にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

B000RG13G2ルボー・サウンドコレクション ドラマCD ロッセリーニ家の息子 略奪者
イメージ・アルバム
マリン・エンタテインメント 2007-07-25

by G-Tools

えー、原作に特別思い入れは無く…実はキャスト買いです。
小野さんに萌え殺されるとこでした…!
【ロッセリーニ家の息子 略奪者(ドラマCD)/原作:岩本薫/マリン・エンタテインメント(2007年)】

オススメ:  全体としては…

↓ネタバレあり、caution!!
古き良き任侠を重んじる家に生まれながらも、ある理由から跡を継がず平穏に暮らしていた瑛は、ある日、突然目の前に現れた男―マフィアのファミリーの首領であるレオナルド・ロッセリーニによって連れ去られてしまう。理由も教えられず、レオナルドにプライドを踏みにじられながら束縛されて…。しかしこのロッセリーニ家には、極道を嫌い自分を捨てて家を出て行った母との思わぬ繋がりがあると知り―!?岩本薫が贈る、極上ラブ・ロマンス。(原作あらすじより)

【CAST】
早瀬瑛:小野大輔
レオナルド・ロッセリーニ:森川智之
エドゥアール・ロッセリーニ:中村悠一
ルカ・エルネスト・ロッセリーニ:鈴木千尋

【あらすじ・感想など】
原作の感想を書いていないのであらすじをチラッと。

早瀬瑛(29歳・受)は早瀬組の組長の息子だが、父親が亡くなったのを機に相続を放棄し、普通の会社員として働いている。
だがある時、昔早瀬組に属していた音和会組長・柴田に脅され、囚われの身に。
瑛の身体を目的に養子縁組を迫る柴田。
周囲のためには自分が犠牲になるしかないと諦めていた瑛だが、そんな瑛の前にイタリアマフィアのボスであるレオナルド・ロッセリーニ(28歳・攻)が現れ、瑛はシチリア島へ。
柴田からは逃げ出せたものの、理由も分からないまま屋敷に囚われることになった瑛。
そんなレオナルドに怒りを覚えながらも、瑛は次第にレオナルドに惹かれていくが…。

かなり王道な展開です。
これが1400円の単行本というのはどうも納得いかない…。
普通に文庫…せめて新書くらいにして欲しいですよ…。
突っ込みどころが満載です。
柴田&マリオの悪役二人が酷いですね。
柴田、そんなに抜けててホントに組長やれてるのか?
そしてマリオ…。
そんな事したら、たとえ取引が成功したとしても組織に消されるんじゃないだろうか…?
まあね、この話のメインは恋愛ですからね、悪役の存在は大きくなくてもいいかもしれない。
でも、そこら辺がしっかりしていたら、もっと話に深みが出たんじゃないかと思いました。

原作を踏まえてドラマCDの感想を。
正直、個人的に話にはそこまで萌えなかったのですが、キャストに惹かれて購入しました。
何と言っても小野さん…!!
現在私の脳内では小野さん祭絶賛開催中なのです(*^_^*)
瑛は線が細そうだけど内面はしっかりしていて、小野さんの凛とした声が凄く合っていますね。
喘ぎ声に悶えました。
く~可愛い…!
甘い、甘すぎるよ小野さん!
うはぁぁ赤面しちゃうじゃないですか!
瑛に…というか小野ボイスに激萌え。
小野さんの絡みは何でこんなに萌えてしまうんだろうか…。
その声で「いっちゃう」とか言われると、もう私の頭煮えそうですよ…(すでに腐りきってるけど)。
そんな小野さんの甘い声も好きですが、必死に叫ぶ声もステキです。
レオ相手に激高する場面が好き。
第5章と第7章にあるんですが、一回目は今まで溜まっていた鬱憤を吐き出すように激しく、二回目は少し悲しさを含ませて激しく。
甘いんだけれど男らしさもしっかりある所がよいのです。

お相手は森川さんです。
このお二人は英田先生の「さよならを言う気はない」でも組んでいるんですが、そちらとは違い、森川さん今回はちゃんと二枚目の攻ですね(笑)
イタリア人…。
私はどうもクサいセリフを吐く外国人攻に苦手意識があるのですが、森川さんの声はねちっこくないので今回は大丈夫でした。
相変わらず良い声だわ。
好きです。

そして密かにエドゥアール役の中村さんに注目してました。
中村さん、最近気になってます。
シリーズがこのまま続けば中村さんメインもありそうですね。
メインで聴いてみたい!

原作と比較すると、ドラマCDは2枚組になっているといってもかなり内容は端折られていて、セリフや展開が少し違ってます。
原作はかなり冗長な印象があるので端折るのはいいと思うんですが、如何せんメリハリが足りないかなぁと感じました。
これは原作でも思ったんですが、瑛がレオに惹かれていく部分が分かりにくい…。
強引に犯されたのに、なんでそんなにあっさり許してるの…?
もう少しそこショックを受けてもいいんじゃないでしょうかー。
うーむ。
私の読解力不足?

キャストが良いだけに、話に萌えが少なかったのが残念です。
個人的には小野さん萌えで充分楽しませていただけたので満足ですが。
甘い喘ぎ声…。
思い出すだけでドキドキしますよ!
萌え死ぬかと思ったわ…。

小野さん、御馳走様でした~!
(視点がズレててすみません…)

ロッセリーニ家の息子 略奪者ロッセリーニ家の息子 略奪者
岩本 薫 蓮川 愛


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007.07.27 00:51 | 岩本薫 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/431-3dad1e91

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |