にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4812431271華麗なる紳士のウェディング (ラヴァーズ文庫 41)
ふゆの仁子
竹書房 2007-05-25

by G-Tools

『龍』シリーズに続き、『駆け引きはベッドの上で』のリンク作。
BLで外国人同士のカップルは珍しいですね。
今回はちょっと辛口です…。
【華麗なる紳士のウエディング/ふゆの仁子/奈良千春/ラヴァーズ文庫(2007年)】

オススメ:  ラストが…

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
アメリカを本拠とする大手スーパーチェーン・ウェルネスのCEOであるアンリ・コルトーことトオル・ヘンリー・ウェルネス(受)は、ある日、リシャール・ド・ノルマン(攻)に10年ぶりに再会した。
パブリック・スクール時代からの親友であり、そして恋人であったリシャールと別れて10年。
自分から離れたが、アンリはリシャールへの想いを忘れられないでいた。
そんなアンリに、リシャールは3日間という期限付きでホテルに連れ去られ…。

アンリがリシャールから離れたのは、容姿も頭脳も完璧で崇拝すらしていたリシャールに愛され続ける自信がなかったこと、そして、徹底した白人至上主義者だったこと。
お互いに相手に依存していく程その反動がリシャールは怖くなり、そして、リシャールの裏切りを知ってしまった。
さらにその頃、自分に日本人の血が混じっていることを知ってしまったアンリは、リシャールから離れることを決断します。
それから10年たち、それでもまだその想いを断ち切れずにいたアンリ。
再会したリシャールからどれだけ甘い言葉を告げられても、頑なに拒絶するが…。
うわー…メロドラマですねぇ。
ひたすら愛の言葉を囁くリシャール。
そして、リシャールを愛しながらも、それを頑なに拒むアンリ。
切なくて甘いベッドシーンが続きます。
アンリの苦しみは当然でしょうね。
容姿端麗で頭脳明晰、そして傲岸不遜なリシャールに不安を感じるのは仕方がない事かなと思うし、自分に日本人の血が流れているという事を面と向かって拒絶されるのを恐れるのは、リシャールの容赦ない性格を理解しているからこそ。
リシャールは完璧だと思っている自分の欠点を見ようともしないから、そんなアンリの不安にも気がつけないし、裏切るような行動もしてしまいます。
アンリが去って、リシャールはようやく自分を見つめることができたのでしょうね。
でも10年という歳月はリシャールを成長させたと同時に、社会的な立場を無視できなくさせていて…。
うぅ切ないわ。
パブリック・スクール時代の馴れ初めも、幼いながらも美しくて萌えました。

ということで、この話の展開は好きですよ。
ラストのどんでん返しも、こんなメロドラマだったら納得ですし。
ゆったりとしたテンポも合ってると思いますし。
でもね。
私はどうしてもイヤなんです。
なにがって…。

教会で、
しかも祭壇の前でセックスしちゃうのか?!

え……?
一気に引いてしまいました。
「神様はすでに俺たちの不埒な行動のすべてを、赦してくれているはずだ」by リシャール。
どうしたらそんな都合良く解釈できるんだ、オイオイ!
しかもいつ誰が入ってくるかも分からないのに…。
そこでやる必要あるのか?
自宅なりホテルなりで思う存分やってください。
私、「駆け引きはベッドの上で」もラストの絡みで冷めちゃったんですよ。
好みは人それぞれなので、あくまでもこれは私の個人的な萎えツボですが。
いい年した大人なんですから、節度ある行動をお願いします。

こうして一気に冷静になってみると、リシャールが一体どこまで成長していたんだろうかと疑問に思ってしまいました。
成長していても、それでもまだ年相応ではないことは確かなんじゃないかと…。
金持ちで何事も思い通りになる生活を送っている人間の思考回路は、所詮庶民には理解できないということなのかな。
ラストで夢から覚めさせられてしまったのが残念でした。

★購入する?→ Amazonbk1
関連記事
2007.05.31 00:22 | ふゆの仁子 | trackback(0) | comment(2)
            

こんにちは、にゃんこさん。

そんなシーンがあるんですか・・・
ふゆのさんって飛んでもない所で突然Hを始めるってイメージがあるんですけど(笑)
ドア1枚隔てたオフィス(昼間)とか、隣の声がまる聞こえのボロアパート(連日)とか・・・

2007.06.02 14:09 URL | たま #52IR0TwY [ 編集 ]

たまさん、こんばんは!

そんなシーンがあるんですよ…。

>ふゆのさんって飛んでもない所で突然Hを始めるってイメージがあるんですけど(笑)
や、やっぱりそうですよね?!
私もそう思ってます(笑)

野外でいたすのはいいとして、どうも私は、「誰か来るかもしれない」とか、第三者に見られる(気付かれる)かもしれない状況がダメなんですよね…。

コメントありがとうございます!
賛同を得られてホッとしました(笑)

2007.06.02 21:20 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/408-7c1f4734

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2018年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)
このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)
【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |