にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

この世 異聞 其ノ弐 :鈴木ツタ

4862632416この世異聞 其ノ弐 (2) (ビーボーイコミックス)
鈴木 ツタ
リブレ出版 2007-08-10

by G-Tools

前巻ではちょっと物足りない読後感だったので、続きが出たのは嬉しいです。
でもまだセツと山根を味わい足りない印象…。
1巻の感想はコチラ→「この世 異聞」
【この世 異聞 其ノ弐/鈴木ツタ/BBC(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
山根の家は早死にの家系。
唯一の家族であった祖父も他界、そして、山根自身も病魔に冒されてしまう。
山根は祖父から聞いていた守り神を呼び出し、セツと名付けた。
セツは山根の病魔を喰ってくれるが、同時に山根の身体も要求する。
山根は次第にセツに惹かれてゆき、健康な身体を手に入れた後もセツと一緒に暮らすことになるが…。
という所までが1巻の内容です。

『この世 異聞 第三幕』
セツ(元の名は森羅)の過去編。
小次の家には、父・小太の昔馴染みだという森羅という男が居候していた。
そんなある日、突然姉と父が不治の病に倒れる。
心が弱っていた姉が偶然拾ってしまった呪いは小太にも降り掛かり、子孫まで続くかもしれないほどのものだという。
森羅は捕らえていた万象という獣を喰う事で人外の力を手に入れ、二人を助けると言うが…。

セツが祟られた山根家を助け続ける切っ掛けとなった事件の話です。
不思議な能力を持つ小太は幼い頃に森羅に助けられ、育てられたという過去があります。
お互いにどう思っていたのかはハッキリと書かれていませんが、森羅は小太の家族を救うために自分の人生を投げ出すくらいの気持ちを持っていて、小太の子孫を守っていくことになります。
森羅は生きる目的も欲しかったんでしょうね。

『この世 異聞 第四幕』
ここから現代に戻って、山根の病気が完治する前の話。
身体の関係を持つことに抵抗を感じている山根だが、どうしてもセツを拒めなくて…。

うーむ…。
この短編は別になくても良かったんじゃないかと思うんですが。
山根のこういった気持ちは前巻で既に分かっているので、ここはセツ視点で読みたかったです。

『この世 異聞 第五幕』
病気が完治した後も、山根の願いによって存在し続けるセツ。
でも、ハッキリと気持ちを通じ合わせていない二人は、互いに相手にとってこれでいいのかと自問する日々で…。

1巻の続きです。
自分が望んだという理由だけで傍に居続けるセツに、山根は嬉しい反面申し訳ないと思っている。
一方のセツは、自分が山根と一緒に居続けるということは一族の血が途絶えることになるので、自分が山根を求めて良いのか分からないでいる。
そんな二人が分かり合う話です。
1巻ではセツが山根に執着している理由が分かりづらく、それが物足りなさを感じた理由だったんですよねー。
セツは山根のことを身体以外の部分でもちゃんと好きなんだろうけど、その辺りが見えづらかった。
それがここでハッキリしてきたので、スッキリしました。
それにしても、セツの日常が意外にもほのぼのしていて良いですね(笑)
無関心なようでいて実は山根の過去を気にしていて、コッソリ幼い頃の写真をもらっていたり。
周りとも上手くやっているようだし、この二人はこれからも幸せに生きていけそうでよかったです!

『異視 見聞録』
森羅が幼い小太に出会い、窮地を救う話。
BL…ではないですね。
掲載も「ZERO」なので、ファンタジー色強いです。

--
1巻で物足りなさを感じていたので、続編が出て、モヤモヤしていた部分がそれなりに解決したのは嬉しいです。
でも、私はセツの過去よりも「第五幕」以降の二人が読みたかったなぁ。
セツ視点でもっと話が読みたかった!

「第三幕」と「異視 見聞録」は絡みもないし、恋愛要素もないですね。(小太や小次との関係は恋愛とまではいってない。ニアホモではあるだろうけど)
これはこれで面白いと思うし、ツタ先生が楽しんで描いている雰囲気も伝わってくるのですが、これと現代の山根の話が一緒になるとどうも違和感があります。
せめて「第三幕」を「異視 見聞録」の後に入れてもらえると、もっと分かりやすかったかも。
そもそも過去の話と現代の話はベクトルが違うような…?
どうせなら別の括りで一冊にした方がスッキリするんじゃないかなぁと思いました。
ムリしてBLにする必要はないので。

うーむ、話のスケールが結構大きいので、スッキリ終わらせるにはもう少し続きが欲しいところ。
あるのか? どうなんだ?
それとも中年オヤジ受を表に出しますか?

■シリーズ
「この世 異聞」 セツ×山根、鳩木×南浦
「この世 異聞 其ノ弐」 セツ×山根
「この世 異聞 其ノ参」 鳩木×南浦、紡×クラヨリ様
「この世 異聞 其ノ四」 紡×クラヨリ様
「この世 異聞 其ノ五」 紡×クラヨリ様
「この世 異聞 其ノ六、其ノ七」 紡×クラヨリ様

この世 異聞 (ビーボーイコミックス) この世 異聞 其ノ弐 (ビーボーイコミックス) この世 異聞 其ノ参 (ビーボーイコミックス)
この世 異聞 其ノ四 (ビーボーイコミックス) この世 異聞 其ノ五 (ビーボーイコミックス) この世 異聞 其ノ六 (ビーボーイコミックス)
この世 異聞 其ノ七 (ビーボーイコミックス)
関連記事
2007.08.20 01:00 | 鈴木ツタ | trackback(1) | comment(4)
            

こんばんは
館長編は今雑誌に掲載中という事ですが、出来たらあんまりエロくしてほしくないな~と思います。
オヤジ受け好きだけどなぜか彼はエロから遠いところにいてほしいと思う(笑)

>この短編は別になくても良かったんじゃないかと思うんですが。

私もにゃんこさんの言うように、この場面はいらなかったんじゃないかなと思いました、あれがあると現代と過去(と言うほど過去でもないけど)がごっちゃになってしまうんですよね~。
私なんか最初あれが病気完治前だと全然気付いてなくて、なんだ?昭はセツにいてほしいと願ったくせにまだまだ素直になりきれてないの?なんて思っていました、しかもその跡にまた現代に戻るので余計に判りにくいんだもん(^^;)

今回のお話は色々わかってよかった反面、過去と現代入り混じってちょっとごちゃっとしてしまった感じもしましたね。

セツは本当は昭を自分から解放してあげたかったようですがセツの気持ちはあまり詳しく書かれていないのでセツの気持ちにももう少し突っ込んでほしかったというのが本音でしょうか

TBさせていただきます
では~

2007.08.22 17:48 URL | Jura #l/VZmCVM [ 編集 ]

Juraさん、こんにちは!

>館長編
ついにそこに手を出しているのですね、ツタ先生!
冷静でSな年下男×ヘタレたオッサンという組み合わせは、いかにもツタ先生が好みそうな構図だなぁ…。
館長が苛められつつも喜んでいそうですね(笑)

>今回のお話は色々わかってよかった反面、過去と現代入り混じってちょっとごちゃっとしてしまった感じもしましたね。
そうなんですよねー。
そして、セツの過去とか分かった割に、セツの山根に対する気持ちは分かりにくいのでモヤモヤしてしまいました。

館長編がやっているということは、この二人の続きもまだありそうですね!

TB&コメントありがとうございました☆
それでは~

2007.08.23 11:53 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

吉本たいまつと申します。TB張らせていただきました。

私も過去編と現在編のギャップに「?」と思ったクチです。過去は過去、現在は現在で分けた方が分かりやすかったのではないかと思いますね。その方がセツと昭の関係がはっきりしたでしょうから。

ただ現在編で二人の関係は進展しているので、次に期待したいと思ってます。

後は館長でしょうかね。ああいうかわいいオヤジキャラは珍しいので、もっと描いて欲しいと思いますね。

2007.09.06 15:44 URL | 吉本たいまつ #- [ 編集 ]

吉本たいまつさん、こんにちは!

>セツと昭の関係
私は続編でこの辺りが読みたいなぁと思っていたのですが、過去編が絡んだことで曖昧なままになってしまい残念です。
過去編も面白いんですけど。

今雑誌の方では館長編らしいですね。
そちらも楽しみです!

コメントありがとうございました。
それではまた~

2007.09.07 16:02 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/441-55a0c0e7

この世異聞 其の弐 【鈴木ツタ】
ビーボーイコミックスから鈴木ツタさんの「この世 異聞 其の弐」です。私コレ最初のころ実はこの本のタイトルを「この世 異世界」だとなぜか思っていました…目悪いですごめんなさい。そういえばBL100冊に鈴木ツタ...

2007.08.22 17:46 | 詞の音

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |