にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

純情な恋人 :成宮ゆり

404452002X純情な恋人 (ルビー文庫)
成宮 ゆり
角川書店 2006-10-31

by G-Tools

「野蛮な恋人」のリンク作、秋人の兄・春樹編です。
デビュー作が面白かったので期待しすぎたのかもしれませんが…。
ちょっと物足りなかった。
【純情な恋人/成宮ゆり/紺野けい子/ルビー文庫(2006年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!! ちょっと辛口…
「恋愛なんて面倒」だから適当に遊んで、決して本気にはならない事を信条としている大学生の春樹。ところがある日、恋人に別れを切り出した途端に監禁まがいの事をされ、ようやく逃げ出してきたところを、二匹の犬を連れた男・上総に家へと誘われる。「俺を思い出さないのか?」と聞いてくる上総に覚えがない春樹。しかし、一宿一飯の恩に対し体を差し出す提案をした春樹を、上総はなぜか怒りに任せて襲ってきて…!?二度目の出会いは運命―不器用で一途なエリート ×淫らで奔放な大学生のイマドキ純情ラブ。


【あらすじ・感想など】
本気の恋愛はしない。誰かに束縛されたり、必要以上に干渉されるなんてまっぴら。
そんな軽い付き合いしかしない春樹(22歳・受)だったが、付き合っていた男に異常なまでに執着され、監禁までされてしまった。
そんな男の部屋から逃げ出したものの、雨の中行き場を無くしてしまった春樹。
たまたま通りかかった岩倉上総(攻)は、春樹のことを知っているようで、上総の家にしばらく置いてもらえることに。
春樹は上総を覚えていないが、上総は「約束を思い出せ」と言う。
上総は春樹を乱暴に抱くし、態度も冷たい。
なのに、春樹は上総に惹かれてしまい…。

春樹は前作でも分かるように、かなり適当な恋愛を繰り返している男です。
しかも自分の部屋はなく、男の家を転々としながら大学に通っている。
悪い男に引っ掛かってしまったようですが、自業自得でしょう…。
そんな春樹を拾った上総。
上総は昔、春樹とある約束を交わしたのですが、それを春樹は全く覚えておらず、春樹を好きなんだけれども冷たい態度しか取れません。
春樹はそんな上総に反発するものの他に行く場所もなく、ずるずると居座ることになるのですが、次第に上総に惹かれていきます。

春樹は小西とくっつくのかと期待していたのにー。
結局小西の出番は全く無し…。残念。
そんな春樹のお相手は、真面目で不器用な年上の男・上総。
いろんな誤解をし合いながらも、最後には春樹も約束を思い出しハッピーエンド。
なのですが…
どうも乗り切れないなぁ。
一番大事なその「約束」が生かし切れてないように思いました。
酔っぱらった春樹が上総に本音の恋愛観を打ち明けて、再会したら…という内容なのですが。
春樹がどうしてそんな告白を上総にしたのか(無意識に一目惚れしていたのかもしれないが)、その状況設定が弱い。
春樹は酷い失恋をしてそれ以来本気の付き合いをしなくなった、と言うのであれば、その辺りもちゃんと触れて欲しい。
そんな春樹が上総に惹かれていることを自覚する過程も、ちょっと唐突じゃないかなぁ?
脇の雪と上総の兄・安曇は当て馬なのですが、いいキャラなのに中途半端でもったいない。
特に雪はなんだか可哀想なんですけど…。

そして、私は春樹のキャラがどうも苦手。
大学4年生で文系なので、大学へはたまに行くだけ。
真面目に勉強しているそぶりは全く無いのに、フランス語の弁論大会で優勝したりとか、やたらと出来る学生なところがイヤだ…。
しかも4年の後期に入っても、一切就活もしていないだとぉ?!
人生なめてるわ…。
恋愛だけじゃなく、こっちも一度痛い目見て挫折して欲しいわ、なんて事を思ってしまうのでした。

前作が良かっただけに、今回は残念。
基本的に文章はうまいので安心感はありますが、前のような勢いがなかった…。
春樹のキャラが好きなら楽しめると思いますが。
好みも大きいですね。
うーむ、次回を期待しよう。
関連記事
2006.11.09 09:46 | 成宮ゆり | trackback(1) | comment(2)
            

再びこんにちは、にゃんこさん。

私は春樹は嫌いじゃなかったんで、まずまず楽しめましたよ。でも前作の智也のインパクトに比べると弱かったかな・・・と。

>一番大事なその「約束」が生かし切れてないように思いました。

コレは私も思いました。
上総のような男が、この約束一つでずっと独り身でいたのか不思議でした。それほど衝撃的な出逢いにっも思えなかったし。ちょっと現実味がないかな、と。

TBさせていただきました。
よろしくお願いします。
ではでは、またまた。

2006.11.09 16:51 URL | 櫻井サクラ #- [ 編集 ]

サクラさん、再びこんにちは

前作はキャラの勢いがすごくあった印象が強かったので、今回は「あれ?」思ってしまいました。
特に上総が弱くて、一体どういう人なのかつかめないまま終わってしまった感があるのが残念です。
>上総のような男が、この約束一つでずっと独り身でいたのか不思議でした
同感です~。現実味がないですよね!

TBありがとうございました。
それではまた!

2006.11.10 10:49 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/283-39d367aa

純情な恋人(成宮ゆり/紺野けい子)
純情な恋人成宮 ゆり 角川書店 2006-10-31by G-Tools 泣ける ★★☆☆☆ 切なさ ★★★★☆ エロ度 ★★★★☆ ドキドキ★★★☆☆ 満足度 ★★★★☆ bk1で購入!

2006.11.09 16:41 | 櫻井サクラの日々徒然・BL編

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |