にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)
4877245634ずっと君が好きだった。 (ガッシュ文庫)
夜光 花
海王社 2007-02

by G-Tools

夜光花先生がラブコメ…って単行本では初?
今回はオチとかなく、誰も死んでません(笑)
【ずっと君が好きだった。/夜光花/文月あつよ/ガッシュ文庫(2007年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
劇団員の原田裕紀(23歳・受)と八木弘道(23歳・攻)は5年来の親友。
でも、裕紀は八木に高校時代告白されていた。
「5年好きだったら、お前を好きになる」
その言葉を裕紀は忘れていたが、八木は5年後再び告白する。
八木は裕紀に付き合う気がないのならもう離れると言うが、裕紀は八木と離れたくない。
その勢いで付き合うことになる二人だが…。

裕紀って、実際身近にいたら結構嫌な奴だな。
来る者拒まず。
執着することもなくフラフラしてるんだけど、女にはもてる。
悪意はないんだろうけど…。
きっと近くにいたら私は苛つくな(笑)
八木もそんな裕紀の性格は把握していて、5年間その言葉を心から信じていた訳ではなくて、半分意地だったんだけど、裕紀を好きだから離れられない。
でもいい加減その生殺し状態にキリをつけなければ…って事で、再び告白することに。
案の定裕紀は全然覚えてなかったけど、すっかり八木に懐いていた裕紀は、八木を失いたくなくて『付き合う』と言い出します。
でも、裕紀としては真面目に答えてたかもしれないけれど、実際には裕紀にとってそれは今までの流されていた恋愛の延長でしかないわけですよ。
少なくとも最初の時点では。
当然うまくいくはずもないですね。
そこから裕紀が主演することになった舞台を絡め、八木とぶつかりつつも、次第に“八木を失いたくない”のは“八木を好き”だからだと気がつき始めます。
自分勝手な恋愛をしていた裕紀が、八木に気持ちを振り回されて、ようやく素直に自分の気持ちに向き合う事に。
役者としての姿勢も、恋愛に対する姿勢も、最後には好感もてました。
最初は軟弱な若者だったのにね(笑)

八木は…影が薄いですね。
舞台の話が中心になって進んでたから、これは仕方がないのかな?
こんな薄情な裕紀に惚れてしまって、八木は苦労してますねぇ(笑)
告白したのに忘れられてるなんて…。
そして5年間生殺し(笑)
可哀想すぎだー。
あの場面で「友達に戻ろう」なんて言い出すのはどうかと思うけれど、ここまで裕紀に振り回されてたら、こんな事も言ってしまうかもしれないなとも思うよ。
ヘタレだけど、同情しちゃうなぁ。

夜光花先生のラブコメ…。
ラブコメにしてはちょっと堅めですね。
普通に面白かったけど、ちょっと違和感あるかな。
というか、正直物足りない。
慣れてないだけかもしれないけど…。
やっぱり、個人的には暗い話の方が好きです。
何でも書ける作家さんもいますけど、皆が皆そうである必要はないわけで。
夜光花先生には暗めの路線を突き進んでほしいと思うのでした。

本編より『やっぱり君が好きだった。』の方が萌えました。
顔○を初めて『萌え』だと認識したよ。
メガネが効いてます(笑)
あとがきによると、夜光花先生は女装が大好物らしいですね。
今まで私は「全く興味なし。むしろ萎える」と思ってたんですけど、『嫌がる受に着せたい』という言葉でハッとしました。
『嫌がっていたり恥ずかしがっていたりすると萌えを感じます』
た、確かに…!!
それは萌えるかも。
女装も羞恥プレイなのね…!なるほど~。
想像したらうっかり萌えてしまいました(撃沈)
読んでみたいなぁ。
でも、真面目な話でこのプレイが出てくる事ってまずなさそうですよねー。
夜光花先生、お願いします(笑)

★購入する?→ Amazonbk1
関連記事
2007.02.26 10:10 | 夜光花 | trackback(2) | comment(4)
            

にゃんこさん、こんにちは^-^

夜光さんの新作だ!と喜んで購入しましたがラブコメ?だったなんて(笑)
やっぱり暗い路線でいって欲しい気持ちで一杯になりました。
いろいろ挑戦する事は作家さんには大切だと思いますが・・でも!って感じですね。
次のお話を楽しみにしたいですv(酷)

私も短編の方がお気に入りです♪メガネに顔○!エロい感じがして好き(笑)

TBさせて下さいv
それではまたお邪魔します!

2007.03.01 10:31 URL | ありす #mWt2sFS6 [ 編集 ]

ありすさん、こんばんはー。

挿絵が文月先生っていう時点でちょっと予想はしてたんですが、それでもどこかにオチがあるのでは?と身構えながら読んでしまいました(苦笑)
基本的に重いのが好きだからというのもあるんですが、「求めてるのはこれじゃないんだよー」と思ってしまいます。
まあでもたまには息抜きも必要かもしれないですね!
来月のCharaが楽しみです。

>メガネに顔○!エロい感じがして好き(笑)
メガネがポイントですね!

TBありがとうございました。
これから伺います!

2007.03.02 01:11 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん、今晩は!

「夜光さん=ダーク系」。そんな凝り固まった所で萌えているのが、自分一人では無いと知って嬉しいです。(笑)

私がマニアック過ぎるのか、今回の「可愛らしいラブコメ」はしっくり来なかったんですね。

やはり夜光さんの作品は、ミステリー仕立ての作品、事件が起こる作品の方に面白味を覚えます。

決め付ける事は、場合によっては良くない事だと思う自覚もあるのですが、夜光さんのフィールドは、可愛らしい作品や甘いラブコメではないなあと思います。

ではでは、TBさせて頂きました!

2007.03.08 18:45 URL | ハスイ #MMIYU.WA [ 編集 ]

ハスイさん、こんばんは。

>私がマニアック過ぎるのか、今回の「可愛らしいラブコメ」はしっくり来なかったんですね。
いえいえ、私もしっくりきませんでしたよ!
と言っても、私もマニアックなので普通かどうかは分かりませんが(笑)

>夜光さんのフィールドは、可愛らしい作品や甘いラブコメではないなあと思います。
夜光花先生には暗さが必要ですよね!
可愛らしさや甘さがあっても、所々冷たい部分が欲しいです。

TBありがとうございました~。
それではまた。

2007.03.09 00:13 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/352-c10a762f

ずっと君が好きだった。
夜光花/イラスト 文月あつよガッシュ文庫2007年3月10日発行STORY      「5年間好きでいてくれたら、お前のこと好きになるよ」高校時代      に八木に告白されて裕紀はそう答えた。これをきっかけに二人の      付き合いが始まる。    ...

2007.03.01 10:33 | ありすの傲慢LOVE日記

ずっと君が好きだった。
【内容紹介】「五年間好きでいてくれたら、お前のこと好きになるよ」高校時代に八木に告白されて裕紀はそう答えた。これをきっかけに二人の友人付き合いが始まる。役者の道を志したバイト生活の裕紀に、八木はご飯を

2007.03.08 18:32 | +synapse∞type-bee+

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。