にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

烈火の契り :秀香穂里

4199004432烈火の契り (キャラ文庫 し 2-11)
秀香穂里
徳間書店 2007-06-23

by G-Tools

因習…なんて美味しい響き…!
イラストもステキでした。
【烈火の契り/秀香穂里/彩/Chara文庫(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
幼い頃一週間だけ訪れた父の故郷・神喜島。
そこで島の少年と共に過ごした日々は、今でも胸の中で輝いている。
18年後、不動産会社で働いていた大里斎(28歳・受)は、すでに住民は沖縄本島へ移住し無人島となっていた神喜島の開発調査のため、再び島を訪れることに。
そこにガイドとしてやってきたのは、18年前一緒に過ごした少年・高良光司(28歳・攻)だった。
亡くなった父親が抱えていた秘密。
共に調査を行っているチームの人間関係の悪化。
そして、高良の愛撫。
閉ざされた島で、次第に追い詰められていくが…。

開発チームのメンバーは5人。
斎と、最年長でチーム責任者の久野、開発の立案者で実質的に力を持っている曽根、曽根のライバル的存在・黒井、一番若い下っ端・小沢。
「開発予定地の視察」という目的でやってきた5人ですが、唯一開発に異を唱えている斎はもとより、他のメンバーの関係もよくありません。
傲慢で口の悪い曽根の態度は悪くなる一方で、雰囲気が徐々に重苦しくなった頃ある事件が発生し、メンバーの精神状態は崩壊寸前に…。
その一方で、神喜島の案内役としてやってきた高良は斎に秘密めいた言葉を囁きます。
自分の父親や島のこと、そして高良の秘密。
次第に斎は高良に惹かれていきます。

閉ざされた島で起こる「そして誰もいなくなった」的なミステリーに「神喜島の因習」という要素も加わって、ジメッとした雰囲気が漂ってます。
そんな中斎は高良に迫られていろんな事されちゃうんですが、そこにも秘密のニオイがして、エロティック。
ドキドキします。

以下、かなりネタバレです。

高良の秘密は「島の伝い手」だったこと。
島の秘密を伝えていく役割を担っていて、伝い手になると、その秘密を一人で抱えていかなければならず、女性とも交われません。
そして、高良は伝い手のサポートをする存在である「つがい」として斎を求めます。
幼い頃から惹かれあっていた二人は、18年後再び出会い、共に生きていくことを選択するのでした。

こうして書いてみると、思ったより話の大筋は簡単なんですねー。
「伝い手」については少し込み入った部分がありますけど。
ここに開発チームの事件とかが絡んできたことで緊張感が高まって、この因習をより美味しく感じられたんじゃないかなと思いました。
このジメジメした雰囲気がエロい!
斎が戸惑いながらも高良を拒めなかったり、さらには自分から求めてしまったり…。
そんな行動が読んでいて違和感なかったです。
素股でこんなに萌えたのは初めてかも(笑)

欲を言えば、「伝い手」の設定にもっと必然性が欲しかったかなぁ。
身体的特徴があるとか、血統とか、能力とか、何かしら条件があって高良が選ばれたと言われれば納得できるんですけど…。
何故高良だったのか、私にはよく分からなかったです。
高良の次に継ぐ人いるんだろうか?というのも気になる…。
なんだか微妙にモヤモヤが残るので、どうせならちゃんと神喜島が存続していた方がよかったんじゃないかなぁと思いました。
で、最後の儀式はちゃんと人前で行うとかどうですか?
…!
うはぁ。
妄想したらうっかり萌え死にそうだった…!(笑)

イラストがすごくよかったです。
表紙やカラー挿絵見た時点で心奪われました。
挿絵もこの作品の暗い雰囲気にすごく合っていて、萌え倍増!
今後も楽しみな絵師さんですね。

あ、そういえば事件について全然触れてませんでした。
事件は大事になっている割に、読み終わってみると存在感はそんなになかったような…。
でも、雰囲気を盛り上げるのには必要ですね。
閉ざされた島で起こる事件と、島の因習。
暗くてエロい雰囲気に萌えました!
関連記事
2007.07.13 12:02 | 秀香穂里 | trackback(3) | comment(4)
            

にゃんこさん、こんにちは!

>暗くてエロい雰囲気に萌えました!

そうですね~
じめっとした雰囲気が妙に良かったです。
伝い手についての必然性は確かにあまり感じられませんでしたね、病気になった斎のお父さんが次に伝える人にたまたま知ってた高良を選んだって感じ?
その辺りもう少し何か理由があると良かったですね。

事件についても犯人はわりと判りやすかったし…

でも全体的な雰囲気は私も好きです。
TBさせていただきました
では、また~

2007.07.13 15:25 URL | Jura #l/VZmCVM [ 編集 ]

Juraさん、こんにちは!

>伝い手についての必然性は確かにあまり感じられませんでしたね、
ですよねー。
次の伝い手に指名するということは、その相手の人生を左右してしまう事になるので、何かしら高良を指名する理由がないと可哀想な気がします…。
父親はその役割を息子にはさせないようにしたのかもしれないですが、結局「つがい」になったら同じですしー(^_^;)
そう感じたのは私だけではなかったのですね、ホッとしました。
何か大事なところを見逃したのではないかと、ちょっとドキドキしてました(笑)

余り深く考えてはいけませんね(笑)
雰囲気で萌えるというのは、それはそれで楽しいので、私は満足です。

TB&コメントありがとうございました!
ではでは~

2007.07.13 15:46 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん、こんばんは!

斎が伝い手のことを知らなかった&事件が起きてそっちが気になったせいか、伝い手に関しての説明がもうちょっと欲しかったですよね。
どうせなら数人神喜島の住人が残っていて、事件の容疑者になったり、儀式を見守ってもらえたり(笑)したら良かったかも…。

明るいエロもいいんですが、暗いエロというのもムードがあっていいですよね。隠微な雰囲気にドキドキしました。

TBさせていただきますね~♪

2007.07.13 21:19 URL | 霖雨 #.zLyGMJk [ 編集 ]

霖雨さん、こんばんは!

>斎が伝い手のことを知らなかった&事件が起きてそっちが気になったせいか、
そうなんですよね、そっちに気をとられてしまいますけど…。
ふと気が付くと、その辺りがスッキリしなくて気になりました。

>暗いエロというのもムードがあっていいですよね。
ムードに萌えますね。
そして、この雰囲気でまな板エッチしてくれたら…激萌えしそうです!

TB&コメントありがとうございました~
それではまた!

2007.07.14 02:49 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/424-9d2cf312

烈火の契り【 秀 香穂里 / illust 彩 】
キャラ文庫もう1冊目秀香穂里さんの「烈火の契り」です。何ですか?最近ミステリー流行りですか?今回の秀さんの作品はいつもの働く男のイメージとはすこ~し違うミステリアスな雰囲気のお話でした。そして…そこ...

2007.07.13 15:25 | 詞の音

烈火の契り
思い出が眠る島を守りたい!! リゾート開発の視察で、離島を訪れた斎たち不動産会社の一行。案内人は褐色の肌をした島の青年・高良──18年前、この島で夏を共にした相手だ。しかも高良は「おまえは俺のつがいなんだ」と謎の言葉を告げ、斎を無理やり抱いてきた!! 拒みな

2007.07.13 21:13 | 霖雨の彼方

秀香穂里(しゅうかおり)先生
*秀 香穂里* 公式サイト:Cult7 【2008年】 小説家は我が儘につき(陸裕千景子)ルビー文庫/2008.2 【2007年】 個人教授(やまかみ梨由)ガッシュ文庫/2007.11 烈火の契り(彩...

2007.12.25 23:36 | ボーイズラブ小説作家作品データ

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |