にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

アシメトリー :水原とほる

4773003359アシメトリー (クロスノベルス)
水原 とほる
笠倉出版社 2006-11

by G-Tools

水原×高緒、ということで「鬼畜」な予感があったのですが、良い意味で裏切られました。
水原先生らしく痛い話だったけど、今までより明るく甘いラスト。
あくまでも、水原作品比ですが(笑)
面白かったです!
【アシメトリー/水原とほる/高緒拾/クロスノベルズ(2006年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
ジュエリーデザイナーの香津美の楽しみは、週末にクラブで談笑すること。華奢な香津美は大学院生の一樹を始め、いつも3人の男達に口説かれていたが、体に秘密を持っていたため、誰とも深く関わらないようにしていた。そんな香津美が密かに憧れていたのは、年上の相場師・北条だった。ところが、焦れた3人は香津美を罠に陥れ、襲いかかってきた。そこに、呼び出された北条が現れて―。


【あらすじ・感想など】
ジュエリーデザイナーの香津美(25歳・受)は、自分の身体にある秘密を持っている。
高校時代、好きだった先輩にその秘密を軽く扱われたことに傷つき、それ以来誰とも深い関係になることはなかった。
他人に縛られるのはイヤだけど、孤独は怖い。
香津美はそんな孤独を埋めるため、ゲイの集まるクラブに行っていた。
そこで出会い、プライベートでも仲良くしていた、一樹、小田切、坂本。
彼らは皆香津美にアプローチをかけていたが、香津美はそれを軽く流してごまかし、4人の仲は微妙なバランスで成り立っていた。
そんな4人にたまに加わる北条(35歳・攻)は香津美に興味を示さないが、香津美は北条に惹かれている。
でも、そんな事をうち明ける勇気はない。
そしてついに、4人の均衡が破れてしまい、香津美は3人にレイプされてしまうが、そこに呼び出された北条によって助けられる。
傷つきながらも、香津美は北条に心を打ち明けるが…。

表題作と、香津美と北条のその後「傷痕」の2本立て。
全体を通して改めて考えると、香津美の秘密は誰しもが持っているコンプレックスなどの象徴なんですね。
私はこの秘密自体はそんなに大事ではないと思ったけれど(これは個人差があると思いますが)、これがもっと深刻な問題であっても、話の根幹は変わらないと思う。
香津美も、そして一樹も、自分が抱える悩みから逃げるばかりだったから他人と向き合えない。
香津美は北条に自分をさらけ出したことで、人に愛され必要とされることを知り、ようやく傷を癒すことができたのでした。
ベースは複雑な話ではありませんが、一樹の問題も絡め、うまくまとめてますね。
特に「傷痕」の方では、一樹の相談を通して自分を見つめ直し、本当の意味で壁を乗り越えられた香津美がよかったです。
それよりなにより、「傷痕」では香津美と北条がラブッとしているのを見られて嬉しいですが(笑)

ところで、香津美の秘密ですが、私深読みしすぎました。
山藍先生お得意のネタかと予想していたので、正直肩すかしくらった感じ(笑)
いやいや、本人にとってはもちろん大問題でしょうがね。
思考が腐ってました、すみません~(苦笑)

メインの二人ですが、
香津美は初めかなり臆病で、一樹達からしたらちょっとズルイ奴だったわけですが、北条によってかなり変わりましたね。
相手に寄りかかるのではなく、しっかり向き合おうとする姿勢が好きです。
北条はもうすでに結構大人なわけですが、それもちゃんと痛い過去があってのことなんですね。
そんな北条が、“香津美に関して実は内心穏やかじゃない”というのが垣間見える場面が可愛い(笑)
良いカップルですね。後半はひたすらいちゃついてますが(笑)
こんなまともなカップル、水原作品にいままでいただろうか?
特に北条は、鬼畜でもないし、度を超えた執着もないですしね。
その分脇キャラの性癖はクセがあったなぁ(笑)

水原作品としてはかなり一般受けしそうだなと思ったのですが、暴力場面があったりして、やっぱり痛さも同居してます。
北条が香津美を助けたのがすでにレイプも終わりかけの時点だった、というのがすでに水原作品らしさ?
普通の作品だったら、北条が何かしら情報を得て、レイプが山場に入る前、もしくは2人目の小田切の前あたりには登場するんじゃないだろうか…。
この容赦のなさが私は好きだ。
今回はお得意のどっぷりシリアスではないですが、下手に軽いシリアスに終わるのではなく、痛さも絡めてうまく締めてますね。
タイトルの「アシメトリー」。
これは香津美の秘密を知った相手が言う言葉ですが、それだけの意味ではなく、これがこの話のテーマなのですよね。
ヤラレた感いっぱいです。
面白かった!満足です。
関連記事
2006.11.15 10:09 | 水原とほる | trackback(2) | comment(6)
            

にゃんこさん、今日は。

今回は、水原作品とは思えない程の、甘さのあるカップルが登場して驚きました。

>ところで、香津美の秘密ですが、私深読みしすぎました。 山藍先生お得意のネタかと予想していたので、正直肩すかしくらった感じ(笑)

私も同じ事(間違えてしたらすみません)を考えていました。タイトルが「アシメトリー」ですし、高確率で両性具有では?と考えていました。私も相当に山藍先生に侵食されて、思考が腐りきっていますよ。(笑)

と言った所ですが、TBさせて下さいね。

ではではまた!

2006.11.15 11:11 URL | ハスイ #MMIYU.WA [ 編集 ]

私も、この作品読みました!

最近の水原さんの作品に重いのが続いたせいでしょうか?
すごく読みやすく感じました♪

そして、ご指摘通りに
水原作品には貴重なラブラブ?もあり
楽しめました(^。^)

では、お邪魔しました。

2006.11.15 12:48 URL | きなこ555 #- [ 編集 ]

ハスイさん、こんにちは。

毎回痛い水原先生ですが、痛さを残しつつも角が取れた作品でしたね。
なんだか一皮むけた印象です。

香津美の秘密ですが、もちろん、ハスイさんと同じ想像ですよ!
そこまで悩むんだからそれくらいのことだろうと思ったし、あと、高緒先生のイラストが今回抑えめだったので妄想がふくらみました(笑)
無意識のうちにその想像をしてしまうなんて、お互い相当山藍病が進行してますね(苦笑)

TBありがとうございました。
こちらからも伺います!
それではまた~

2006.11.15 13:24 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

きなこ555さん、こんにちは&はじめまして!

今回の水原作品、読みやすかったですよね。
相変わらず暴力沙汰ありますが、甘さもしっかりあって、読後感がよかったです。
どシリアスも好きですが、このくらいの軽さ(もちろん水原作品比ですが)もいけますね。

今月はもう一冊水原先生の作品が出るので、そちらも楽しみです。

コメントありがとうございました!
これからもよろしくお願いいたします~。
ではでは。

2006.11.15 13:29 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

初めまして、こんにちは。
「霖雨の彼方」の霖雨と申します。
TBさせていただきました。よろしくお願いします。

今まで水原作品の攻が背負っていた狂気と執着を、今回の脇役が背負っている気がしました。
一樹は自分の性癖を治せそうですが、小田切と坂本は恐らくそのままなんですよね。この2人はどうなったのかとちょっと気になってしまいました。

2006.11.15 19:35 URL | 霖雨 #.zLyGMJk [ 編集 ]

霖雨さん、はじめまして&こんにちは。

今回攻はまともでしたが、脇は水原色でしたねー。
確かに、小田切と坂本の性癖は直りそうにありませんよね。
でもまあ、あの二人は自分の性癖に悩んでいるわけでもなさそうなので、気の合う相手を見つけて楽しくやっていそうな気がします。
他人に迷惑をかけない範囲で楽しんで下さいって感じですが…。
うーん、でもちょっと覗いてみたいなんて思ってしまいます(笑)

TB&コメントありがとうございました!
こちらからも伺わせて頂きますね。
ではでは。

2006.11.16 10:53 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/286-98131237

アシメトリー
【内容紹介】ジュエリーデザイナーの香津美の楽しみは、終末にクラブで談笑すること。華奢な香津美は大学院生の一樹を始め、いつも3人の男達に口説かれていたが、体に秘密を持っていたため、誰とも深く関わらないようにして

2006.11.15 11:02 | +synapse∞type-bee+

アシメトリー
水原とほるさんの最新作。表紙の受のきわどさに、レジに持っていくのにちょっと緊張しました。しかもレジの若いお兄さんがなかなかカバーをつけられず「合うのがないので」と言われてカバーをつけてもらえませんでした。普通の新書サイズなので、お兄さんが入れようとしてい

2006.11.15 19:24 | 霖雨の彼方

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。