にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

情熱の飛沫 :遠野春日

4896016858情熱の飛沫(しずく) (ゲンキノベルズ)
遠野春日
ムービック 2004-05-29

by G-Tools

「情熱」シリーズの第3弾。
ようやく二人の仲が安定してきたでしょうか。
相変わらずラブッとしてます。
【情熱の飛沫/遠野春日/円陣闇丸/ゲンキノベルズ(2004年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
秋の終わりから同じ部屋で休むようになった遙と佳人。ささやかな幸せを噛み締める日々の中、佳人はかつての級友・赤坂と偶然出会う。麻薬取締官となっていた赤坂は、昔から佳人をライバル視しており散々嫌味を言う。その場はそれで別れたが、東原を交えた香西の船でのクルージングの日、身分を偽った赤坂と再会し、驚く。ひとり悩む佳人を見守る遙の、そっけない態度には優しさが垣間見え…。春の雨のように降りそそぐ熱い想い―。読者待望の「情熱」シリーズ第3 弾。


【あらすじ・感想など】
同じ家に住み、同じベッドで寝起きするようになった黒沢遥(32歳・攻)と久保佳人(27歳・受)。
二人はまだまだ不器用ながらも、ささやかな幸せをかみしめながら、穏やかな日々を過ごしていた。
そんなある日、佳人は高校時代の同級生・赤坂に偶然で会う。
麻薬取締官となっていた赤坂は、香西の船のクルージングに、香西組傘下長田組の組長・長田と共にやってくるが…。

赤坂は長田が麻薬の取引をしていることを掴み、潜入捜査をしていたのでした。
そんな赤坂を佳人は心配しますが、佳人を嫌っている赤坂は聞く耳を持たない。
佳人の不安は適中し、赤坂の正体が長田に知られてしまいます。
そして、遥と佳人は赤坂を助けに行くことに。
今回も一応事件はありますが、メインは二人の関係。
赤坂が登場しての事件ですが、特に難しい問題があるわけではなく、これを通して二人の距離が更に縮まります。

前巻で大きな壁を越えた二人は、穏やかな日々を送っています。
そんな二人の描写が良いです。
何気ない日々だけれど、二人の気持ちの強さが端々に感じられる。
序盤の風呂のシーンが好き。
それと、遥のエプロン姿が…!
作る料理がやけに古風なのが、遥らしい(笑)
普段料理を全くしないのに、そんなメニューですか!
私は本見ないと作れないなぁ(^_^;)

一緒に収録されている短編「口直し」は、東原×貴史。
赤坂のことで動揺した佳人が入れたお茶が苦くて、「口直しさせろ」と、貴史の部屋を訪れる東原なのでした。

大きな変化がある巻ではありませんが、穏やかに過ぎていく二人の日々を堪能出来ました。
遥が可愛い(笑)
最終巻の「情熱の結晶」がまだ手に入らず…。
早く増版してくれないかなぁ。
ではでは、次はいよいよ「艶悪」に突入です!

※その後BBNから出直しています。書き下ろし有。
4799712039情熱の飛沫 (ビーボーイノベルズ)
遠野 春日
リブレ出版 2012-10-19

by G-Tools



■情熱シリーズ
第1部
「ひそやかな情熱」遙×佳人
「情熱のゆくえ」
「情熱の飛沫」
「情熱の結晶」
第2部
「さやかな絆 -花信風-」
「たゆまぬ絆 -涼風-」
「ついの絆 -芝蘭の交わり-」

■スピンオフ
「艶悪」東原×執行
「艶恋」

■番外編集
「夜天の情事」

■ドラマCD
「艶悪(ドラマCD)」(スピンオフ)
「艶恋(ドラマCD)」(スピンオフ)
※感想上げた作品のみ。本編4作も出ています。

ひそやかな情熱 (ビーボーイノベルズ) 情熱のゆくえ (ビーボーイノベルズ) 情熱の飛沫 (ビーボーイノベルズ) 情熱の結晶 (ビーボーイノベルズ)
さやかな絆 -花信風- (ビーボーイノベルズ) たゆまぬ絆 ‐涼風‐ (ビーボーイノベルズ) ついの絆 -芝蘭の交わり- (ビーボーイノベルズ)
艶悪 (ビーボーイノベルズ) 艶恋 (ビーボーイノベルズ) 夜天の情事 (ビーボーイノベルズ)
関連記事
2006.10.24 09:56 | 遠野春日 | trackback(1) | comment(2)
            

こんにちは、にゃんこさん。

私はこの作品での穏やかな二人の日常が大好きで。月見酒や花見酒・・・日々忙しく追われてる身としては、羨ましい限りです。二人も決してヒマな人たちではないのですが、少しでも二人の時間を楽しむ余裕や気持ちを見習わなければ!と。

私も「~結晶」だけ手に入らなくて・・・。気長に待ちたいと思います。

「~ゆくえ」とともにTBさせていただきました!ありがとうございました。

2006.10.24 10:58 URL | 櫻井サクラ #- [ 編集 ]

サクラさん、こんにちは

このシリーズは二人の日常がいいですよねー。
黒沢邸が純和風というのが、遥の内面を現しているなぁと思います。
BLに出てくるお金持ちは豪華なマンションとかに住んでいる場合が多いので、新鮮でした。

皆さん「~結晶」が手に入らないみたいですね。
あらすじだけ読みましたが、二人に更なる試練が訪れるみたいで、とても気になります。
早く読みたいですね!

TB&コメント、ありがとうございました。
では、また「艶悪」で…(笑)

2006.10.24 11:22 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/270-ddb17024

情熱の飛沫(遠野春日/円陣闇丸)
少しずつ歩みよって、精神的には熟年夫婦のような二人。語らずとも、お互い分かり合うような。今回も事件に巻き込まれてしまうようで、一抹の不安がよぎりましたが前回とはちょっと違っていて一安心。事件と平行して、普段の二人の家庭での様子が多く描かれているために、

2006.10.24 10:51 | 櫻井サクラの日々徒然・BL編

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |