にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

純真にもほどがある! :崎谷はるひ

4344810015純真にもほどがある! (幻冬舎ルチル文庫 さ 2-10)
崎谷 はるひ
幻冬舎コミックス 2007-05

by G-Tools

ビブロスから出ていた作品の文庫化です。
ラブコメだけど読み応えがありました!
【純真にもほどがある!/崎谷はるひ/佐々成美/ルチル文庫(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
茅野和明(29歳・攻)は、鎌倉にあるインポートショップ&ドリンクバー『セブンスベブン』の店長をしている。
共同経営者で20年来の友人である瀬戸光流(29歳・受)と同居をしている茅野は、ある日酔った勢いで瀬戸と寝てしまった!
記憶が全くない茅野は、「なんでおまえなのよ!?」と逆ギレしてしまう。
そんな茅野に瀬戸は何もなかったように振る舞うが、茅野は瀬戸を意識してしまい…。

あまりにも長い間親友でいつづけて、瀬戸が自分にとってどれだけ特別な存在なのか自覚していなかった茅野。
「胸を焦がすような、ドラマチックな恋愛をしたい」と願う茅野だが、いつもうまくいかない。
そして、恋人に去られヤケ酒した夜に瀬戸に手を出してしまう。
そうなってみて初めて、茅野は瀬戸の魅力に気が付き動揺してしまいます。
ヘタレだ、茅野…。
恋愛に夢を見すぎていて、しかも昔からの刷り込みのように自分の世話をやく瀬戸を見ていたために、自分の中に「瀬戸が好き」という気持ちがあることを忘れてしまっています。
分からないでもないけど…。
でも、瀬戸への逆ギレは酷いなぁ。

紆余曲折を経て瀬戸は茅野を受け入れますが、そんな茅野の酷い言動がやっぱりトラウマになっていて…というのが次の『強情にもほどがある』。
瀬戸視点で、その後の二人の話です。
一応恋人同士になったものの、甘い雰囲気には程遠い二人。
瀬戸は忙しい仕事にかこつけて、茅野と距離をとろうとする。
茅野に優しくされればされるほど、瀬戸は苛ついてしまい…。

幼い頃から世話を焼く存在だった茅野に、どう甘えたらいいか分からないし、弱い部分をみせたくない。
瀬戸はプライドが邪魔して、茅野に優しくできません。
それじゃあダメだと思いつつも、仕事に逃げ、極力甘い雰囲気にさせないようにしてしまいます。
あぁもう、茅野は分かりやすいヘタレだけど、瀬戸は隠れヘタレ…。
ヘタレ同士、限界が来て爆発してしまうまでいってしまう。
普通だったらいい加減ダメになってしまいそうな所なのですが、この二人には無自覚に既に信頼関係ができているから頑張れるんでしょうね。
何度もこうやってぶつかり合って、徐々に距離感や立ち位置が分かってくるのかなと思います。
茅野のことを受け入れていく瀬戸が可愛い。
『純真にもほどがある』の瀬戸は割とクールなのに、実はこうやって茅野に嵌っていたのかと分かって微笑ましかったです。
子供時代のエピソードや、瀬戸の抱えていたトラウマも効いてます。

崎谷先生なので絡みはもちろん濃いめですが、瀬戸が普段あまりにもそっけないのでそのギャップが余計にエロい…。
とりあえず、ベッドの中ではこうやって自分をさらけ出せるなら、二人の関係は大丈夫なんじゃないでしょうかー。
スキンシップは大切ですよね。
なので、二人はちゃんと定期的にエッチしてください(笑)

この本を買ってから気が付いたけど、私ビブロス版も持ってました。
未読だったので忘れてました…。
ビブロス版は挿絵がユギ先生。
既にこうして挿絵がある作品に新しく挿絵を描くというのは大変そうですね。
でも、佐々先生もすごく合ってました。
実は結構苦手な絵師さんだったんですけど…。
受が幼くなければ大丈夫みたいです(^_^;)
カラー挿絵の瀬戸が好き(一面肌色だ…)

買うか迷ってましたが、買って良かったです。
瀬戸のオンとオフのギャップに萌えました!
ヘタレワンコ攻に、プライドの高いニャンコ受。
不器用な恋愛が微笑ましかったです。

★購入する?→ Amazonbk1
関連記事
2007.05.25 00:26 | 崎谷はるひ | trackback(1) | comment(2)
            

にゃんこさん、こんばんは!

ヘタレで、読んでいて何をやっているんだと呆れつつも憎めない茅野。一見しっかりしているのに、茅野との恋に自分を見失ってしまっている瀬戸。大人なのに不器用で、大人だからこそいろいろ考えてしまい、大切なものを見失ってしまう2人の恋愛が、読んでいてとても楽しかったです。

茅野の場合、「日々の生活で適度に愛し合う」ということは無理で、客の前でも瀬戸といちゃいちゃしそうですし、瀬戸も怒り出しそうなので、やっぱり定期的に情熱的な日(笑)を設けたほうがいいのでしょうね。

2007.05.25 21:34 URL | 霖雨 #.zLyGMJk [ 編集 ]

霖雨さん、こんにちは~

>大人なのに不器用で、大人だからこそいろいろ考えてしまい、大切なものを見失ってしまう2人の恋愛が、読んでいてとても楽しかったです。
そうなんですよね。
大人だからこそ考えすぎてしまって、なかなか前に進めないんですよね。
これが二十歳くらいの二人だったら、また全然違った形になっているのだろうなと思いました。
不器用な二人が微笑ましかったです。

定期的…どんな間隔にするのかでまた揉めそうですね(笑)
瀬戸は抵抗するでしょうけど、そこは強引に茅野が決めて欲しいですねー。
瀬戸は月1とか言い出しそうなので(笑)

TBありがとうございました!
ではでは。

2007.05.26 12:40 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/405-f2c1f156

純真にもほどがある!
茅野和明は「燃えあがるような恋をしてみたい」が口癖で恋愛依存症。ある日茅野は、共同経営者で幼いころからの友人である瀬戸光流と酔った勢いでベッドイン。思わず「なんでおまえなの!?」と叫ぶ茅野に、瀬戸はそっけない。そんな瀬戸が気になる茅野は……!? 続編「強情に

2007.05.25 21:27 | 霖雨の彼方

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |