥プレイな本が増えている気がします…。
私はBL本を店頭で買うのは平気な方なんですが、こんなに肌色率が高いと、ただでさえBL本は店頭で買えないという方には、辛すぎるような。

TB送らせていただきますねー!

2007.10.22 23:01 URL | 霖雨 #.zLyGMJk [ 編集 ]

霖雨さん、こんばんは~

こ、今回はこちらから伺おうと思っていたんですが…すみません、行動が遅くて…。
いつもありがとうございます。

私も「バカ犬」に惹かれなかった人なので、同じように読む前は不安いっぱいでしたが、予想したような雰囲気ではなく、楽しく読めてホッとしました。

表紙は羞恥プレイでしたね…。
オビがないと厳しい仕様でした。オビももちろん羞恥プレイなんですが…。
せめて裏表紙くらいは大人しくして欲しいと、最近切に思います。

TBありがとうございました!
ではでは~

2007.10.22 23:59 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん、こんばんは♪

この作品、とても楽しく読めたのですが、どうしても軽い印象が強くて…。
『すべてはこの夜に』の前に出ていたら、素直に楽しかった♪と思えたのかなあ~なんて思ってしまいました…。

しかし、本当に表紙が羞恥プレイといいますか…。
私は、中身もとんでもないエロがあるのかと覚悟していたのですが、意外とたいしたことないというか…。
それとも、某S谷さんの作品とかで、エロに関して麻痺しているのかも…。
でも、SLASHで出す必要があったのかなあ…。BBNからだして、もう少し大人しい表紙にしてほしかったです…。

TBもよろしくお願いしますね♪
ではでは、お邪魔しました♪

2007.10.23 01:11 URL | はーこ #- [ 編集 ]

はーこさん、こんにちは!

>とても楽しく読めたのですが、どうしても軽い印象が強くて…。
同感です。
リブレだから仕方がないとも思いますが(え?)、英田さんの作品としては物足りなさを感じてしまいました。
もちろん楽しくは読めるのですが。
英田さんの作品に対してのハードルが最近高くなってます。

>某S谷さんの作品とかで、エロに関して麻痺しているのかも…。
それは否定できないかもです(笑)
確実に馴れました。

TB&コメントありがとうございましたw
それでは~

2007.10.23 18:04 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.10.24 18:16  | # [ 編集 ]

(コメントしましたけれども、ミスでSecretにチェックしちゃってもう一度コメントします。;;すみません。)

にゃんこさん!お久しぶりでございます。^^セナです。

今回の英田さんのラブコメを私は本当に待っていました。やっぱり面白かったんです。いつもセンスあり文章で、私は英田さんのヤクザとか刑事ものも好きですけど、こんな雰囲気の話の方がもっと好きです^^

でも相羽は可哀相でした。真路にひどいこと言った時にはびっくりしてカチンと来ましたが(私は彼が九門が好きとは想像もしてなかってので)、誰でも感情的になる時ってあるんですよね。すぐ後悔して誤って、男らしく退いてくれて...次の作で彼にもいい男ができたらいいですけどね。

にゃんこさんはお元気でいらっしゃいますか? 

私は中間テストが終わって、今日は一日家でゆっくりしています!今4-2学期ですから専攻とかプレッシャーですね。v-12
明日からはまた日本語勉強の日々ですけどね。早く卒業して来年日本に行く日を首を長くして待っています。(笑)

にゃんこさんは今頃はお仕事でしょうか。あ、日本はアフター5って言うから、今はもう!?(←以後になんて言ったら丁寧で礼儀ある表現なのかわからなくなって...実は韓国ってネットでちょっと親しくなったらもっと気楽な感じの敬語とか言い方をしたりするのですよね。たとえばちょっと親しくなったらみんな「セナお姉ちゃん~」とか呼んじゃうんです。(笑)そっちに慣れていまして、時々日本の御方のブログで私がもしかして礼儀を欠くコメントとかするんじゃないか心配になっています。もしそんなことがあったら教えてくださいね!^^;;)

P.S

にゃんこさんに質問があります。(涙)
私はこの頃ある実験をしています。自分が日本の本を読む時、一冊を読み終わるまで何時間かかるのかをいつも時間を計ってみています。

何冊してみたら、250~280Pを読み終わるのに平均3時間30分ぐらいかかるってわかりました。でも同じページの韓国の本なら平均1時間で読めます...(涙)(私は結構速読をする方です)

日本語が母国語の御方は大抵一冊の本を読み終わるまで、どれぐらい時間がかかるのでしょうか?にゃんこさんの場合はどうですか?教えてくだされば嬉しいです! 私はまだまだ日本語勉強が足りないんですよね。(しくしく)

いつも長くなってすみません。 

2007.10.24 18:19 URL | セナ #MgIxvhDQ [ 編集 ]

にゃんこさん こんにちは♪

>スラッシュになった所以は…M字開脚ですか…?

すみません、これ笑える(笑)
いやM字開脚エロいですよね~。

みなさんの感想読んで思うことはやはりみな同じだな~と痛感。
私も相羽のスピンオフはぜひ読んでみたいです。田丸以外の相手で!

しかしやはり読む順番てけっこう影響あるのかも。私にゃんこさんの感想聞いてクロスの方は後で読もうとまだ置いてありますよ(笑)
結果的に手元になかったのが幸いしたような…?

また後日TBに参りますのでよろしくお願いしますね♪

2007.10.25 13:31 URL | ゆちゅらぶ♪ #- [ 編集 ]

セナさん、お久しぶりです~

相羽は私も途中「嫌な奴だ」と思ったんですが、本当は結構いい奴でしたね。
悪人になりきれないところが可愛いです。
彼にも幸せになって欲しい!

勉強大変ですね~
でもセナさん十分日本語上手だと思いますよ!
外国語である日本語を喋れるだけでもすごいなぁと思いますが、日本語を読み書きできるまでになるのはもっと大変ですよね。
ブログでの言葉遣いはいろいろですが、私は直接会ったことのない相手だと、やっぱり丁寧な言葉遣いになってしまいます。
何度もやりとりしていればくだけた調子にもなったりしますが。
でも人それぞれですし、その場の雰囲気にもよりますね(その空気を読むのが難しかったりするんですが…)
私はセナさんの言葉遣いが変だとは全然思いませんよ! 大丈夫ですv
もっとくだけてもらっても気にしません。

>250~280Pを読み終わるのに平均3時間30分ぐらい
外国語の本をそのスピードで読めるってすごいですね…!! 驚きました!
私は速読できないし、自分で速いとは全然思いませんが、文庫だと2-3時間、新書だと3-4時間ってとこでしょうか。
計ったことはないのでアバウトです。内容にもよりますし。

セナさんの日本語力は十分すごいと思います!

2007.10.25 15:30 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

ゆちゅさん、こんにちは~

M字開脚の登場には驚きました(笑)
想像したらエロいですね…w

クロス後回しは正解ですよ~。
心落ち着けて、世界に浸ってくださいませ。
泣いてもいいよう、準備してください。
…って、こうやって期待しすぎるとダメかもしれませんね…。

ではでは!

2007.10.25 15:37 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/473-876e7d48

素直じゃねぇな
恋人と別れたばかりの真路は、その手のバーで知り合ったセクシーで魅力的な男と寝てしまう。そんなことしたことなかったのに、彼にだけ惹かれた。甘く情熱的なキスに翻弄され、優しく奥を開かれる。今まで味わったことのないような深い快楽を与えてくれる彼に、夢中になって

2007.10.22 22:56 | 霖雨の彼方

「素直じゃねぇな」著者:英田サキ イラスト:桜城やや
え~、今月2冊目の英田さんの御本です。カバーイラストとあらすじを初めて見た時から、この言葉を感想の際に云うのでは?と思っていましたが、アタリでした…。「リブレだからね…」まあ、このセリフで、どういう内容か分かる方は分かるのでは…。素直じゃねぇな (B-BOY SLA

2007.10.23 01:02 | こんな本よみました…

恋する馬鹿野郎ども♪
素直じゃねぇな (B-BOY SLASH NOVELS)英田 サキ英田さんの一番お好きなテーマは『恋をすれば、みんな馬鹿』なんですって。あぁ…なんかものすごく腑に落ちたって感じですよ。ヤクザだの刑事だのハードボイルドな設定がお得意の英田さんなのにあまり殺伐とした印象を受けない

2007.10.26 14:55 | 水中雑草園

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。