にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

あざやかな恋情 :崎谷はるひ

4344808746あざやかな恋情 (幻冬舎ルチル文庫)
崎谷はるひ
幻冬舎コミックス 2006-11-15

by G-Tools

滋英×臣のシリーズ第3弾。
相変わらず濃い二人の関係に、ちょっと胸やけが…。
勿論しっかり面白いんですけどね。
【あざやかな恋情/崎谷はるひ/蓮川愛/ルチル文庫(2006年)】

オススメ:  お腹いっぱい…

↓ネタバレあり、caution!!
警部補昇進試験に合格した小山臣は、一年間の駐在所生活に突入。人気画家で恋人の秀島慈英は、先に臣の配属先の町に移住。臣もまた「きれいな駐在さん」として暖かく迎えられる。そんなある日、町に事件が起きる。それは臣の過去に関わる、ある人に繋がり…!?慈英&臣、待望の書き下ろし最新刊。表題作ほか商業誌未発表短編も同時収録。


【あらすじ・感想など】
刑事の小山臣(33歳・受)と画家の秀島滋英(29歳・攻)が付き合い始めて6年。
臣が昇進試験に合格し、田舎の交番に1年間駐在することになったために、二人は共に長野の奥地に移り住むことに。
二人の関係は以前にも増して熱く、穏やかな日々を送っていた。
そんな中、村の中では盗難事件や畑荒らしが頻発するようになっていたが、それは次第に村の人々に暗い過去の事件にまつわる疑惑を生み、よそ者である臣や滋英は拒絶されるように。
しかし、その疑惑の人物が臣の父親に関係する物を残していたことに、臣は動揺してしまうが…。

臣の過去は以前にも触れていましたが、今回は更に突っ込んだ内容になってます。
田舎の閉鎖的な村で起こった事件を通して、臣の過去や父親のことが明らかになることに。
不幸な子供時代を送った臣には明るい思い出が全然無くて、自分の過去を恥じている部分があるんですが、今回知ることになった事実によって、自分が愛されていた過去を知ります。
自分を責めるだけの過去に少しでも光が差し、臣が前向きに生きていく糧になったことに、すごく心が温まりました。
滋英もそんな臣を温かく見守っていて、二人の関係が落ち着いていることがよく分かる。

このシリーズって基本的に凄く真面目でシリアスなんですが、その重さを忘れそうになるくらい、エロが濃いです。
毎回「これでもか!」ってくらい濃厚なエッチが満載なんですが、今回も回数、内容共に頑張ってます(笑)
臣のニンフォマニアっぷりは前より改善されているとはいえ、基本的にセックスが精神安定剤になってる節があるので、精神的に不安定になればなるほどエッチは濃くなる傾向が。
でも、その原因は荒んだ生い立ちにあるので、そうなればなるほど痛々しい。
ということで、濃厚エッチもある程度は必要不可欠なんですが、さすがに出来上がった二人の濃い絡みがこんなにあると胸やけが…。
回数も多いけど、毎回全力投球なんだもんなぁ。
今更言うことでもないですが、崎谷作品はエロい(笑)

もう落ち着いちゃっている二人なので、恋愛の部分は大きな変化はないですが、ゆっくりじっくり進展している二人を見るのも面白いです。
が、もう垣間見るくらいでいいかもしれない(苦笑)

★購入する?→ Amazonbk1

■シリーズ既刊
「しなやかな熱情」
「ひめやかな殉情」
「あざやかな恋情」
関連記事
2007.02.15 10:10 | 崎谷はるひ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/345-afa4a602

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |