にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4813011039私立櫻丘学園高等寮 (SHYノベルス135)
橘紅緒
大洋図書 2005-06-27

by G-Tools

評判が良さそうなので手に取ってみましたが…。
面白かったです!
この静かで熱い雰囲気大好き。
【私立櫻丘学園高等寮/橘紅緒/北畠あけ乃/SHYノベルズ(2005年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
「俺と、付き合ってくれないかって頼んでるんだ」
私立櫻丘学園高等学校で暮らす烏丸旭には、その気になった男を弄ぶという悪い噂があった。そんな、旭の前に端正な容姿と雰囲気から「王子」と呼ばれ、憧憬される寮生・伊達洸貴が現れる。それまで誰とも均等な距離を保っていたはずの伊達だったが、旭には好意を隠すことなく接してくる。初めは伊達を避けていた旭だったが、少しづつ頑なだった心を溶かされ、やがて付き合うことになるのだが・・・!?恋するせつなさ、苦しさ、喜びを綴った物語をあなたに・・・!



【あらすじ・感想など】
櫻丘学園高等科2年生の烏丸旭(17歳・受)は寮生だが、言い寄る寮生たちを素気なく拒んでいるうちに根も葉もない噂が立ち、旭はいつしか孤立するようになっていた。
旭は転入生の伊達洸貴(17歳・攻)の凛とした姿に憧れを抱いていたが、同じ寮生であっても言葉も交わしたことのない存在だった。
そんな伊達が、ある雨の日に傘を貸したことが切っ掛けに、旭に近づいてきた。
悪い噂のある旭に対して臆することもなく積極的に近づく伊達に、旭は次第に心を開かれ、二人は付き合うことになるが…。

旭は事実や自分の意志に関係なく悪い噂を立てられたことで、他人との間に壁を作るようになってしまいます。
そんな旭に伊達は周りの目も気にせず近づき、憧れていた相手とはいえ臆していた旭も、次第に心を開いていく。
伊達とつきあい始めた旭は、ようやく居場所を見つけ、穏やかな日々を送るように。
しかし、ある日、それは突然終わりを告げる。
伊達が自分に近づいた理由を知った旭は伊達を拒否し、再び心を閉ざそうとするのだけれど、やっぱり伊達を忘れられなくて…。
旭の心の痛みが凄く伝わってきて、読んでいて胸が痛かった。
甘い日々を過ごしていても、心のどこかで怯えていた旭。
伊達に真実を尋ねれば誤解だと言ってもらえるかもしれないけど、もし事実だったら今以上に傷つくかもしれないから聞きたくない。
そうやって自分を守っている旭の姿が痛々しいです。
旭は心を閉ざして、誰の言葉も信じない。
それを知っているからこそ、下手に言い訳をしても意味がないことを分かっていて、自分の気持ちを抑えている伊達。
その判断は間違っていないと思うけれど、二人の姿を見ているともどかしい気持ちで一杯になるよー。
誤解が解け、大きな山を越えた二人の関係は以前よりも強くなり、読んでいてホッとしました。
伊達は、ホントに旭のことを心から想っているんですね。
そんな二人を見ていて、心が温かくなりました。

橘先生は初体験なのですが、この行間を読ませる文体は大好き!
思春期の不安定な心の動きが凄く伝わってきた。
あ、全体的にあっさりした雰囲気なので、絡みもあっさり風味です。
初エッチがあんなに簡単に流されるとは思ってもいなかったので驚きました(笑)
でもそんな冷めた感触が個性ですね。
静かな中にも熱さがあって、満足でした。

私は学園モノに積極的に手を伸ばさないのですが、このシリーズはいい評判をよく目にしたので手に取ってみました。
橘先生も初体験ですが、すごく良かった!
北畠先生のイラストもピッタリですね。
次巻は姫城と三尾編ですか?
早く続きが読みたいです!

★購入する?→ Amazonbk1

■シリーズ
「私立櫻丘学園高等寮」
「恋 私立櫻丘学園寮」
「朱い熱 私立櫻丘学園寮」
関連記事
2007.03.23 01:23 | 橘紅緒 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/369-500d8e32

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |