にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

Stepbrother :榎田尤利

4862631479Stepbrother (B-BOY NOVELS)
榎田 尤利
リブレ出版 2007-04

by G-Tools

兄弟モノ…ですが、血の繋がりはありません。ちょっと残念。
でも楽しかったです。
榎田先生のリーマンモノを読むたび、私は会社勤めに憧れてしまう。
【Stepbrother/榎田尤利/国枝彩香/BBN(2007年)】

オススメ:  いや、もちろん面白いんですが…薄味?

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
中村健輔(28歳・攻)はセントラルオフィスシステム株式会社の営業マン。
ある日、新たに課長として高橋秋(28歳・受)という男だがやってきた。
綺麗だが隙が無く、愛想も悪い。
仕事に対する厳しい姿勢に、社員は戦々恐々。
成績の良い健輔も、何かと秋とぶつかっていた。
しかし、そんな秋が兄弟になってしまった。
父親の再婚相手の息子が秋だったのだ。
二人は家族として同居することになるが…。

気に入らない相手と兄弟になってしまい、一緒に生活することになる健輔と秋。
ずっと片親で苦労しながら生きてきたので、親の幸せを考えると相手を避けてばかりもいられない。
…と思うのは健輔だけで、秋はかなりマイペースです。
甘やかされて育ってきているので、生活能力は皆無。
職場での冷徹さとのギャップに驚き、当然健輔は苛々するのだけれど、段々と秋を放っておくこともできなくなって…。
秋がかなり不器用な人で、目が離せませんね。可愛いなぁ。
健輔は秋に惹かれていき、ある出来事を切っ掛けにその気持ちをハッキリと認識します。
この展開は…まあちょっとベタですけど、納得は出来るかな。
私はこの部分、健輔の誤解で突っ走るのかと思ってたけど、意外にも誤解じゃなくて驚きましたよー。

前半の雑誌掲載分は二人が恋人になるまでで、その後、社員旅行で沖縄に行く話が書き下ろしの『Company Retreat』。
健輔と秋のケンカ話…ですが、まあ余興ですね(笑)
全然深刻な話ではないので、気楽に楽しめました。
ケンカのあとは当然甘~いエッチへ突入(笑)
秋は普段照れ屋で、だからこそ会社では壁を作って冷たい態度なんですけど、そんな鉄壁の秋と絡みの時の無防備な秋のギャップがいいです。
エロいですね~。うはは。
こういうキャラは山田ユギ先生のイメージがあるんですけど、国枝先生の挿絵も凄く良かったです。
沖縄での宴会シーンとか、あのセンスは流石国枝先生!って感じ(笑)

そして、榎田先生らしく女性陣が元気でした~。
プロレス好きの同僚田口と小川のコンビが好きです。
元気で場の雰囲気を明るくするけど、でもちゃんと気を使えるんですよね。
リーマンラブコメで、女性陣が元気で…というと『アヅマリシリーズ』を思い出します。
榎田先生のリーマンモノを読んでいると、楽しそうですよね。
もちろん大変なことも沢山あると思いますけど。
私の仕事は一人で動くことが多いし同僚も少ない(普段会って話すのは1~3人しかいない…たまに一人きり…)ので、普通の会社勤めに憧れます。

あ、健輔に全然触れてない…(笑)
良いヤツですよ。
仕事も出来るし、背も高いし、性格良いし。
その包容力で秋を温かく見守って欲しいです!

Stepbrotherということで、血の繋がりはないけれど兄弟です。
せっかくなので、『家族』の部分をもっと読みたかったなぁ。
私は家族モノに弱いです。涙腺緩みます。
カムアウトもしちゃったことだし、その後の二人と家族のことを含め、またどこかで垣間見えるといいなぁと思います。

それにしても、榎田先生巧いですねー。
毎回大満足!という訳ではないですけど、ちゃんと平均点以上をたたき出してくる。
私はシリアスな榎田作品の方が好きなので、そろそろ重い話が読みたいです!

★購入する?→ Amazonbk1
関連記事
2007.04.23 01:09 | 榎田尤利 | trackback(2) | comment(4)
            

にゃんこさん、今日は!

「上手いのが当たり前」な榎田先生なので、今作での薄味感は否めませんが、きっちと楽しませてくれる仕上がりは流石の一言です。

どうしても秋ばかりに目が行ってしまうのですが、健輔もイイ奴でしたね。(笑)とっても人間味のある大型わんこでした。

プロレス好きの二人や、再婚した両親等、気になる存在の脇役も多いので、今後、この作品のその後が読める機会に恵まれたら嬉しいです♪

ではでは、TBさせて下さいね。

2007.04.23 10:34 URL | ハスイ #MMIYU.WA [ 編集 ]

ハスイさん、今晩は!

榎田先生巧いですよね~。
ネタ的に読み手の好き嫌いはあると思いますが、話が崩壊することはないので安心して読めます。
話は薄くても、ちゃんとキャラの魅力が伝わってきました。

>とっても人間味のある大型わんこでした。
大型わんこ(笑)
一緒にいて癒されそうですよね~。

榎田先生、来月はSHYで遊廓モノですね。
楽しみです!
TBありがとうございました☆
それではまた!

2007.04.23 21:56 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん、こんばんは♪

この作品、榎田センセイ以外の方の作品だったら、凄い面白かったという感想になるのですけどね~。
榎田さんに期待し過ぎなのでしょうか?
どうも、小b掲載の作品は、ページ数の関係などで、薄味というか軽めな感じが否めないのですよね~。
もう少しページ数があれば、色々な点がフォローできてよかったのでは?と思ってならないです。
いや、面白いのですけどね…。
来月のSHYでの新刊に期待したいです♪

TBいただきましたので、よろしくお願いします。

2007.04.23 23:23 URL | はーこ #- [ 編集 ]

はーこさん、こんばんは!

>この作品、榎田センセイ以外の方の作品だったら、凄い面白かったという感想になるのですけどね~。
そうなのです。
他の作家さんだったらもちろんオススメ3つです。
榎田作品基準では、一般のBL本の「面白かった~」が「普通」になってしまうんですよねー。
榎田先生はもう別の次元にいってしまってますね(笑)

雑誌に掲載された分+書き下ろし、と言う形だとどうしても展開が早くなってしまいますよね。
単行本としては物足りなくなってしまうのはしょうがないんでしょうか…。
いや、十分面白いんですけどね…(笑)
来月も楽しみです!

TBありがとうございました。
それではまた!

2007.04.24 00:19 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/386-e0ce3d07

Stepbrother
【内容紹介】春の人事異動で健輔の課に栄転してきたのは、出世頭で端麗な顔だちの新任上司・高橋秋。ところがこれがとんでもなくイヤな野郎だった! 顔に似合わぬ容赦ない辛口で、健輔たち課員を締め上げる。優秀だがマイペ

2007.04.23 10:25 | +synapse∞type-bee+

「Stepbrother」著者:榎田尤利 イラスト:国枝彩香
どなたかが、タイトルが宮部みゆきさんの作品を思い出させると語っていました。私もそう思いました…。Stepbrother榎田 尤利【あらすじ】春の人事異動で健輔の課に栄転してきたのは、出世頭で端麗な顔だちの新任上司・高橋秋。ところがこれがとんでもなくイヤな野郎だった!

2007.04.23 22:56 | こんな本よみました…

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |