にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

堕天使の島 :山藍紫姫子

404873220X堕天使の島
山藍 紫姫子
角川書店 2000-04

by G-Tools

他の山藍作品とはちょっと毛色が違います。
お耽美度が低めで、何と言ってもSM要素がない…。
ちょっと毒気が抜かれてしまった。
【堕天使の島/山藍紫姫子/水上有理/角川書店(2000年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
殺すのか、それとも愛するのか…義父の陰謀で死と隣り合わせの流刑地に送られた秋生。高貴な美貌と邪悪なほど淫らな雰囲気を持つ、ロシア系美少年クリス。性と血の饗宴が繰り広げられる島で、ふたつの寂しい魂が出会い…少年たちの美と官能の世界を描いた禁断の愛の物語。


【あらすじ・感想など】
暴走族の副総長をしていた富樫秋生(18歳)は、少年院に入れられ、そして保護司の元で更生させるという名目で日本海の孤島・ホーリー島へ連れて行かれた。
そこは、更生とは名ばかりで、実際は、親に捨てられた子供を使って暴力団の資金源となる麻薬植物・ゴッドハンドを栽培させる島だった。
養父の企みによってホーリー島に送られた秋生は、そこで屈辱的な生活を送ることに。
教官と称する男達の性のはけ口となり、寮生が暮らす宿舎では、暴力に耐えなければならなかった。
死んでも誰も悲しんではくれない。
過酷な生活の中で、秋生はクリスという寮生に惹かれていくが…。

いつもと雰囲気が全然違います。
山藍作品の根底に流れてるのはSM的な関係であることが多いのですが、今回はそれがない。
一応メインは秋生×クリスなんですが、クリス×秋生もあるし、それ以外の人間に対しても二人とも攻受どちらもあります。
山藍作品でリバってたキャラって、「スタンレー・ホーク」シリーズのジンくらいしか知りません。
でもそのジンも基本は攻で、スタンレーに対してだけ襲い受って感じだから、またちょっと違うんですよね。
山藍作品では、受はMで虐げられて悦ぶタイプ、攻はSで傲慢なタイプが多い。
クリスは多少Mかなと思うけれど、二人の絡みは至ってノーマル。
変態は所長くらいですね。
妄想プレイ好きで、「虐げられてる下僕から下克上でのし上がる」プレイが大好きな肥満オヤジ。ちょっと憐れで笑えてしまう(笑)
陵辱されるのも苦痛だけど、こんな変態を攻めなくちゃいけないっていうのは別の意味で拷問ですね(笑)秋生可哀想に…。

数人の寮生達と結託し、秋生は島を出る計画を立てます。
教官と残った寮生達を殺害し、物資を運んできたヘリを乗っ取り、秋生達は元の世界へ戻ることに成功。
でも、秋生もクリスも親に捨てられていて、孤独です。
特に、クリスは戸籍もなく、幼い頃から殺しと身体を売って生きてきたので、島から出ても希望はない。
それでも、秋生と出会ったことで、新しい人生を歩いていく希望が生まれるのでした。

話の雰囲気としては、脱獄モノのハリウッド映画っぽいのかな?
でも、なんだかどこがメインなのかよく分からなかった。
脱獄がメインにしてはあっさりと脱出してるしなぁ…。
でもまあ山藍作品なので、やっぱりメインは一応秋生とクリスの恋愛なんでしょう。
さらに海人の執着かな?
海人は妹をクリスに殺されていて、復讐のために島に渡ってきたという奴です。
でも途中からはその憎しみが愛情に変わりつつあって、島では恋人同士のようになってる。
なんにしても、凄い執着心です。
でも秋生とクリスの関係には意外と寛容で、3人でやろうとか言ったりするのですが。
何年か後にはクリスと秋生の前に姿を現して、3人で暮らしたりするんだろうか?

暴力などの描写が多い割には、話やキャラのインパクトは強くない。
アブノーマルでもお耽美でもない山藍作品は、正直、どう評していいのか判りません…。
山藍作品としては味が薄いですが、グロい描写は結構あるのでご注意下さいませ。
「徹」と「正巳」の描写が…うぅ、想像したくないな…。
あぁぁ、なんだか最近萌える山藍作品になかなか出会えません。
湿度の高いお耽美な作品、求む!
関連記事
2006.12.12 10:35 | 山藍紫姫子 | trackback(1) | comment(2)
            

にゃんこさん、今日は。

やっと作品を読み終えて感想を書き終えました。毎度のように纏まりのない記事で申し訳ありませんが、TBさせて下さいまし。

>暴力などの描写が多い割には、話やキャラのインパクトは強くない。

>でも、なんだかどこがメインなのかよく分からなかった

私も、ポイントポイントでは、「うわあ」と思うのに、全てのポイントで同じ程度に「うわあ」と驚いていたら、メインが何処になるのかが判らなくなってしまいました。(苦笑)

>話の雰囲気としては、脱獄モノのハリウッド映画っぽいのかな?

そんな雰囲気でしたね。洋エロ脱獄ストーリーのような。

突っ込み所も多くて、展開について行けずに悩んでしまう事もありましたが、「手に入り難い山藍作品を読めた」と言う点では、妙に満足しています。

山藍病がつつがなく進行中の自分に、少々呆れているこの頃です。(笑)

2006.12.14 12:16 URL | ハスイ #MMIYU.WA [ 編集 ]

ハスイさん、こんにちは。

>私も、ポイントポイントでは、「うわあ」と思うのに~
そうなんですよねー。出来事は濃いのに、どこがメインなのか分からなくて、結果としてインパクトが薄いです。
終わってみると、なんだったのかなこの話?みたいな…(苦笑)

>、「手に入り難い山藍作品を読めた」と言う点では、妙に満足しています。
「王朝恋闇秘譚」もそんな感じでした…。
読むことに意義がある!と思いつつ、これからも山藍作品を収集していきたいです(笑)
(いえ、もちろんその中には名作もちゃんとありますが)

私も山藍病が進行中ですが、ハスイさんという同士がいるので安心して冒されてます(笑)
TBありがとうございました!
それではまた~

2006.12.14 14:28 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/303-3168d3b3

堕天使の島
【内容紹介】殺すのか、それとも愛するのか…義父の陰謀で死と隣り合わせの流刑地に送られた秋生。高貴な美貌と邪悪なほど淫らな雰囲気を持つ、ロシア系美少年クリス。性と血の饗宴が繰り広げられる島で、ふたつの寂しい魂

2006.12.14 11:56 | +synapse∞type-bee+

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |