にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

水の記憶 :剛しいら

4773002514水の記憶 (Cross novels)
剛 しいら
笠倉出版社 2002-10

by G-Tools

剛先生、実はデビュー作(「帰宅」)以来なので、約10年ぶり…。
この10年で、凄い冊数書いてるのですねー。
この作品はちょっと変わった切り口でしたが、面白かったです。
【水の記憶/剛しいら/雪舟薫/クロスノベルズ(2002年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
美貌の臨床心理士・如月東栄は、事故で兄と友人を亡くした佐々木洸太のことを、今も弟のように気遣っている。一方、恋愛感情に疎い如月を長年想い続けていた佐々木は、二人の関係を進展させようと、就職を機に同居を持ちかけた。ストレートに注がれる佐々木の愛情に、少しずつ「恋」を理解していく如月。10年越しの恋は穏やかに進行していくように思えたが…。


【あらすじ・感想など】
精神科医の如月東栄(32歳・受)は、独立したのを機に一人で暮らし始めたが、忙しさもあってまともな暮らしをしていない。
そんな如月の部屋に、元患者の佐々木洸太(22歳・攻)が転がり込んできた。
洸太は10年前、兄と友人を事故で亡くし、自分のせいだという思いから拒食症に陥っていた。
そんな洸太を患者として接してきた如月は、洸太の回復後も弟のように気遣っている。
けれど、洸太が如月に対して抱いているのは恋心。
好きだと迫ってきた洸太を突き放すこともできず、如月はなし崩しに身体を重ねてしまう。
洸太を「好きだ」という気持ちは持っている。
でも、まともな恋愛をしたことのない如月は、洸太の「好き」と自分の「好き」にギャップがあることに戸惑っていた。
そんな時、高校生の高遠炯(17歳)が患者としてやってきた。
多重人格(解離性同一性障害)の炯は、もう一つの人格が体育教師の星野と深い関係になっていることに苦しんでいる。
でも、それは家庭内で抑圧され愛情に飢えているている炯自身が、知らず知らずのうちに心の奥に抱えていた願望なのだ。
炯と星野の関係を考えるうちに、次第に洸太への思いも変わっていく如月だが…。

ベースは洸太×如月ですけど、そこはあまり深く踏み込んでいません。
炯と星野の関係を通して、二人の関係も変わっていっているのがゆっくりと描かれている。
心理描写が割とドライで、セリフも淡々としてて…なんだか映画を見ているような印象でした。
この距離感はちょっと好みが分かれそう。
私はもうちょっと熱が伝わってくる方が、正直好みです。
洸太が如月を求めるのは、過去の事件も絡めてちゃんとつかめるのですが。
如月が洸太を受け入れる場面とか、如月の流されっぷりがどうも気になってしまった。
本人が自覚がないだけで、ちゃんと如月も洸太を求めてるのが途中から伝わってくるので、結果的には問題ないんですけどね。
うーん、でもまあ、全体を通して振り返ってみると、この位の距離感でもいいのかもしれないと感じました。

さて、メインのカップルも気になりますが、炯と星野の関係の方も読み応えがありました。
炯は元々極度の潔癖性(不潔恐怖症)で、さらに多重人格という心の病を抱えてしまってます。
その原因は家庭環境。
父親不在で、母親の異常なまでの愛情を受け育った炯。
星野を欲しながらもそれを受け入れられず、星野を素直に求めるもう一人の自分の存在に苦しむのも理解できる。
そして、もう一人の自分を受け入れたことで、炯は本来あるべき姿に近づくことができた。
星野がいい奴でホントによかった!

精神科医のくせに自分の心理には疎い如月と、正面からちゃんとぶつかってくる洸太。
恋人同士となるまでに10年間もあったせいもあって、お互いの良い所も悪い所もよく分かっていて、文句を言いつつ信頼し合ってる。
そんな二人が微笑ましくてよかったです。
続編もあります。
“如月先生事件簿”的な展開で、患者達と向き合うことで如月も成長し、洸太との関係も進んでいくのかなぁ。
早速読みたい。楽しみ!
関連記事
2006.12.21 10:03 | 剛しいら | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/310-1013f0b7

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |