にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

ひそやかな情熱 :遠野春日

4896015363ひそやかな情熱 (ゲンキノベルズ)
遠野 春日
ムービック 2001-05

by G-Tools

「艶悪」を購入したのですが、その前にメインの「情熱」シリーズを読まねば、ということで、手に取りましたが…
嵌りました。やられました。
このカップル、萌えます。
【情熱のゆくえ/遠野春日/円陣闇丸/ゲンキノベルズ(2001年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
ヤクザの親分に囲われていた美貌の青年佳人は、親分の逆鱗に触れて折檻され、捨てられるはずの所を青年実業家の遙に拾われる。「俺が飽きるまで、おまえの身体は俺のものだ」と言い放つ、傲慢で残酷な遙。冷たいかと思えば気まぐれのようにやさしい仕草で触れてくる遙に佳人は翻弄され、混乱する。だが遙の心の内にある孤独を知るにつれ、佳人の心は次第に―。ひそやかに熱い想いを高めあう、ストイックな2人の想いは…。


【あらすじ・感想など】
青年実業家の黒沢遥(29歳・攻)は、数年前から親しくしている川口組若頭・東原辰雄に連れられ、川口組直系の香西組組長の自宅を訪れた。
そこで、香西に囲われている久保佳人(27歳・受)に出会う。
一目で惹きつけられた遥は、香西に反発したために折檻されていた佳人をもらい受けることに。
「お前の体は俺のものだ」と告げ、冷たい態度を取る遥だが、佳人に身の回りの世話や仕事を手伝わせるだけで、身体を求めるわけではない。
突き放したかと思うと優しい態度を取る遥。
遥の心の闇を知り、徐々に惹かれていく佳人だが…。

シリーズの第一作目。
まだ続きを読んでいないのですが、とりあえず二人の馴れ初めといった所でしょうか。
ハッキリ言葉にしない二人がお互いに探り合ってます。
もどかしいけれども、その駆け引きがすごくいい。
沈黙に色気が漂ってます。

遥が佳人に目を奪われた理由は、亡くなった弟に似ていたから。
それは最初の印象だけで、顔の作りも性格もやはり違うのですが、遥が佳人に弟を重ねてしまったのは、弟に対する複雑な思いが遥にあるからです。
その過去は遥の人生に多大な影響を与えています。
遥が佳人に心を奪われたのは、自分の置かれた状況に屈することなく生きている強さに惹かれたから。
弟もそうあってほしかったという気持ちもあったんだろうなと思います。

遥視点と佳人視点、どちらもありますが、お互いに虚勢を張り、振り回されている様がよく分かります。
遥の不器用さがいい。
若くして事業に成功し傲慢なんだけれども、孤独で、自分が愛されることも人を愛することにも慣れていない。
遥が気にかかってしょうがないけれど、優しくすることが出来ず、逆に冷たく当たってしまう。
そんな遥に振り回されつつも、惹かれてしまっている佳人は大変ですね。
言葉にはせずとも気持ちを確かめ合った二人。
端から見れば、そんな二人の気持ちは丸分かりだったんでしょうけどね。
東原からしてみたら、かなりバカップルだったんじゃないだろうか…。
同時収録されている短編「夏の華」なんて、相当バカップル…?
そんな二人が大好きですが。
普段はストイックな二人が、ふとしたきっかけで熱く燃え上がっている様に萌えます。

遠野先生はSHY NOVELSの貴族シリーズを何冊か読んだことがあったのですが、その時と印象がかなり違いました。
貴族シリーズは可もなく不可もなく、って感じでしたけど、こちらは静かなのにグイグイ世界に惹き込まれます。
この話と二人のキャラが良いのはもちろん、円陣先生のイラストがすごく合っていて魅力倍増。
特に、佳人のようにストイックで精神的に強い受は、円陣先生ピッタリだわ。
特に大きな事件が起こるわけでもなく、二人の関係をじっくり描写されていてよかったです。
まだ続編の「情熱のゆくえ」が手元にないのがもどかしい~!

※その後BBNから出直しています。書き下ろし有。
4799711717ひそやかな情熱 (ビーボーイノベルズ)
遠野 春日
リブレ出版 2012-08-20

by G-Tools



■情熱シリーズ
第1部
「ひそやかな情熱」遙×佳人
「情熱のゆくえ」
「情熱の飛沫」
「情熱の結晶」
第2部
「さやかな絆 -花信風-」
「たゆまぬ絆 -涼風-」
「ついの絆 -芝蘭の交わり-」

■スピンオフ
「艶悪」東原×執行
「艶恋」

■番外編集
「夜天の情事」

■ドラマCD
「艶悪(ドラマCD)」(スピンオフ)
「艶恋(ドラマCD)」(スピンオフ)
※感想上げた作品のみ。本編4作も出ています。

ひそやかな情熱 (ビーボーイノベルズ) 情熱のゆくえ (ビーボーイノベルズ) 情熱の飛沫 (ビーボーイノベルズ) 情熱の結晶 (ビーボーイノベルズ)
さやかな絆 -花信風- (ビーボーイノベルズ) たゆまぬ絆 ‐涼風‐ (ビーボーイノベルズ) ついの絆 -芝蘭の交わり- (ビーボーイノベルズ)
艶悪 (ビーボーイノベルズ) 艶恋 (ビーボーイノベルズ) 夜天の情事 (ビーボーイノベルズ)
関連記事
2006.10.17 10:00 | 遠野春日 | trackback(1) | comment(2)
            

こんにちは、にゃんこさん。
お久しぶりです。

感想を書き上げて、BPに送信できたのを確認したら”お~っ!”っと。
あまりのタイミングの良さにPCの前で大爆笑してしまいまして・・・早速TB・コメント送らせていただきました。

>このカップル、萌えます。
 
まさに今の私と同じですよ!
こんな感情久しぶりです。
なるべく淡々と感想を書いたつもりですが、本音では”キャ~”とハートマークを使ってしまおうかと・・・最近久しく使ってないなぁ~。
そのうち出るかも・・・。

あまりの嬉しさにホント久々に、自分からTBしました!
いつも受けてばっかりでスイマセン。
また、コチラにも遊びに来てくださいね!


2006.10.17 14:49 URL | 櫻井サクラ #- [ 編集 ]

サクラさん、お久しぶりです!

新刊でもないのに同じタイミング。すごいですね(笑)

>なるべく淡々と感想を書いたつもりですが
私もですよ(笑)
萌えすぎてにやけつつも、がんばって冷静に書いた…つもりです。
興奮してしまいますねぇ。ムフフ。

TB&コメントありがとうございました。
私も最近待ちに入ってしまっていたのですが、サクラさんの所にはしょっちゅうおじゃまさせて頂いてます!
ではでは~

2006.10.17 15:41 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/264-702e781b

ひそやかな情熱(遠野春日/円陣闇丸)
ヤクザのと元情婦と青年実業家、設定からしてもっと荒々しいストーリーを想像していました。しかもそのシリーズ4巻、さぞかし波瀾万丈な展開なのかと。でも、そんな杞憂も読んでみたら意外な方向に裏切られて。予想外の展開に”なんでもっと早く読まなかったんだ!”と後悔

2006.10.17 14:40 | 櫻井サクラの日々徒然・BL編

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |