にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

無罪世界 :木原音瀬

4862632459無罪世界 (B-BOY NOVELS)
木原 音瀬
リブレ出版 2007-09

by G-Tools

こ、これはBLですか…?
人間愛? …人類愛?
【無罪世界/木原音瀬/よしながふみ/BBN(2007年)】

オススメ:  面白いかどうかと聞かれると…

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
山村仁史(28歳・攻)は、詐欺まがいの手口で浄水器を売る会社の営業マン。
まっとうな仕事に就かず、パチンコや競馬で散財し、消費者金融のお世話になる。
そんな生活を送っていた山村に突然転がり込んできたのは、顔も知らない伯父の遺産相続だった。
しかし、その遺産を相続するには伯父の息子・榊宏国(22歳・受)の世話をするという条件が付いていた。
金欲しさに、山村は宏国を引き取ることにするのだが…。

引き取ることになった宏国ですが、流石木原先生、設定が半端無くぶっとんでます。
2歳の時にブラジルの奥地で攫われ、20歳まで原始インディオに育てられた邦宏は、日本で日常生活を送る能力が全くありません。
貨幣経済がなく、奥地で自給自足の生活を送っていたので、言葉どころか価値観や常識といった部分から宏国とは違う。
インディオの言葉を日本語に変換すべもなく、山村と宏国はコミュニケーションを取ることすら出来ません。
いざとなったら放り出せばいいと思っていた山村ですが、あまりの状況に次第に苛つき始めます。
でも、暴れ出した宏国に容赦ない暴力を受けてからは、もう強気に出ることも出来なくなってしまった。
そんな生活を送っていた二人ですが、インディオの知識があり世話好きの医者・落合に出会ったことで少しずつ関係が変わっていくことに。
さらに元々ゲイで宏国に欲情していた山村は、ついに宏国と関係を持ってしまい…。

序盤、山村はだらしなくて性格の悪い人物として描かれていますが、途中からはもうその性格の悪さを出せないくらいに宏国に振り回されています。
これでもかって言うくらいに。
この手加減のなさが流石木原先生ですねぇ。
今回の宏国の問題児っぷりはすごいですよ。
いくら遺産が手に入るといっても、私だったら引き受けません…。

そんな二人ですが、やることはやってます。
宏国は自然児なので性欲を抑えようとかいう考えは全くないんでしょうね。
山村とは気持ちいいからやる。
そんなシンプルな思考なんですよ、宏国にとっては。
でも山村は、宏国と関係を持ってから気持ちが変化してその温かさに依存するようになり、宏国を手放せなくなってしまいます。
それは山村が抱えてきた傷が原因でもありますが、宏国が垣間見せる自分への優しさを感じるようになったから。
そうして次第に心が通じ合うようになってきた二人ですが、ある日事件が起こり、二人の生活は終わりを迎えることになります。
最終的にはハッピーエンド。
ですが、宏国にとってそれが恋愛なのかはよく分からないですね。
そもそもそういう概念がないので、例えそうであっても宏国が認識することはありません。
でもまあ、そういった概念などといった部分が宏国の歳になってからそう簡単に変わるとは思わないので、「山村を気に入っている」という事実があればいいんでしょう。きっと。

とにもかくにも、山村に一緒に生きていく相手が見つかってよかった。
それが一番の感想です。
大人の都合だったとはいえ、怠惰な生活を送っていた山村は結果的にそのつけを払うことになります。
その場面はなかなかシビアですね。
必死な山村の言いたいことも分かりますが、弁護士の有沢の意見が世間一般の捉え方なんですよ。
木原作品には性格の悪い主人公が度々登場しますが、結果的にその行いは精算され、痛い目を見ることが多いですね。
プラスマイナスゼロかどうかは様々ですが、私はそんなところが木原先生らしくていいなぁと思います。

書けば書くほどボーイズラブとは遠いところに行き着いてしまいますよ…。
萌えは…ないですね。
読んで「楽しい♪」という作品でもないですし。
とにかく奇抜。
隅から隅まで木原先生らしい作品であることは間違いない!
関連記事
2007.09.28 00:39 | 木原音瀬 | trackback(1) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/459-6f561384

無罪世界
T女史は木原音瀬先生が大好きだそうで、以前貸してくださった「こどもの瞳」に賛同できなかった私めに「リベンジよっ」と持ってきてくれたのがこちら。 無罪世界 (B-BOY NOVELS)(2007/...

2007.11.23 13:46 | 腐女子の *MEMO to memo

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |