にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

SASRA (2) :Unit Vanilla

4862632068SASRA 2 (2) (B-BOY NOVELS)
Unit Vanilla
リブレ出版 2007-07

by G-Tools

うはぁ『第3回』に激萌え!
円陣先生のイラストもステキだ~。
1巻の感想はコチラ→「SASRA (1)」
【SASRA (2)/Unit Vanilla/円陣闇丸/BBN(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
引き続き、神の怒りによって輪廻転生を繰り返すことになった恋人達の物語です。

『第3回』
ゲルマン人部族の長である父に代わり、部族を率いてローマ人との戦いに赴いたアンドレアス。
しかしもとより劣勢に立たされていたゲルマン人たちはこの戦いに敗れ、アンドレアスもまた負傷し、捕虜となってしまった。
剣闘士として買われたアンドレアスは、部族に古くから受け継がれていたが先の戦闘で行方不明となっていたラピスラズリを持つ男・ルキウスに出会う。
美しく強いルキウスに興味を持つアンドレアス。
ルキウスは自分の置かれた立場に反抗するように、自ら身分を偽り、剣闘士としてアンドレアスと共に戦うようになるが…。

舞台はローマ。帝政ローマの最盛期、五賢帝時代の終わり頃(A.D.150~200くらい)。
無骨で男臭いアンドレアスと美しく強いルキウスの組み合わせに激萌えです。
ルキウスは美しい男なんですが、アンドレアスに負けない剣使いで、意志も強い。
私は精神的に男らしいけど好きな相手の前では弱い部分が出てしまう…という受が好きなので、ルキウスはかなり好み。
アンドレアスとルキウスの関係は、初めのうちは敵対してます。
でも共に戦ううちに同士となり、そして惹かれ合っていく。
その流れも男らしくてよいなぁと思います。
リーマンものに通じる感覚。
そして、円陣先生のイラストが麗しい~。
いやもうどれもステキなんですが、P107のルキウスが大好きです。
あとはアンドレアスの筋肉!! 
ふくらはぎや腹筋から腰にかけてのライン…!
萌えすぎて悶えます。
話もキャラもイラストも、激萌え!
大満足でした。

この話は和泉先生かなぁ。
絡みでのルキウスの態度的に。
「壊して」というセリフとか、そのMっぽいところに和泉先生のニオイを感じる…。

あれ? ティティいた…?

『第4回』
盗賊団の首領・レオンハルトは、ある日アルフォンスという男を捕らえた。
アルフォンスは次期皇帝とも言われるヴェルフェン家の次男であることから、レオンハルトたちは身代金を要求し、アルフォンスはしばらくの間監禁されることに。
しかし、レオンハルトはアルフォンスの美しさに目を奪われ、過酷な監禁生活と引き替えに自分の花嫁にならないかと持ちかけた。
意外にもその条件を受け入れたアルフォンスとの生活が始まるが…。

舞台はドイツ。神聖ローマ帝国、シュタウフェン朝時代(A.D.1200頃)
第3回とは打って変わって、少し軽いノリになってますね。
アルフォンスは至って真面目で冷静な男なんですが、レオンハルトはいつでも軽口をたたいているような男。
「花嫁」という提案も最初は冗談に近かったのですが、一緒に暮らすうちに本気になっていきます。
でもアルフォンスがレオンハルトの前に現れたのは、政治的な思惑があり…。
騎士とか出てくるので、稲荷家先生の「百日の薔薇」をつい連想してしまいました。
主従関係としては同じですね。
タキと同様、アルフォンスも凛とした美しい男でなかなかよいと思います。
が、私はどうもレオンハルトは苦手キャラだなぁ。
実力は充分あると思うんですが、どうも言動が軽すぎる…。
話としても、物足りなさを感じました。
尻つぼみな印象。

うーん、これはひちわ先生かなぁ。
この明るさが? 自信薄。

--
ようやく半分終わりました。
2冊並べると↓こんな感じ。綺麗~。
sasra1.jpgsasra1.jpg

転生するたびに悲恋を繰り返している二人。
読んでいる方としても、そろそろハッピーエンドに辿り着きたいところですが…試練はまだまだ続きます。

■シリーズ
「SASRA (1)」
「SASRA (2)」
「SASRA (3)」
「SASRA (4)」
関連記事
2007.08.28 00:42 | Unit Vanilla | trackback(1) | comment(2)
            

にゃんこさん、こんにちは!

いやあ、ローマ編は萌えましたね!私も「萌え!」と叫ぶ以外の感想を思い浮かべる事が出来ない位に萌えました。

>私は精神的に男らしいけど好きな相手の前では弱い部分が出てしまう…という受が好きなので、ルキウスはかなり好み。

私もルキウスのような受は好みです。全面的に女々しい受けよりは、男としての強さも持ち合わせている受が好きです。好きな相手の前でだけ弱さを見せるのって、とても繊細に感じられて良いですしね♪

そしてティティですが、68頁にチラっと登場していますよ。

ではでは、TBさせて下さいね!

2007.08.28 13:34 URL | ハスイ #MMIYU.WA [ 編集 ]

ハスイさん、こんにちは~

ローマ編悶えますね。
「萌え」の一言ですませるのはどうかと思ったんですが、「萌え」以外にこの気持ちを表現できませんでした(笑)
キャラだけじゃなく、話の展開などなどいたるところに「萌え」が散りばめられていて美味しかったです。

ティティ、いたんですね!
すっかり見落としていました…
ありがとうございます。

TB&コメント、ありがとうございました。
また3,4巻の方にもお邪魔させていただきますね!
ではでは~

2007.08.28 15:26 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/445-607d1033

SASRA 第2巻
【内容紹介】「おまえしか……私の魂の飢えをわかる人間はいない」遙かな過去の罪を背負い、転生を繰り返す恋人たち。生まれ変わった二人は、剣闘士とローマ軍指揮官として再会する。身分を超えて愛し合うよう

2007.08.28 13:14 | +synapse∞type-bee+

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |