にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

境界 ボーダー :愁堂れな

4829654716境界ボーダー (f-LAPIS LABEL)
奈良 千春
プランタン出版 2007-05

by G-Tools

愁堂先生は毎回イラスト買いなのです。
今回は刑事モノ。
…オールバックは苦手だ (-_-)
【境界 ボーダー/愁堂れな/奈良千春/f-LAPIS文庫(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
高校時代からの親友・渡辺和美(25歳・攻)と共に、築地署の刑事になった松本一起(25歳・受)。
真面目で上司の受けも良い渡辺に対して、松本は築地署の問題児。
性格は正反対だが二人は仲が良かった。
ある日、有名俳優の明石俊がホテルで刺し殺された。
事件を捜査する二人は、明石のカウンセラーであった榊に出会う。
榊が何故か気になる松本は、渡辺の注意も聞かず、榊の周辺を探るが…。

事件がベースで、そこに恋愛が絡むという形です。
榊に気をとられている松本を見て、昔から松本を好きだった渡辺は嫉妬し、勢いで松本を強姦してしまう。
でも、松本はそんな渡辺を憎むことはできなくて…。
話の展開は嫌いじゃないですが、どうも話に入り込めなかった。
事件の部分が微妙です。
これを読む前に「聖なる黒夜」でガッツリ読んだので、普段より厳しい目で見てしまうというのは大きいと思いますが。
さらに、私はそもそもこういった向こう見ずな行動をするキャラが苦手なので、どうも松本が受け入れられません。
今時っぽい感じも苦手。
性格悪いヤツではないとは思いますが…。
松本みたいな刑事ってあり得るのか?
いろいろと突っ込みどころは満載デス。
松本が犯人に呼び出されて一人家に行く場面。
榊はこの時点でかなり疑われているので、家に刑事が張り付いていそうな気がする。
いや、そもそもこの犯人がこの家で人を殺すかな?
この家、そのままいってたら家宅捜索は確実にあるよね?
うーん、まあ、それだけ追い詰められてたってことでしょうか。
まあBLはファンタジーと言われればそれまでですが、ミステリー好きの私としてはどうも納得できないです。
これだったら、もっと恋愛の部分を詰めて欲しかった。

そして、渡辺…。
好きだからと言って、大学はともかく、同じ仕事を選ぶっていうのはどうなんでしょうか。
もっと自分の意志を持てよ…。
なんだか渡辺の魅力が弱かったし、存在感も薄かったです。

あぁぁなんかダメ出しばかりですね…スミマセン。
榊と真琴は嫌いじゃないです。
真琴は可哀想な子ですね。
どんなに想っても、もう好きな相手に抱かれることはないのかもしれないと思うと、最後の場面が切ないです。
再び二人で一緒に住めるようになるまで、一体何年かかるのかな?
何十年?
榊は精神科医だったのだから、もう少しどうにかできなかったのか。
榊が自分の気持ちにもっと早く気が付いていれば、きっと止められたんじゃないのか。
この二人の関係が切なかったです。

エロは…普通かな。
ラブッとした絡みは最後の一回だけでした。

この作品、奈良先生のイラスト買いだったのですが、今回分かったこと。
それは、私はオールバックの男が好きではないと言うこと(笑)
なんかねー、どうもねー…。
特に渡辺は年相応じゃないですよね?
渡辺のオフ姿が見たかった!

★購入する?→ Amazonbk1
関連記事
2007.05.10 00:18 | 愁堂れな | trackback(2) | comment(6)
            

こんにちは
愁堂さんのは面白いものは面白いらしいのですが、今のところ自分的な当たりはないですね(^^;)

私もこの話は主役二人の行動がいま1つ受け入れられませんでした。
特に松本。こんなスタンドプレーでほんと刑事出切るのでしょうか、スタンドプレーと言うよりただ単に考え無しって気がすごくする(笑)

榊と真琴は一緒に暮らせる日がくるのでしょうかね?
榊と真琴のその後も色々気になりますよね、榊は真琴の保護者だったけど今回の事でその権利を失う事になるんですよねきっと……

そうすると今後一緒に暮らすってかなり難しそう、どうなるんでしょうね。

なんだか本編とは全く違うそこらへんが妙に気になりました^^;)

TBさせていただきました
ではまた!

2007.05.10 08:23 URL | Jura #l/VZmCVM [ 編集 ]

Juraさん、こんにちは!

>愁堂さんのは面白いものは面白いらしいのですが、今のところ自分的な当たりはないですね(^^;)
私もなのです…。
何冊かイラスト買いして読みましたが、まだアタリ!っていう程の作品に巡り会えてません…
作家さんが不安でも、奈良先生だと手に取ってしまうんですよねー。

>スタンドプレーと言うよりただ単に考え無しって気がすごくする(笑)
あはは(笑)
単細胞そうですからね~
一緒に組んでいる渡辺は大変です。
こんな同僚は…いやだなぁ(笑)

榊と真琴…。
真琴は刑期どのくらいなんでしょうね。
すべてが立証されるかどうかは分からないですが、情状酌量されても厳しいですねぇ。
未来は明るくないと分かっているので、最後の独白が切なかったです。
メインよりこの二人が気になりました(笑)

TBありがとうございました!
ではでは~

2007.05.10 15:52 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

こんにちは

真琴は精神状態がちょっと普通じゃないのでその辺りと、あと未成年って事で刑期はかなり軽くなるのでは?と思っているのですが(遺族は納得出来ないでしょうけれどもね…)出てきてもやった事がやった事だけに保護観察処分とか……そんな感じで榊とは暮らせないですよね、きっと

なんて事を私達が心配してもどうしようもないんだけど(笑)

2007.05.10 16:54 URL | Jura #l/VZmCVM [ 編集 ]

にゃんこさん、こんばんは♪

私もイラストにつられたクチです…。
いや、あらすじ読んで、もう少しマシかなというか、男同士のガッツリした話かなあ~と期待したのですが…。
なまじ、ミステリー風を目指したために、BLとしてもミステリーとしても中途半端になったような…。
どうしても辛口評価になってしまいます…。

TBいただきましたので、よろしくお願いいたします♪

2007.05.10 23:44 URL | はーこ #- [ 編集 ]

Juraさん、再びこんばんは!

そうですねー。
未成年で精神的に問題があるとなると、刑期は短くても、その後も自由にはなれなそうです。
そもそも、服役中大丈夫なんでしょうか(^^;)
可愛い顔で、しかもニンフォマニア。
危なすぎますね…。

いえ、こんなこと心配してもしょうがないんですが(笑)
コメントありがとうございました!

2007.05.10 23:58 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

はーこさん、こんばんは!

>なまじ、ミステリー風を目指したために、BLとしてもミステリーとしても中途半端になったような…。
ですよね。
これだったら、もっと渡辺とのことを掘り下げて欲しかったなと思いました。
キャラに魅力がもっとあれば、こんな読後感じゃなかったことも確かなのですが…。
萌えも足りませんでした。

毎回イラスト買いしてる愁堂先生ですが、次回はブロガーさん達のコメントを見てから買おうかなと思ってます(^^;)

TBありがとうございました!
ではでは~

2007.05.11 00:03 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/396-cdae9d6d

境界 ボーダー 【愁堂れな / illust 奈良千春】
築地署でコンビを組む松本一起(まつもと いっき)と渡辺和美(わたなべ かずみ)は十年来の親友同士だ。繊細な容貌にそぐわぬ大雑把な性格の松本と、男らしく精悍な顔立ちで几帳面な渡辺。相反するような二人だが...

2007.05.10 08:09 | 詞の音

「境界 ボーダー」著者:愁堂れな イラスト:奈良千春
今月で2冊目の愁堂さんの御本です。新刊が出たら必ず買うという作家さんではないのですが、あらすじと奈良絵に惹かれて~。そして、やはりマグロに敬意をこめてということでしょうか?(注)この作品はマグロ漁船ものではございません(笑)境界ボーダー愁堂 れな【あらすじ

2007.05.10 23:29 | こんな本よみました…

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |