にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

天涯の果て :いとう由貴

4813011314天涯の果て (SHYノベルス163)
いとう由貴
大洋図書 2006-10-27

by G-Tools

イラスト買いです。北畠先生のイラストはキレイで、ついつい手に取ってしまうのです。
中華モノは萌えない…と思っていましたが、話は面白かった。
ただ、文章的にはどうなの?
【天涯の果て/いとう由貴/北畠あけ乃/SHYノベルズ(2006年)】

オススメ:  気になる所もあるけど…

↓ネタバレあり、caution!!
時は足利時代。絵を学ぶために明の国を訪れた少年・千歳は、いつしか皇帝の愛顧を受ける宮廷画家にまで成長した。そんなある日、千歳はひとりの男と運命的な出逢いを果たす。武将の面差しと帝位を狙う知略を見るものに感じさせる趙浚祥だ。彼は、千歳が描きたいと思っていた画の理想そのものであった。ともに時を過ごすうちに囚われていく恋情。人の手によって教えられる熱。身も心も浚祥に捕らえられた千歳を待っていたものは、残酷な裏切りだった…!?裏切りと憎しみ、愛と悲しみのグランドロマン誕生。


【あらすじ・感想など】
室町時代、身寄りのない寺の稚子だった千歳(19歳・受)は、絵の才能を見込まれ、明の都応天府へと渡った。
時の皇帝建文帝に気に入られた千歳は、宮廷画家として仕えるように。
そんなある日、皇帝から唐の太宗・李世明を書くことを所望され、そのモデルを探していた千歳は、世話になっている商人・史良奇の知り合いだという趙浚祥に出会う。
浚祥にモデルを頼むことになり、毎日を共に過ごすことになった千歳は、いつしか浚祥に惹かれていく。
そんな千歳に、浚祥はやさしく、そしていつしか身体の関係をも持つようになった二人。
しかし、数年前から始まっていた燕王の乱は激化、ついに応天府に及ぼうとしていた。
そして、千歳は浚祥の本当の目的を知ることに。
浚祥は建文帝に近い人間であった千歳を使い、内部の情報を得ていたのだった。
浚祥の裏切りに憎しみを募らせる千歳だが…。

ベースは史実に基づいています。
燕王の乱は、いわゆる靖難の変。
洪武帝(明の初代皇帝)の孫である建文帝と、洪武帝の第4子である燕王(後の永楽帝)との戦いで、側近の忠告によって領土を取り上げたのが原因、という辺りは史実です。
建文帝の「叔父を殺させないでくれ」といった内容の発言も、人柄も史実通りで、さらに応天府(現在の南京)陥落後の行方は不明となり、この話の展開同様、僧侶となって身を隠した、という説もあるようです。
燕王は即位後、北京に都を移し、明の基礎を固めたすごい人ですが、作中の人柄とはかなり違うと思われます。多分もっと怖い人。
ちなみに、実際の洪武帝は燕王以外の身内を殺害しています。怖い人ですねぇ。
作中の洪武帝の人柄は正しそうですね…。
これ以上の深いことは知らないので、建文帝が燕王をどう思っていたのか云々…という辺りが正しいのかは分かりません。
たぶんフィクションだよね?もしやそういう説もあるとか??
何にしろ、自分が今受験生だったら、この明初期の歴史に妙に強くなってそうです(笑)

最初は千歳を利用するつもりで近づいた浚祥。
でも、まっすぐに自分を慕ってくる千歳に、いつしか本当に惹かれてしまいます。
でも、自分の役目を放棄することは出来ず、ついに別れるときが来るのですが、そこで自分の本当の目的を千歳に曝露します。
黙って別れてしまえば千歳は何も知らずにいられたのに、あえて真実を話したのは、憎しみでもいいから千歳と繋がっていたかったから。
そして、浚祥への憎しみを胸に、建文帝を逃すために奔走していた千歳ですが、ついに浚祥ら燕王の追っ手に捕まってしまいます。
死を選ぶしかない建文帝。
しかし、浚祥の助言もあり、燕王は建文帝を密かに逃すことに。
そして浚祥を憎みながらも愛していることに苦しんでいた千歳は、浚祥の心を知り、共に生きていくことを誓うのでした。

大筋の展開は好きだし、面白かった!
中華モノはどうも…なんて思ってましたけど、元々世界史好きな私は、こういった歴史モノには弱いのかもしれない。
浚祥を千歳が許す過程はちょっとあっさりしすぎな感があるし、浚祥のキャラが薄いような気もするのですが…
千歳と浚祥の関係だけじゃなく、建文帝と燕王のプラトニックな関係がいいスパイスになっていました。
恋愛感情ではないかもしれないけど、それに近い情があって、でもどうにもならない…という微妙な雰囲気がいい。
建文帝は、二度と会うことは出来ない燕王への愛を胸に生きていくのね、と思うと切ないなぁ。
燕王のかっこいいオヤジっぷりに、すっかりヤラれました…。

あ、すっかり主役の二人が影薄いですね。
千歳、初めはちょっと頼りないイメージでしたが、この事件を乗り越え、すっかり成長してますね。
それにしても千歳、おとなしそうな顔して、ベッドでは甘々です(笑)
自分から誘うシーンが好きだ。
浚祥が葛藤しながらも耐えきれない…という部分含め萌え。

面白かったと思う反面、文章的にはちょっと苦手。
登場人物の心理描写を同時に文章に入れすぎで、違和感を覚えました。
章を変えるなりして欲しい。
文法的にどうなのか、そういったことは私には分かりませんが。

歴史を腐った視点からみるのは、結構好きです。
面白かったし、萌え所もあり。
文章の好き嫌いは別れるかもしれませんけど、とりあえず満足でした。
関連記事
2006.11.06 09:57 | いとう由貴 | trackback(2) | comment(4)
            

にゃんこさん、おはようございます☆

燕王さんかっこよかったですね~。
お互いを想いあっても、どうにもならない立場や運命って残酷ですね。

私は、千歳の建文帝に対する忠義や親愛の情の描写が好きだったんですが、その分千歳と浚祥のラブ描写が少し減ってしまったのかも。
千歳のベッドでのあまあま…私は萌えました~(笑)
とくに最初の時、抱いてくれないと遊郭いっちゃうゾ発言にはビックリ(@@;
顔に似合わず積極的な子ですよね。
恋は人を積極的にするのでしょうか。

TBさせてください♪

2006.11.07 10:23 URL | 月子 #- [ 編集 ]

月子さん、こんにちは。

燕王、出番は少なかったのに、存在感ありますねー。渋いです。
うーむ、今後この辺りの歴史は腐った視点でしか見れなそう(笑)

>抱いてくれないと遊郭いっちゃうゾ発言
そんなこと言われたら断れないですよねー(笑)
健気な千歳の一生懸命さがよかったです。
しっかしこの場面は萌えましたよ、ムフ。

こちらからも伺わせて頂きますね!
ではでは。

2006.11.07 10:54 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

こんにちは、にゃんこさん。
少々ご無沙汰してました?かな。

>浚祥のキャラが薄いような気もするのですが…

ホントにそうですよね。悪い人にもイイヒトにもなりきれない中途半端な印象で。脇が魅力的なせいもあるかもしれませんし。燕王も僅かな登場でしっかりイラスト付きでしたし、またそのイラストが好みで!

史実に基づいていたとは全く知りませんでした。学生時代もうちょっとしっかり世界史・日本史を勉強しておけば・・・と今頃後悔しても、ものすご~く遅いのですけど。

TBさせていただきました。
他にもいくつかTBしたい作品があるのでTB頂いてきます。よろしくお願います。
ではでは、またまた。

2006.11.09 15:12 URL | 櫻井サクラ #- [ 編集 ]

サクラさん、こんにちは!

浚祥、燕王に食われてしまって、ホント存在が薄いですねぇ。
燕王の出番なんてほんとにちょっとだけだったんですけどね(笑)

「明」「洪武帝」という単語でピンときて、世界史の資料集を引っ張り出しました。
こんなに史実通りだとは思わず驚きました!
ベルばらもそうだったのですが、史実を元にしたフィクションが好きみたいです、私。

たくさんTBありがとうございました!
こちらからもお返しさせて頂きますね☆
ではまた~

2006.11.10 10:43 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/279-eb086064

『天涯の果て』
いとう由貴(絵 北畠あけ乃)/大洋図書(2006・10月)【あらすじ】時は足利時代。絵を学ぶために明の国を訪れた少年・千歳は、いつしか皇帝の愛顧を受ける宮廷画家にまで成長した。そんなある日、武将の面差しと帝位を狙う知略を見るものに感じさせる趙浚祥という男と運

2006.11.07 10:17 | 裏・月子の書斎

天涯の果て(いとう 由貴/北畠 あけ乃)
天涯の果ていとう 由貴 北畠 あけ乃 大洋図書 2006-10-27by G-Tools 泣ける ★★★★☆ 切なさ ★★★★★ エロ度 ★★★★☆ ドキドキ★★★☆☆ 満足度 ★★★★☆ bk1で購入!

2006.11.09 15:00 | 櫻井サクラの日々徒然・BL編

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |