にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

秘密 :木原音瀬

4883863190秘密 (Holly NOVELS)
木原音瀬
蒼竜社 2007-04-21

by G-Tools

うわぁ、痛いなぁ…。
でもその痛さが癖になりそう。
【秘密/木原音瀬/茶屋町勝呂/Hollyノベルズ(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
付き合っていた男・柳沢との問題で、自分の部屋に戻りたくない内海啓太(21歳・受)は友人の家を転々としていたが、その当ても尽きてしまった。
そんな時ゲイの集まるバーで出会った杉浦充(攻)は、少し変わった男だった。
何事も不器用で幼い言動を繰り返す杉浦だが、啓太に優しく、泊めても身体は求めない。
おかしな男だと思いながらも、啓太は杉浦の部屋を再び訪れるが、杉浦は啓太に執着し「好きだ」と言い始める。
啓太は冷めていたが、一緒にいると柳沢を忘れられる。
セックスも巧い。
次第に啓太は杉浦に惹かれていくが…。

啓太が抱えている秘密、それは柳沢を殺したこと。
その死体をアパートの冷蔵庫に隠してあるから、アパートに帰りたくない。
そして啓太は杉浦と出会い、一緒に暮らし始めます。
初めは自分が優位に立って杉浦と付き合っていると思っていた啓太ですが、いつの間にか自分の方が杉浦に溺れていることに気が付きます。
柳沢との関係を思いだし、不安になる啓太。
さらに、自分の秘密がばれてしまったら…と思うと気が気でない。
追い詰められた啓太は、杉浦と共に死体の入った冷蔵庫を海に沈めるが…。
暗い。
とても暗いです。
啓太がかなり病んでる…。
一見杉浦の方が変に見えますが、それはきっと杉浦の言動に裏がなさ過ぎるから。
あまりにもストレートで、普通の人は違和感を感じるのではないかと思います。
でも実は啓太の方が重傷なんですね。
どんどん追い詰められて病んでいく啓太は悲惨だけど、誰にも相談できず一人で追い詰められたら…と思うと、他人事ではないのではないかな?
柳沢とのことを相談できる誰かがいたら、こんな事にはならなかったでしょう、きっと。
そう思うと余計怖い話だなぁ…。
ラストは一応救われてますが、閉じてます。

そして、『秘密2』は杉浦の従兄弟・榎本視点で、杉浦の過去とその後が書かれています。
杉浦は出来が悪くて家族から疎外され育ち、そして家出し、榎本の世話になっていた。
でも杉浦が出来が悪いのは、実はある障害を持っていたからだということが分かり…。
杉浦はずっとバカにされ、疎外されて育ってきています。
家出をして榎本の世話になっていた杉浦はまだ自分に否定的だけど、啓太と出会い、前向きになっていく。
ようやく救いの光が見えてきた…。

『秘密3』は杉浦の弟・樹の視点。
杉浦は、啓太の事件のあと、杉浦の家から戸籍を抜かれてしまっています。
でも偶然、啓太は弟の樹に出会い…。
あー…。
これが木原先生の痛いところかなぁ…。
一応明るい光は見えてるけど、綺麗事じゃ終わらない部分も残してます。
杉浦の存在を消した家族ですが、再びその問題に直面することに。
ようやく自らの過ちを認め、償おうとする母親。
でも、生涯この父親は杉浦のことを受け入れることはないんだろうなぁ。
私は家族モノに弱いので、この話は思わず泣いてしまいました。
『箱の中』もそうですが、親がもう少し違っていればこんなことにはならなかったのに…と思います。
自分の子供の障害が受け入れられないこの父親は論外ですが。

あ、話は重いですが、エロは濃かったです。
啓太が早漏、杉浦がテクニシャンというのが最初変な感じだったけど、途中からはしっくりきますね(笑)
いろんなシチュエーションでやってますが、私は厨房での絡みに萌えました。
何気に裸エプロンって所が(笑)

木原先生、予想通り痛かったです。
恋愛、そして家族や杉浦の障害。
いろんな面で容赦なかった…。
でも、杉浦と啓太が閉じた世界から脱し、前を向いて歩けるようになって安心しました。
二人とも弱くて不器用な人間だけど、相手がいるから頑張れるんでしょうね。
読み応えのある一冊でした。
痛くて暗い…。
でも、この痛さが癖になりそうです(笑)

★購入する?→ Amazonbk1
関連記事
2007.05.03 00:53 | 木原音瀬 | trackback(2) | comment(4)
            

にゃんこさん、こんばんは!

木原作品の痛さは、ずっしりと後残りをするのでたまりませんね。

木原作品の中にある痛さは、フィクション世界での出来事に過ぎないのに、気付けば現実世界の出来事と照らし合わせてしまう事も多いんです。

汚い人間性を持ったキャラクターに嫌悪感を覚えつつも、「自分の中にも似た部分があるかも知れない」と考えさせられ、落ち込む事も屡。

にも関わらず、読み出すと止められないので厄介です。

読んでいる最中や読後には、痛さを覚えて仕方が無いのですが、色々な事を考えさせてくれる作品を多数執筆されている木原先生は、本当に貴重な作家さんだなあと思います。

今後もこの痛さからは、目が離せそうにありません。(笑)

ではでは、TBさせていただきました!

2007.05.03 20:23 URL | ハスイ #MMIYU.WA [ 編集 ]

ハスイさん、こんばんは~

木原先生の本は好きですが、読み始めるまでと感想を書くまでに時間を要します…。
ノックアウトされてしまうので(笑)

>汚い人間性を持ったキャラクターに嫌悪感を覚えつつも、「自分の中にも似た部分があるかも知れない」と考えさせられ、落ち込む事も屡。
啓太がやったこと(やってないけど)、杉浦に対する感情等々、嫌な奴だな~と思いながらも嫌いになれません。
同じ状況になったら、そうならないとは言い切れませんよね。
木原先生は、ホント人の感情を生々しく書くなぁと思いました。

まだ私木原作品3作目なのですが…。
これからも恐れつつ手に取ってしまうと思います(笑)

TBありがとうございました!
ではでは~

2007.05.03 22:18 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

こんばんわ~

本当木原さんの容赦なしさにはマジでやられますね。
マジで凹んでしまうときもあります。苦笑

たぶんそれだけリアルに近いと自分が感じるからなのかも。
酷くても痛くてもどんどん読んでしまうこの木原マジックに嵌ってしまうとなかなか抜け出せませんね。笑

TBさせてくださいませ。
では~

2007.05.03 22:22 URL | 時路麻矢 #- [ 編集 ]

時路さん、こんばんは!

>マジで凹んでしまうときもあります。
それが分かっていてもやっぱり手を出してしまうんですよね…。
でも、一ヶ月に一冊ぐらいが限界です(笑)
私は木原先生まだ3冊目で、シリアスモノばかり読んでいるからそう思うのかもしれませんが…。

怖いですが、この痛さは癖になりますね。

TBありがとうございました!
ではでは~

2007.05.04 00:36 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/392-18606036

秘密
【内容紹介】真夏の夜、寝床を捜して深夜の街を彷徨っていた啓太は、杉浦充という男と出会いセックスを条件に部屋に泊めてもらう。男と寝たい訳ではなかったが、啓太は自分のアパートに帰りたくなかった。大きな冷凍庫が

2007.05.03 20:04 | +synapse∞type-bee+

秘密
秘密木原 音瀬 (2007/04/21)蒼竜社 この商品の詳細を見る★★★★☆おススメ傾向攻:20代 献身的 一途 時に頑固 涙脆い 幼稚受:大学生 眼鏡 妄想気味 比較的自己中心的その他:ちょっとシリアス寄り 殺人 犯

2007.05.03 22:24 | BLと私。時々Sonota*

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。