にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

【TB企画】BL100冊 :企画モノ

BL×B.L様のTB企画に参加させていただきました!

どんな基準で選抜するか、かなり悩みましたよ…。
話の面白さや萌え、さらには衝撃度とか?(笑)
なかなか総ての要素は揃いません…。
結果的に「何かしら印象的な部分がある作品」となっていると思います!

BL×B.L.TB企画参加


著者 / タイトル(シリーズ) / 絵師 / レーベル(出版年)
シリーズや複数巻出ている作品の場合、タイトルや出版年は1巻の情報になっています。
また、リンク作もシリーズとして扱っています。
シリーズ物でもその作品のみが好きな場合、シリーズとして出していません。
リンク先は私の感想記事となっています。

■古典■(14作品)
すべてルビー文庫。この時期(15年くらい前)読んだ本は今でも忘れられません。私の中で別格なので、枠を別にしてみました。

秋月こお / 寒冷前線コンダクター(富士見シリーズ) / 西炯子 / ルビー文庫(1994年)
 でも実は私は第一部しか読んでなかったりする…。
川原つばさ / ゴールデン・ルール(全4巻)/ 犬養陵一朗 / ルビー文庫(1993年)
 WGPが舞台という所にも惹かれました。
栗本薫 / 終わりのないラブソング(全8巻)/ 吉田秋生 / ルビー文庫(1991年)
 栗本先生は…重いです。
剛しいら / 帰宅 / 茶屋町勝呂 / ルビー文庫(1997年)
 今既刊本どのくらいあるんでしょうね…。そんな剛先生のデビュー作。
ごとうしのぶ / そして春風にささやいて(タクミくんシリーズ) / おおや和美 / ルビー文庫(1992年)
 私が腐女子になった切っ掛け。映画化ですか…。
野村史子 / レザナンス・コレクション-共・鳴・関・係- / 麻々原絵里依 / ルビー文庫(1990年)
野村史子 / テイク・ラブ / 麻々原絵里依 / ルビー文庫(1991年)
 JUNEの名作。号泣です。
松岡なつき / 暁の瞳(ランウェイボーイズシリーズ) / 鳥羽笙子 / ルビー文庫(1995年)
 JUNEからBLに移っていくのが垣間見える気がする。
三田菱子 / M この夜で一番最後の夜 / いのまたむつみ / ルビー文庫(1990年)
三田菱子 / 鼓ヶ淵 / いのまたむつみ / ルビー文庫(1990年)
 これまたJUNEの名作。いのまた先生の挿絵もステキ。これはもう文学だなぁ。
森内景生 / 夜の館 / いのまたむつみ / ルビー文庫(1994年)
 和風ホラーに萌えた。
山藍紫姫子 / THE DARK BLUE / 舞方ミラ / ルビー文庫(1995年)
 当時は濃くて驚いたんですが、今では…。
吉原理恵子 / 幼馴染み / 東城和実 / ルビー文庫(1993年)
 男らしい受に当時かなり驚いた。
吉原理恵子 / 影の館 / 小菅久実 / ルビー文庫(1994年)
 本は薄いのに内容は濃い。初出はこれよりかなり前です。

■NOVELS■(49作品)
英田サキ / エス(エスシリーズ) / 奈良千春 / SHY NOVELS(2005年)
 英田先生といえばこのシリーズ。
英田サキ / さよならを言う気はない / 北畠あけ乃 / SHY NOVELS(2006年)
 ドラマCDと併せ、萌え爆発。
暁由宇 / 快楽の支配者(シリーズ) / 九条えみり / アイノベルズ(2001年)
 SM考。
秋月こお / 王朝春宵ロマンセ(王朝ロマンセシリーズ) / 唯月一 / キャラ文庫(2002年)
 秋月先生の勉強量がすごいと思う。
和泉桂 / この罪深き夜に(清澗寺家シリーズ) / 円陣闇丸 / リンクスロマンス(2003年)
 総ホモ、総受家族。次男が好きです。
榎田尤利 / 夏の塩(魚住くんシリーズ) / 茶屋町勝呂 / クリスタル文庫(2000年)
 名作。
榎田尤利 / 明日が世界の終わりでも / 茶屋町勝呂 / クロスノベルズ(2003年)
 シリアスな榎田作品が好き。
榎田尤利 / 普通の男(シリーズ) / 宮本佳野 / クリスタル文庫(2003年)
 この地味さがステキ。
榎田尤利 / 犬ほど素敵な商売はない / 志水ゆき / SHY NOVELS(2006年)
 榎田先生、何書かせても巧い。
榎田尤利 / きみがいなけりゃ息もできない(新装版) / 円陣闇丸 / BBN(2006年)
 こんな汚いキャラも可愛く思えてしまう…。
かわい有美子 / 上海金魚(シリーズ) / 花本安嗣 / クロスノベルズ(2003年)
 リンク作の「透過性恋愛装置」の方が好きです。
綺月陣 / 獣-ケダモノ-(獣シリーズ) / 青海信濃 / ピアスノベルズ(2001年)
 破壊力抜群。グロいのに笑えるって…?
仔犬養ジン / 裏切りの夜 / 小山宗祐 / ゲンキノベルズ(2007年)
 こんな雰囲気は珍しい。
剛しいら / 座布団(シリーズ) / 山田ユギ / クリスタル文庫(2000年)
 なかなか手に入りませんが…。ユギ先生の美人受を堪能できます。
木原音瀬 / 箱の中(箱シリーズ) / 草間さかえ / ホリーノベルズ(2006年)
 誰もが認める2006年のベストヒット。
木原音瀬 / 牛泥棒 / 依田沙江美 / ホリーノベルズ(2007年)
 痛くない木原作品。そして褌萌え(笑)
崎谷はるひ / しなやかな熱情(シリーズ) / 蓮川愛 / ルチル文庫(2006年)
 崎谷先生の濃さを存分に堪能できるシリーズですね。
佐倉朱里 / 月と茉莉花(シリーズ) / 雪舟薫 / リンクスロマンス(2003年)
 個人的にはそこまで萌えないけれど一応。
沙野風結子 / 花陰の囚人たち / 小路龍流 / アイノベルズ(2006年)
 まな板プレイに萌え。
沙野風結子 / 蛇淫の血 / 奈良千春 / ラピス文庫(2006年)
 強制○泄プレイに萌え。
砂原糖子 / センチメンタル・セクスアリス / ヤマダサクラコ / ルチル文庫(2006年)
 ツンデレ万歳!
砂原糖子 / 恋雪 / 木下けい子 / SHY NOVELS(2007年)
 大人になるって…切ない。
秀香穂里 / くちびるに銀の弾丸(シリーズ) / 祭河ななを / キャラ文庫(2003年)
 働く男たちはステキです。すうつ!
橘紅緒 / 私立櫻丘学園高等寮(シリーズ) / 北畠あけ乃 / SHY NOVELS(2006年)
 文章の透明感が好き。そして時として鋭く胸に刺さります…。
橘紅緒 / ラブシック / 笹上 / ホワイトハート(2006年)
 挿絵も雰囲気もかなり好き…!!
玉木ゆら / 元彼カレ / やしきゆかり / ディアプラス文庫(2007年)
 萌える3Pってなかなか出会えないけれど、これは激萌え。
遠野春日 / ひそやかな情熱(情熱シリーズ) / 円陣闇丸 / ゲンキノベルズ(2001年)
 脇含めたキャラが皆ステキ。リンク作の「艶悪」に激萌え。
バーバラ片桐 / 絶対者に囚われて / 海老原由里 / アルルノベルズ(2006年)
 鬼畜万歳!!
バーバラ片桐 / 軍服の劣情に堕ちて / 朝南かつみ / アルルノベルズ(2007年)
 制服って美味しいなぁ。
鳩村衣杏 / ドアをノックするのは誰? / 佐々木久美子 / シャレード文庫(2007年)
 天然ボケ受って無敵。
火崎勇 / 五つの音 / よしながふみ / SHY NOVELS(2004年)
 火崎先生は基本的に説教クサイんだけど、それがツボに嵌ると激痛なんですよ…。
火崎勇 / 嘘ツキの恋 / よしながふみ / アクアノベルズ(2005年)
 その視点が痛い。
菱沢九月 / 小説家は懺悔する(シリーズ) / 高久尚子 / キャラ文庫(2005年)
 菱沢先生は文章の温度が低くて好き。さらに萌えエロなとこがよい。
ひちわゆか / チョコレートのように / 金ひかる / BBN(2001年)
 甘~い。
ひちわゆか / プラクティス / 稲荷家房之介 / BBN(2004年)
 疲れたときには糖分摂取。
松岡なつき / WILD WIND / 雪舟薫 / キャラ文庫(2000年)
 外人攻は精力抜群。
松岡なつき / FLESH&BLOOD (1)-(10) / 雪舟薫 / キャラ文庫(2001年)
 BLとしてじゃなくても充分楽しめる。
水原とほる / 窓 / 奈良千春 / ピアスノベルズ(2004年)
 水原先生×奈良先生×ピアス…美味しい! SM好きだ~。
水原とほる / 夏陰-Cain-(シリーズ) / 高緒拾 / ピアスノベルズ(2003年)
 水原先生×高緒先生×ピアス…エロい! 暴力満載。でもこの痛さが癖になる。
夜光花 / 月を抱いた / 麻生海 / ラヴァーズ文庫(2004年)
 まさかまさかの展開で驚いた。
夜光花 / 不確かな抱擁 / 雪舟薫 / ラヴァーズ文庫(2005年)
 因習! エロいです。この暗さもステキ。
夜光花 / 君を殺した夜 / 小山田あみ / キャラ文庫(2006年)
 夜光花先生の作品の中では一番完成度が高かったと思う。
夜光花 / 凍る月~漆黒の情人~ / 高橋悠 / ラヴァーズ文庫(2007年)
 変化球~。だけどかなり面白い!
山藍紫姫子 / スタンレー・ホークの事件簿シリーズ (1)-(4) / 本仁戻 / 花音ノベルズ(1996年)
 耽美の巨匠・山藍先生の「BL作品」の中では一番バランスがよいと思う。
山藍紫姫子 / 花夜叉(シリーズ) / 水上有里 / 角川書店(1997年)
 伝統芸能の重さと山藍節が良い味出してる。耽美エロ。
山藍紫姫子 / 闇の継承・日影成璽シリーズ (1)-(3) / 矢萩貴子 / 白夜書房(1993年)
 日影はかなり好きキャラ。真性Mだなぁ。
吉田珠姫 / ピジョン・ブラッド / 門地かおり / シャレード文庫(2006年)
 ナニコノハカイリョク。
吉原理恵子 / 間の楔 / 道原かつみ / 光風社出版(1990年)
 あ、これは古典分類が正しかったかな…。説明するまでもなく名作です。
吉原理恵子 / 二重螺旋 (1)-(3) / 円陣闇丸 / キャラ文庫(2001年)
 このネットリ感がいいんだよね。尚人がかなり萌えキャラ。ドラマCDも美味しい。

■COMICS■(37作品)
basso / クマとインテリ / エッジコミックス(2005年)
 イタリアの紳士。ジェラート食べたい~。
稲荷屋房之介 / 百日の薔薇 (1)-(2) / アクアコミックス(2005年)
 話は難しいけど、とにかくタキがエロすぎる。
今市子 / あしながおじさん達の行方 (全2巻) / 花音コミックス(1999年)
今市子 / 楽園まであともうちょっと (全3巻) / 花音コミックス(2002年)
 今先生は安心して読めますね。
小笠原宇紀 / Nightmare Fortress / SBBC(2006年)
 濃いいなぁ(笑)
小野塚カホリ / 美少年 / ピアスコミックス(2005年)
小野塚カホリ / 美剣士 / ピアスコミックス(2007年)
 小野塚×団鬼六。JUNEだ。耽美だ。
鹿乃しうこ / 懺悔 / バンブーコミックス(1998年)
 暗い鹿乃作品もステキです。
鹿乃しうこ / Punch↑ / BBC(2006年)
 明るい鹿乃作品もエロくて良い。
室晶・高緒拾 / 秘密のくちづけ / ピアスコミックス(2005年)
 すんごいよ。
草間さかえ / 肉食獣のテーブルマナー / ドラコミックス(2007年)
草間さかえ / 災厄のてびき(新装版) / マーブルコミックス(2006年)
 草間先生はもうステキすぎて言葉にならないわ。巧い!!
紺野けい子 / 君の名はスター / ダリアコミックス(2004年)
 映画化される「愛の言霊」よりこちらの方が好き。
志水ゆき / 是 -ZE- (1)-(5) / Dear+コミックス(2005年)
 この絵柄でエロが濃いとマジでびびる。
志水ゆき / レシピ / SBBC(2004年)
 次はどこにピアッシングするんだろう…気になる。
鈴木ツタ / あかないとびら / バンブーコミックス(2007年)
 鬼畜万歳!
高永ひなこ / 恋する暴君 (1)-(3) / ガッシュコミックス(2005年)
 ツンデレ万歳!
トジツキハジメ / 前略 / ガッシュコミックス(2007年)
 味があるなぁ。
中村明日美子 / Jの総て (全3巻) / F×コミックス(2004年)
中村明日美子 / ばら色の頬のころ / F×コミックス(2007年)
 小野塚先生とは作風全然違うけど、同じくJUNEのニオイがします。
中村春菊 / 純情ロマンチカ (1)-(8) / アスカコミックス(2003年)
 エゴイストやテロリストの方が実は好き。
中村春菊 / Hybrid Child / SBBC(2005年)
 これは泣ける…。
新田祐克 / 春を抱いていた (1)-(12) / SBBC(1999年)
 OVAも濃かった~。
日高ショーコ / シグナル / 花音コミックス(2007年)
 絵が大好きだ!
びっけ / 真空融接(上下巻) / B's-LOVEYコミックス(2007年)
 ニアホモに近いね。キスだけでもドキドキした。
水城せとな / 窮鼠はチーズの夢を見る / Judyコミックス(2006年)
 爽やかにドロドロ。
宮本佳野 / RULES (全3巻、RULESシリーズ) / Charaコミックス(2007年)
 このシリーズは同人誌もあって、結構長いんだよねぇ…。
明治カナ子 / 三村家の息子(シリーズ) / ミリオンコミックス(2005年)
 明治先生はSMもいいけど、このシリーズも絶妙な暗さで好き。
本仁戻 / 飼育係・理イ火(シリーズ) / SBBC(1999年)
 このモヤモヤをどうしたらいいんですか、本仁先生…!
本仁戻 / 探偵青猫 (1)-(5) / 花音コミックス(1999年)
 シリアスな巻が好きだ。
やまがたさとみ / スリークオーター(シリーズ) / 花音コミックス(2001年)
 モノローグが巧くて泣ける。
ヤマシタトモコ / くいもの処 明楽 / マーブルコミックス(2007年)
 味があるよねぇ。
山田ユギ / ピクニック / 花音コミックス(2004年)
山田ユギ / 誰にも愛されない / BBC(2007年)
 ユギ先生のコミックスはどれを選んだらいいか悩みます。どれも好き。
大和名瀬 / ちんつぶ (1)-(2) / 実業之日本社(2003年)
 タイトルからして爆笑したヨ! いわぶちんこ…響きが可愛い。
依田沙江美 / 真夜中を駆けぬける(シリーズ) / シャレードコミックス(1999年)
 かなり好き。お願いだからそろそろ3巻を出してください!
依田沙江美 / かみなりソーダ / Dear+コミックス(2006年)
 依田先生はジワジワときます。

--
きっちり100作品あげてみました!
シリーズも沢山あるので、総数にしたらかなりありますねぇ。
まだまだ入れたい作品はあったんですが…。
100冊は結構難しかったです。

かなり自己満足の世界になってしまいましたが、お楽しみ頂けましたでしょうか…(^_^;)
ここまで読んでいただきありがとうございました!
関連記事
2007.08.09 00:42 | 企画モノ | trackback(2) | comment(6)
            

にゃんこさん、こんばんは!

にゃんこさんの選ばれた作品は、私は名前は知っていても、読んだことのないJUNE作品が多いので、参考にさせていただきますね♪
でも野村史子 さんの『テイク・ラブ』は、図書館にあった小説道場Ⅱ(なぜかⅢがありません)で読んだことがあります。男同士というより、人間同士の愛というか、何というか…重く切ない、今も色あせない名作だと思います。

そして全作品をにゃんこさんがレビューされていることも驚きでした。お疲れ様です…!

100冊というと多い印象があったんですが、意外とあれもこれも入れたくなって困りました。小説だけ100冊でもいけそうです。

TB送らせていただきますねv

2007.08.09 20:42 URL | 霖雨 #.zLyGMJk [ 編集 ]

霖雨さん、こんばんは!

昔の作品は今の雰囲気とは全然違うので、同じ括りにしてしまうのは躊躇われました。
個人的に思い入れもあるので!
機会があったら是非どうぞ~。

レビューは…流石に全部はできてないんですよー。
色が同じなので分かりにくいですが、実はリンクしていない作品がちらほらと…(^_^;)
好きすぎて感想書きづらい作品ってありますよね!

100冊選ぶのはなかなか大変ですね。
どれを削るかで悩みました。

TBありがとうございました!
ではでは~

2007.08.10 01:23 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

こんんばんは
やっぱり人のを見ると「あれもあったのに!!」って思うのありますね。
依田さんのも、ちんつぶも…

魚住くんシリーズはどこに入れたらいいか迷って結局入れなかったな~カテゴリー分けしないほうが良かったかもと後で思いました。

100冊って多いけどいざ選ぶとなると結構迷いますね。

では!

2007.08.19 23:41 URL | Jura #l/VZmCVM [ 編集 ]

Juraさん、こんにちは!

>やっぱり人のを見ると「あれもあったのに!!」って思うのありますね。
ありますあります!
どれを選んだらいいのか悩んだ作家さんも多かったですし(草間先生とか榎田先生とか…)、100冊選ぶのは結構大変ですね!

私も最初はカテゴリー分けをしようと思っていたんですが、何をどこへ入れればいいのかかなり悩んでしまったので、結局分けられませんでした…。
他の方のリストを見ると、分けた方が分かりやすいなぁと思いましたよ!

ではでは~

2007.08.20 14:49 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

再びこんにちは

>何をどこへ入れればいいのかかなり悩んでしまったので

そうそう、そうなんですよ、一旦選んでみてあとになって、うーんこれはこっちにも当てはまるかも…なんて考えるとだんだん面倒くさくなってしまったりして(笑)

依田さんの3巻はいつになったら出るんですかね~挿絵なんかの他の仕事に忙しくて自分の作品に手をつける時間があまり無いのかしら?
いつまでも待っていたいけど限度が(笑)早く出てほしいですね。

TBさせていただきました
では、また!!

2007.08.20 17:08 URL | Jura #l/VZmCVM [ 編集 ]

Juraさん、こんばんは~

依田先生…で、出るんですよね?
全サもあるので出ないなんてことはないでしょうけど。
今年中はムリかなぁ…。
もー、ここまできたらどこまでも待ちますよ!

TBありがとうございました(^^)

2007.08.22 01:23 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/437-0c3ead81

【TB企画】BL100冊
TB企画に挑戦してみました。悩みましたが、小説が64冊、漫画が36冊です。多分、後から「これを入れておけば良かった…!」と後悔するものと想像できますが、とりあえずこれで。

2007.08.09 20:27 | 霖雨の彼方

【TB企画】BL100冊
BLXB.L.の企画でBL100選BL商業誌を読み始めてまだまだ日の浅い(と思ってのは自分だけだったりして…)ので読んでいる絶対数がかなり少な事とか、シリーズモノもキャラが違うと雰囲気が違ってくるのに、シリーズと...

2007.08.20 17:08 | 詞の音

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |