にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

くちびるに銀の弾丸 :秀香穂里

4199002790くちびるに銀の弾丸 (キャラ文庫)
秀 香穂里
徳間書店 2003-09

by G-Tools

各所で評判だったこのシリーズ、ようやく読めました。
評判通り、面白かった。
序盤はこんなに性格の悪い攻で大丈夫か?!と心配になりましたけど(笑)
【くちびるに銀の弾丸/秀香穂里/祭河ななを/Chara文庫(2003年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
ゲーム会社に勤める沢村は、自他共に認めるヤリ手広報。次の担当は、鳴り物入りで移籍してきた業界トップのディレクター・水嶋の新作だ。高いプライドと端整な美貌をもつ水嶋に、一目で興味をもった沢村。けれど彼はなぜか沢村にだけ冷たい。この男を組み敷いたら、どんな顔をするだろう…。沢村は好奇心から無理やり水嶋を抱いてしまう!ところが水嶋はその腕を拒まずに。



【あらすじ・感想など】
ゲーム制作会社ナイトシステムに新しく入ってきた水嶋弘貴(31歳・受)は、ゲーム業界でミリオンヒットを連発しているトップクリエイター。
水嶋のゲームを担当することになった澤村朗(28歳・攻)は、やり手の広報。
水嶋は妥協を許さず厳しいが、ゲームに対する真摯な姿勢は他を圧倒していた。
そんな水嶋に澤村は興味を持つが、水嶋の態度は冷たい。
ふとしたきっかけで水嶋がゲイで自分に気があることを知った澤村は、興味本位で水嶋と関係を持つことに。
次第に水嶋に惹かれていく澤村。
そんな気持ちに気がつきながらも、水嶋と関係を持つ傍ら相変わらず女遊びを続けていたが…。

澤村、かなりイヤな男ですね~。
水嶋と関係を持つ流れは、かなりサイテーな奴だわ。
女と遊び慣れている男としては当然の対応かも知れないですが。
そんな澤村ですが、水嶋を知るほどに惹かれていきます。

仕事を離れた水嶋は、実は不器用な男だった。
澤村はそんな水嶋が気になり、半ば一方的関係を続けます。
水嶋との関係を切ろうとは思わないが、本気になる気もない。
水嶋に本気になられるのがイヤだし、自分が嵌るのも怖いから、セックスも最後まではしない。
こんな関係はいつか破綻するだろうけれど、もうちょっと楽しんでいたい。
そんな傲慢で自分勝手な澤村でしたが、仕事でのドタバタがきっかけで澤村との関係が微妙に。
水嶋は澤村の不真面目な気持ちに気付いていたけれど、好きだったから黙って受け入れていた。
でも、ついにそんな澤村に自分から終わりを告げる水嶋。
そして失ってみてようやく、自分の気持ちに気がつく澤村なのでした。

その後、いろいろありつつも無事結ばれる水嶋と澤村。
澤村の傲慢さは変わりませんが、それが水嶋だけに向けられるのであれば、それもいいのかな。
水嶋は澤村みたいなタイプが合っているんでしょう。
良くも悪くも、ドカドカと遠慮無く乗り込んでくる澤村がね。
初めは澤村が水嶋を振り回していたのですが、結局の所相手に惚れて身動き出来なくなったのは澤村。
今まで深い恋愛をすることから逃げていた澤村は、いつの間にか恋に落ちていた自分に気づくことが出来なかったんですねー。
水嶋のキャラが好きです。
仕事はバリバリしてるけど、私生活は全くダメで恋愛にも奥手。
なんだけど、澤村との関係を終わらせたときのように、締めるところは締める。
しっかりしているのに可愛い水嶋、いいですねー。

えー、恋愛的な展開はこんな感じですが、このお話では仕事絡みの部分も二人の関係に大いに関係してきます。
秀先生は、この作品だけじゃなく、仕事内容の描写をバシバシする方だという印象。
それが良い感じで話を盛り上げてる場合もあれば、逆にその描写の濃さが鼻についてしまう場合もあるのですが…。
今回はすごくよかった。
ゲーム業界のことなんて全く知りませんが、読んでいて楽しかった。
水嶋のキャラを知る上で、ここで出てきた『ぼくたちのおやすみ』というゲームは大きな役割果たしてます。
そして、澤村はこのゲームを初め、
「これといったエンディングがあるわけでもない。なにが楽しいのか、さっぱり分からない」
と、評しています。
それは澤村の恋愛観にも言えることで、澤村はエンディングのあるゲームのように物事は簡単な方が良いと、面倒なことを避けていた。
でも最後には、水嶋が作った『ぼくたちのおやすみ』というゲーム同様、エンディングの決まっていない、水嶋との関係を面白いと感じられるようになります。
このゲームの内容を、最後にこうつなげてくるのか!と、良い意味で驚きました。うまいなぁ。

続編があります。
二人は恋人同士となったものの、まだまだぶつかることもありそうです。
どんな風に成長してくれるのか楽しみ。

■続編
「くるぶしに秘密の鎖」
関連記事
2006.10.19 09:45 | 秀香穂里 | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/266-909e2a84

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |