にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

きみと手をつないで :崎谷はるひ

4344809157きみと手をつないで (幻冬舎ルチル文庫 さ 2-8)
崎谷 はるひ
幻冬舎コミックス 2007-01

by G-Tools

無自覚の天然誘い受?
無敵です(笑)
【きみと手をつないで/崎谷はるひ/織田涼歌/ルチル文庫(2007年)】
※ラキアノベルス(2002年)の文庫化。加筆修正、書き下ろしアリ。

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
兵藤香澄(25歳・攻)は、金髪で派手な外見だが、実は真面目で有能な住み込み専門の家政夫。
そんな香澄が派遣されたのは、人気ホラーミステリー作家・神堂風威(鈴木裕・27歳・受)の家だったが、神堂はかなり浮世離れした美青年だった。
一人では何もできない神堂は引きこもり、心を開いているのは幼馴染みで担当編集者の仲井だけ。
そんな神堂の世話をするうち、香澄は次第に惹かれていくが…

エロいです、先生……!
神堂先生の天然エロッぷりにやられます。
崎谷先生の受は年齢の割に幼い雰囲気があるキャラが多いけど、今回はまたその傾向が顕著だなぁ。
ずっと引きこもって小説を書いているばかりだった、とは言え27歳でこんなに性的に無垢って…反則ですよ。
ショタ萌えしない私なのに、萌えツボを刺激されました。はぅぅ。

神堂はかなり感受性が高くて、子供の頃から親でさえ扱いに困るほど。
もちろん周りにとけ込めるはずもなく、唯一理解してくれたのは、家庭教師をしてくれていた仲井。
その仲井が神堂の才能を見いだし、今に至るわけですが…。
神堂の人並み外れた感性が故に周りの環境にとけ込めない状況とか、仲井の存在とか、そういったベースとなる部分の描写がしっかりしているので、浮世離れした設定にも無理なく納得できます。
それに対して、香澄の影がちょっと薄いかも。
イマドキっぽい外見とは違って、結構苦労人でいい人であることは確かです。
こんな若い男の家政夫っているんですかね?
…それにしても、結果として香澄はヒモっぽい存在になってないか?
一応、マネージャー兼家政夫なんだけどさ。

絡みは濃厚。
神堂は、そういったことに対して知識はあるかもしれないけど、そこに感情がついていっていない。
“欲望”がどんなものが分かっていないので、香澄を煽りまくり。
無自覚の誘い受は無敵ですね(笑)
素直すぎてこっちが赤面しそうだ。
しかも、目覚めさせてみたらかなりの好き者…ってなったら香澄はもう神堂を手放せないよなぁ。
そして、着物はエロいね!
乱れた着物に、帯は残ったまま…ぐはっ、萌える…(腐りすぎ)

閉じた世界に生きていた神堂にとって、香澄は救い出してくれる王子様的な存在なんでしょうけど、結果的に香澄は食われてますね(笑)
でも、香澄が現れて、神堂の頭に“恋愛”というカテゴリーができ、それによって、仕事はともかく、その他全般生きることに対して無気力・無関心だった神堂が前向きになっていく。
香澄と過ごすことによって、今まで知らなかった様々な感情を知っていく神堂の姿がイイ。

毎度のことですが、絡みも濃いがそれに違和感を与えないくらい話も濃い
面白かったです。

★購入する?→ Amazonbk1
関連記事
2007.01.22 14:08 | 崎谷はるひ | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/328-411ea38d

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |