にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

シグナル :日高ショーコ

4832284630シグナル (花音コミックス)
日高 ショーコ
芳文社 2007-05-29

by G-Tools

日高先生は以前から好きだったんですが、今回さらに惚れました。
ツンデレは、ツンツンツンデレくらいが美味しいです(笑)
【シグナル/日高ショーコ/花音コミックス(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
月に一度だけ注文できる特別なカクテル。それはバーのオーナー・芦原とベッドを共にできる合図──。会社の先輩に芦原の店を紹介された村上もまた、
平凡なサラリーマン生活を一転させる関係を芦原と持つことになった。クールで手馴れた芦原に振り回されながらも彼への想いを募らせる村上。しかし大勢の中の一人でいることに限界が来ていた──。



【あらすじ・感想など】
『signal』
村上(攻)は会社の先輩・田町に連れて行かれたバーで、田町の友人・芦原(受)に出会った。
芦原に一目惚れして以来バーに1年ほど通っていた村上は、ある“合図”を知った。
その合図を切っ掛けに身体の関係を持つようになった二人だが、村上は田町もまた芦原のいる日を狙い通っていることを知っていた。
大勢の中の一人でも良いと、関係を続ける村上だが…。

村上は芦原がその“合図”で他の人とも寝ていると思っていて、芦原のことが好きなんだけど、芦原にとって自分は大勢の中の一人でしかなんだと思ってます。
それを受け入れたくはないけど、関係を壊すことはもっと怖い。
だからちゃんと告白もしていないし、“合図”の日以外は会うこともしない。
そんなこんなで出会いから2年も経ち…。
2年…!
長いですねぇ。
身体の関係を持つまで1年、そこからまた1年。
村上、我慢強いというかヘタレというか…。
村上は村上なりに真剣に悩んでいるんですけど、実際は芦原もそんな真面目な村上に好意を持ってるんですよね。
村上が仕掛けやすいようにしてるのに、一向に気が付いてもらえない(笑)
自由人な芦原だけど、芦原がそんな村上に我慢強く付き合ってたんだなぁと思うと微笑ましかったです。

『シグナル(前編・後編)』
『理不尽な幸福』

付き合い始めた二人だけど、村上は相変わらず芦原に振り回されっぱなし。
芦原のことが知りたいと思うのに、村上は空回り。
つまらない嫉妬で芦原を怒らせてしまい…。

村上は空回りしてて、芦原は下らない嫉妬をされて苛ついて…。
でも二人とも気持ちは分かりますよ。
そりゃあ芦原を見てたら嫉妬するだろうし。
全然疑わしくない事に対して文句を言われたら苛つくだろうし。
この二人、形は違えど、相手への気持ちに自分が翻弄されてるんですよね。
端から見ていた榊(村上の嫉妬対象だった芦原の友人)は、焦れったかっただろうなぁ(笑)

そして、そんなこんなで仲直りした後の話が『理不尽な幸福』。
村上が自由人・芦原に振り回されつつも、受け入れている姿がいいですね。
ベッドの上でドキドキワクワクしながら“待て”している村上が可愛い(笑)

『言葉より強く』
「足りない時間」に収録されている『感情サイン』の続編。
お互いに気持ちを伝え合った渋谷(攻)と三上(受)だけど、渋谷は三上をつい怒らせるような態度をとってしまうし、三上は一向にガードをゆるめてくれない。
面倒だと思いながらも、それでもやっぱり三上を好きで…。

み、三上…。
可愛すぎる…!
『感情サイン』では三上視点だったので、読み手としては三上が渋谷に嵌ってることを知っていて、それだけに渋谷視点で三上を見るとツンデレっぷりがよく分かるんですよね。
普段とエッチの最中の三上の態度の差がすごくツボでした。
ツンデレでも、ツンツンツンデレくらいが一番萌えます!
しっかし、三上も意地張りすぎて疲れそうだけど、渋谷はもっと大変そうだわ(笑)
この二人が大学生になった頃が見てみたい。
三上も次第に肩の力が抜けて、ツンツンデレくらいになってて。
渋谷ももっと大人になってて。
なんだかんだ言いつつも、結局一緒にいるんでしょうね。
日高先生、是非またこの二人を描いてください!

『I'm addicted to games』
芦原視点の番外。
村上に芦原が“合図”を教える場面です。
芦原…意外と村上のことちゃんと考えて声をかけてたんですねー。
付き合うまでには、そこからまたさらに1年もかかってるんですが(笑)

--
日高先生は以前から好きで、ヒットとか二塁打を堅実に打ってくるなぁと思ってたんですが、今回はついにホームランでした(笑)
はうぅ、何度も読み返してしまいましたよ!
村上×芦原も渋谷×三上も、みんな不器用で目が離せないし、何より受が一筋縄でいかないタイプがいい。
ツンデレ…大好きだ!
絵も以前にも増して綺麗だし、今回はエロ増量だったような…(笑)
私は攻視点が好きなので、更に美味しかったです。
大満足!

■シリーズ
「シグナル」村上&芦原
「嵐のあと」岡田&榊
「初恋のあとさき」美山&仁科

シグナル (花音コミックス) 嵐のあと (花音コミックス) 初恋のあとさき (花音コミックス)
関連記事
            

にゃんこさん、こんばんは、お久しぶりです。

私も三上の可愛さにやられてしまいました。
必死で反抗してるあの目を見てると苛めたくな……でなく、いじらしくなりますよね(笑)Hのときはあんなに甘えるのに。
本当久しぶりにhitなツンデレに出会えた気がします。

感情サインから大好きだったので、私も続きすごく読みたいんですよね~。
大学生も30代もおっさんになった二人も読みたいなぁ!

2007.06.10 02:30 URL | puri #- [ 編集 ]

puriさん、こんにちは!

三上、あのツンデレ具合は反則ですよー(笑)
「野良猫が時々懐く」的な状況には弱いです、私。
えぇそしてそんなネコは私も苛めたく…いえ、可愛がりたくなります(笑)
これからも時々こうやって垣間見えると良いですね!

ダブルTBありがとうございました。
それではまた!

2007.06.10 16:19 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/409-8ef2061a

シグナル 日高ショーコ
へたれ年下攻め×美人毒舌受け。相変わらず丁寧な心理描写でじんわり切なくほっこり癒されて好きな作風ですが、今回は萌えは控えめだったかなぁ。日常のさり気ない心の揺れを魅力的に書かれる作家さんだと思いますが、それがちょっとアダになったというか、メリハリがないよ

2007.06.10 02:31 | BL Diary

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |