にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

4044383030好きって100回言ってみな (角川ルビー文庫)
菱沢 九月
角川書店 2002-04

by G-Tools

今まで読んだ菱沢作品の中では、これが一番ラブコメかな。
高校生の男の子の初恋もので、年の差カップル。
可愛かった~。
【好きって100回言ってみな/菱沢九月/金ひかる/ルビー文庫(2002年)】

オススメ: 続編に期待

↓ネタバレあり、caution!!
「ビビるんじゃねえよ。気持ちよくしてやるから」綺麗な顔でクールな印象の小鳩は、高校ではアイドル的存在。本当はとてももてるけど、ぼんやりしている本人は全く気付いていない。そんな小鳩が学校をサボったときに出会ったのは、世界的な有名店を経営する自信家の天才パティシエ・三嶺だった。マスコミを騒がせるほどの男前で、ものすごく強引な三嶺に、どういうわけか気に入られてしまった小鳩は「俺のものになれ」と言われ続けることに―。


【あらすじ・感想など】
高校生の羽水小鳩(16歳・受)は綺麗な顔立ちで、高校ではアイドル的存在。
そんな小鳩は他人に無関心で、唯一心を許す友達は愛犬の修一郎。
ある日母親の友人である木田に頼まれて向かった先は、人気ケーキ店の「ミムネトーキョー」。
オーナーでパティシエの三嶺夏基(30代前半?攻)に気に入られた小鳩は、積極的な三嶺に戸惑いながらも気になり始めて…。

母子家庭で育った小鳩は、愛情には飢えているけど甘え方を知らない男の子。
母親とは仲がいいし、父親的存在の木田、構ってくれる友人・山下や池永もいて、決して“不幸”な訳ではないけれど、母子家庭故、周りの同情などに敏感に育ってきているからか人に心を余り開かない小鳩。
他人に無関心。同級生達にはクールで大人だと思われているけれど、本当は深く付き合うことに怖がっていて、無意識に防御しているだけ。
今の幸せを守ろうと、新しい世界に飛び込もうとしない。
そんな小鳩に強引に入り込んでいった三嶺に、小鳩は初め戸惑いますが、次第に惹かれていきます。
でも、その気持ちがなんなのか小鳩自身よく分からないし、正面から向き合う勇気がない。
菱沢先生、こういった不安定な思春期の心理描写がすごくうまいですね。
それにしても、今回は動物にやられてしまった…。
コレは反則だよー(苦笑)
泣いてしまった…。不可抗力です。
愛犬の修一郎は、小鳩の「過去」の象徴的存在だったのでしょうが、すごく効いてますね。
修一郎を通して、小鳩はいかに自分が周りから愛されていたかを知り、新しい一歩を踏み出す。
三嶺への気持ちに正面から向き合い、ようやく「好きだ」と伝えることができたのでした。

ボリューム的には200ページ余りと少な目ですが、読み応えは十分あります。
小さな心の傷を丁寧に描写してあってうまいなぁと、毎度のことですが感心しました。
でも小鳩に比べてちょっと三嶺が薄すぎるかも…。
小鳩への気持ちは“一目惚れ”と言われたら、それはもう納得するしかないのですが、30過ぎの男が10代の男の子に一目惚れというのはやっぱりちょっと不自然。
初めは軽い気持ちだったのが、小鳩に触れる内に本気になっていたんだろうとは思うのですが、三嶺の人柄が分かりづらいので消化不良。
“小鳩の成長物語”として読むならこれでいいかもしれないけれど、一応恋愛モノなのだから三嶺をもっと活かして欲しかった。
続編があるので(「いいから黙って愛されな」)、そっちでは三嶺活躍するのかな~。

うーん、ラブコメ路線なのに、ちゃんと締めてくれるのはさすがに菱沢先生。
詰めが甘い感はありますが、小鳩は可愛くて好きです。
続編も早く読みたい!
関連記事
2006.11.24 10:07 | 菱沢九月 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/291-97303a73

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |