にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

月を抱いた :夜光花

481241623X月を抱いた (竹書房ラヴァーズ文庫)
麻生 海
竹書房 2004-05-22

by G-Tools

夜光花先生、初挑戦です。
書評サイトで評価がよかったので、購入してみました。
これがデビュー作ということだったので、あまり期待はしてなかったのですが、意外によかった!
絵も綺麗だし。
他の作品を読みたいなと思いました。
【月を抱いた/夜光花/麻生海/ラヴァーズ文庫(2004年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
あらすじ
恋人だった了のもとから逃げ出して四年―。直樹は住む所を転々とし、まるで逃亡者のような生活を送っていた。自分が幼い頃に犯してしまった罪を了にだけは知られたくない。ばれて軽蔑され、嫌われるのが怖い。そんな直樹の思いとは裏腹に残酷な運命は二人を再び引き合わせてしまう。四年前と少しも変わっていない了の甘く激しい求愛と、決して知られてはいけない罪の意識に、直樹は次第に追いつめられてゆく…。妖しく危ういセンシティブラブロマンス。


感想など
直樹(受)は、過去に犯してしまった罪の意識から、高校時代からの恋人・了(攻)から逃げ出し、ひっそりと暮らしていました。
しかし、4年後偶然再会し、過去から逃げ出すことが出来ない状況に陥ってしまいますが、どうしても了には打ち明けることは出来ない。
そんな直樹に対して、了はもどかしい気持ちがつのります。
(読者も相当もどかしい)
その秘密が隠された山が、開発のにより切り崩されることとなり、事態は一変。
直樹は追いつめられていきます。
結局、了に打ち明けることになり、誤解(?)も解け、無事二人は結ばれます。
この過去というのが、かなりこのお話の核心なので、ここでは伏せておきますが、
ここまでひっぱられて焦らされたのも納得な内容です。
そりゃ了から逃げるしかないわな…。
BLでよくありがちな、子供の頃悪戯されちゃったネタかと思ってた(毒されてるね、私)ので、意外な驚き。
いったいどうやってまとめるの?大丈夫?!と、ハラハラしちゃいました。
が、最後は、「えー、意外と簡単に落ち着いちゃうのね…」という感はありつつも、綺麗にまとまってます。

そして!なにより驚いたのが
絡みがエロいです!
エッチの内容は普通だけど、なんだか萌えます。
了、若いね~、絶倫。
やるな~、夜光花先生。

話もエッチも、文章うまくておもしろかった!
ホントにこれがデビュー作?もっとひどい作家さん、たくさんいますよ。
かなり期待できる作家さんで、満足です!
他の作品も読みたいです。

関連記事
2006.02.14 10:44 | 夜光花 | trackback(2) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/43-93cde89e

月を抱いた 夜光花
ストーリーも、麻生海先生の表紙も、本当によかった。月を抱いた夜光 花竹書房 (2004.6)ISBN : 481241623X価格 : 600【こんな話】直樹には、人に話したくない、話してはいけない過去

2006.02.14 21:56 | 小夜すがら 其ノ壱

エロが良ければ、すべてよし。
竹書房から新しい文庫レーベルが誕生したので、チェック、チェック♪「おしおきされちゃう」 森本あき男の真剣勝負!!罰ゲームには恥ずかしいおしおきが待っている。・・・・・あほほもの匂いがプンプンするので、パス1。「危険の報酬」 水月真兎真摯なあなたを欲しがる

2006.02.14 22:57 | ほもほも日記

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |