にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

DEADSHOT -DEADLOCK3- :英田サキ

4199004408DEADSHOT―DEADLOCK3 (キャラ文庫 あ 4-3)
英田 サキ
徳間書店 2007-06-23

by G-Tools

ついにこのシリーズも完結です。
予想以上に話が大きくなっていて不安になっていたのですが…。
そうきましたかー。
【DEADSHOT/英田サキ/高階佑/Chara文庫(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
共に犯罪組織のリーダー・コルブスを追う、ユウト・レニックス(28歳・受)とディック(29歳・攻)。
しかし、ユウトはFBI、ディックはCIAに所属し、相容れない立場にある。
捜査線上に浮かび上がった企業を探るユウトの前に、密かに潜入捜査をしていたディックが現れた。
ディックの心を救うために自らの手でコルブスを捕まえようとするユウトだが、それは同時にディックの願いを邪魔することにもなってしまう。
相反する気持ちに揺らぐユウトだが…。

同じ敵を追いながらも、敵対する組織に属する二人。
コルブスに復讐しようとしているディックだが、その目的を達してしまったとき、ディックは生きる意味を失ってしまう…。
それを恐れたユウトは、自らの手でコルブスを捕まえようとしています。
捜査の結果辿り着いたのは、スミス・バックス・カンパニー(刑務所経営会社)、ジェネラル・マーズ(スミス~の親会社で軍需産業関係の会社)、そしてビル・マニング(現大統領補佐官、次期副大統領候補)。
そこに見え隠れするコルブスとの関係、そしてその出発点コロンビア。
コルブスによってコロンビアの拠点に連れ去られたユウトは、そこでコルブスの過去や悲しみに触れ、コルブスもまた被害者なのだと知ります。

なんというか、やっぱりハリウッド映画っぽい…。
片方を女性に置き換えれば、そのまま映画に出来そうですね(刑務所での事は除いて)。
話がアメリカの抱えている焦臭い部分にまで及んでいます。
麻薬、軍事産業、石油が絡んだ他国への干渉などなど、コルブスを捕まえたところで解決しないだろう問題が山積み。
これを「正義」で全面解決しようというのは無理な話なので、この点に関してラストがボンヤリしてしまうのは致し方ない。
奥が深すぎる問題なので。
根本的な解決を期待していた訳じゃないので、コルブスに関する問題が収束したということで私は満足です。

ユウトとディックは再会し想いを確かめ合ったものの、ユウトは自分の行動が正しかったのか悩む日々。
そんなユウトを励まし続けるのが、行動を共にしているロブなんですが…。
この人はホント報われない人ですねぇ(笑)
三枚目だけど根が真面目だから、ユウトを襲うことも出来ず、いい人に徹してます。
誰かロブに可愛い彼氏を見つけてやってください…。
跳ねっ返りの小悪魔系が似合いそう(笑)
そして、自らの存在意義のためにテロを起こそうとするコルブス。
大人達の思惑によって歪まされてしまった、可愛そうな人です。
最期はあっけなかったけど、これはしょうがないかなぁ?
ユウトとディックの間に禍根を残さないためにも。

えー、そしてユウトとディックですが!
事件が解決してラブッとするのかと思いきや、意外にもその時が訪れるまでに時間がありましたね。
それもこれも、ディックがヘタレ過ぎだからですよ!
何でも出来る男っぽいのに、恋愛に対してはかなり臆病なんですよね。
そう思って振り返ってみると、ディックはいつもそうだった…。
中途半端にネトにハガキを送るくらいなら、思い切って直接連絡とってください!
ディック=ヘタレは確定ですね(笑)

完結ということでどんなラストになるのか、期待する反面不安もありましたけど、程良いところで落ち着いたなぁというのが正直な感想です。
面白かったのは間違いないんですが、萌えるかというのはまた別の話。
私としては、萌え要素はあまりなかったです。
というか、特に2作目からは「萌え」を感じる場面自体が少なかったですね。
そもそもこのシリーズ、BLっぽくないのです。
今回のような事件性の高い話って、真面目に書けば書くほど「萌え」からは遠ざかるんじゃないかなと思いました。
もちろんそれは読む人によって感じ方は様々なので、一概には言えないと思いますが。
難しいところですね…。
私は一作目の「DEADLOCK」が一番好き。

そんなことを感じつつも、話自体は面白く、ワクワクしながら読めました。
満足です!

--
私事ですが…
この本のサイン会に先日行ってきました!(レポートはコチラ
英田先生、ありがとうございました。
一生の宝物にします☆

■シリーズ
「DEADLOCK」 ディック×ユウト
「DEADHEAT」
「DEADSHOT」

「SIMPLEX」 ロブ×ヨシュア
「HARD TIME」 ダグ×ルイス

■ドラマCD
「DEADLOCK(ドラマCD)」
「DEADHEAT」
「DEADSHOT」
「SIMPLEX」

DEADLOCK (キャラ文庫) デッドヒート―DEADLOCK2 (キャラ文庫) DEADSHOT―DEADLOCK3 (キャラ文庫 あ 4-3)
SIMPLEX DEADLOCK外伝 (キャラ文庫) HARD TIME ~ DEADLOCK外伝
関連記事
2007.07.07 01:33 | 英田サキ | trackback(3) | comment(6)
            

にゃんこさん、こんにちは
山積みの問題点がボケかげんなのは私もこれはこれで仕方ないかな~と思います。
全部掘り下げて書いていたら3冊じゃ絶対終わりませんよね。

ロブは本当に不憫ですよね(笑)
彼はいい人ですよって言ってたけど本当にいい人のまま終わってしまったので出来たらロブも早くお似合いの相手を見つけてほしいです。

>特に2作目からは「萌え」を感じる場面自体が少なかったですね。

そうですね、私も一番ん萌えたのはにゃんこさんの言うように「DEAD LOCK」かな?

TBさせていただきました
では、また!!

2007.07.07 14:12 URL | Jura #l/VZmCVM [ 編集 ]

にゃんこさん、こんばんは!

感想が上がるのを楽しみにしていました♪サイン会のレポート(こちらも楽しく拝見させて頂きましたよ!)共々、執筆お疲れさまでした♪

私の所ではコルブスに感情移入し過ぎたせいか、大分偏った感想を認めてしまったので、冷静に全体を見渡した感想を拝見させて頂けて嬉しいです♪

全体的に大掛かりな展開が続いたせいか、どうしても気になる所は出てきますが、作品が魅力的だからこそ気になってしまったのかも知れません。

メイン以上に脇役陣にも魅力的なキャラクターが沢山登場しましたしね♪

原作は完結してしまいましたが、今秋に発売予定のCDも楽しみです♪

TBさせて頂きました!

2007.07.07 19:54 URL | ハスイ #MMIYU.WA [ 編集 ]

にゃんこさん こんにちは♪

終わってしまいましたね~。
もう一冊あってもよかったなー、と思わないでもないんですが、まあラブラブ編は小冊子に期待ということで。
サイン会前に「ディックヘタレ説」で意気投合してしまいましたが(笑)やっぱり思い返しても全編ヘタレですよね!この人!

私も3冊の中では「DEADLOCK」が一番好きです♪
萌えは…ムショ萌え?(笑)
確かにここまで恋愛要素が希薄だといっそニアな社会派サスペンスのほうが妄想の余地はあって楽しいかもしれません(≧∀≦)

また後日TBに参りますのでよろしくお願いしますね♪

2007.07.08 10:57 URL | ゆちゅらぶ♪ #- [ 編集 ]

Juraさん、こんにちは!

>全部掘り下げて書いていたら3冊じゃ絶対終わりませんよね。
そうですよね…っていうか、話がおおきすぎて収集つかないと思います…(^^;)

ロブ…。
もうこうなったら、ロブで一冊キャラさんで出して欲しいですねぇ(笑)
仕事的にも面白い事件に絡んでくれそうですしね!

TB&コメントありがとうございました。
ではではー!

2007.07.08 14:15 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

ハスイさん、こんにちは~

今回かなり出遅れてしまいました(^^;)

>全体的に大掛かりな展開が続いたせいか、どうしても気になる所は出てきますが、作品が魅力的だからこそ気になってしまったのかも知れません。
そうですね、好きだからこそ気になる点は出て来ます…。
納得しつつも、あっけなく感じてしまったり。
英田先生も榎田先生同様、読者が満足する基準が上がってきているなぁと思います。

>今秋に発売予定のCDも楽しみです♪
どんなキャスティングになるのかも含め、すごく楽しみです!
結構登場人物多いですよね~。
男臭そう(笑)

TBありがとうございました!
それではまた~

2007.07.08 14:22 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

ゆちゅらぶ♪さん、こんにちは!

>ラブラブ編は小冊子に期待ということで。
本編が抑えめだったので、小冊子でははじけて欲しいですね~。
そして、いい加減ディックは男らしいところを見せて欲しいものです(笑)

>ニアな社会派サスペンスのほうが妄想の余地はあって楽しいかもしれません(≧∀≦)
確かに!
匂わせて匂わせて、最後に味見ちょこっとして、小冊子でお腹一杯になる…というコースの方が確実に萌えはあったと思います!
BLレーベルじゃあ難しいでしょうけど…。
英田先生は角川文庫あたりでシリアスな作品を書いたら面白そうだなぁ、と思いました。

TBお待ちしてます!
ではでは!

2007.07.08 14:31 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/421-d7f0be9e

DEAD SHOT(DEAD LOCK 3)【英田サキ / illust 高階佑】
英田サキさん、キャラ文庫からDEAD LOCK第三弾の「DEAD SHTO」です。終わってしまいましたね~寂しいです。でも、今回は終わらせるのがもったいなくなっちゃって…なんて途中で失速しないように頑張って読みました...

2007.07.07 14:12 | 詞の音

DEADSHOT DEADLOCK3
【内容紹介】ディックを復讐の連鎖から解放したい──。宿敵コルブスの逮捕を誓い、捜査を続けるFBI捜査官のユウト。次のテロ現場はどこか、背後に潜むアメリカ政府の巨大な影とは…? ついに決定的証拠を掴んだユ

2007.07.07 19:38 | +synapse∞type-bee+

君に囁くトゥルース
DEADSHOT―DEADLOCK3英田 サキとうとうユウト、ディック、コルブスの三つ巴の闘いに決着がつきました。英田さんがあとがきの中でカタルシスという言葉を使ってらっしゃいますが、このラストはまさにその一語に尽きるのでしょうね。ユウトが、ディックが、コルブスが、それぞ

2007.07.14 14:22 | 水中雑草園

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |