にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

龍を飼う男 :ふゆの仁子

4812423538龍を飼う男 (ラヴァーズ文庫)
ふゆの 仁子
竹書房 2005-09-24

by G-Tools

「駆け引きはベッドの上で」がかなり苦手だったふゆの先生。
再度チャレンジしてみましたが…
この作品は面白かった!
結局、キャラの好みが大きいのかな…?
【龍を飼う男/ふゆの仁子/奈良千春/ラヴァーズ文庫(2005年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution
高柳は今、一世一代の決心を胸に香港の超高級マンションの前に立っていた。目的の相手は、大学時代の同級生、ティエン・ライ。香港での仕事をマフィアに邪魔され、失敗しそうな高柳は、最後の手段にティエンに交渉を持ちかけに来たのだ。交渉金のない高柳は、自分自身の身体をティエンに売るから、それでマフィアをなんとかしてほしいと頼む。必死な高柳に、香港でも有名なマフィアの血を引くティエンは、妖しい取り引きを持ちかけてきた。「お前の身体だけで報酬が足りない場合は、俺に一生飼われる覚悟はあるか」危険な魅力を放つティエンの目の中に茫然と頷く自分の姿を高柳は見た…。


【あらすじ・感想など】
ウェルネスの社員である高柳智明(受)は、中国進出のために香港で準備を進めていたが、マフィアに妨害を受けていた。
最後の手段で、高柳は大学の同級生だったティエン・ライ(攻)に交渉を持ちかける。
大学時代に自分に好意を持っているかも知れないと感じていたティエンに自分を売り、その金でティエンを雇おうとした高柳。
実は香港マフィアの家系であったティエンは、内部のもめ事にも絡んでいた高柳の依頼を受け、高柳はティエンに買われることに。
ティエンに弄ばれる高柳だが、次第に自分がティエンを好きだと気づき始める。
好きだからこそ、ティエンに身体を売ろうと思い立ったのだと。
そんな中、高柳はティエンの弟でボスであるゲイリー達によって拉致されてしまうが…。

マフィア絡みの事件は、ゲイリーにお灸を据える、という形でひとまず解決します。(省略しすぎ…?)
高柳はこの件で囮にされていて、ティエンが自分に優しくしてくれていたのもただの作戦だったのか、ということに落ち込みます。
一方のティエンは、本来事件後もティエンに飼われるはずだった高柳を解放すると言い出します。
ティエンは大学時代から高柳のことが好きだったのですが、住む世界が違うために諦めていたのでした。
お互いの想いをようやく伝えることが出来た二人。
住む世界の違う二人でしたが、ティエンはウェルネスの社員となり、二人は一緒に働くことになるのでした。

最後の展開は「えぇ?!」って感じでしたけど、面白かった。
マフィア絡みの事件は割とあっさり解決しますが、全体のバランスから云ったらちょうど良いと思います。
何が良かったって、ティエンが良かった。
このヒト好きだ。
冷酷で態度も冷たいんだけれども、意外と可愛い(笑)
まさかティエンから高柳に告白し始めるとは、思いもよらなかった。
人間臭さが至る所に垣間見えてるのがいいです。
ただ、こんな裏の世界に身を置いているヒトがウェルネスの社員になるっていうのが、なんだか無理があるように感じてしまった…。
そして、高柳。
一応主人公のハズなのに、私の中で影が薄い(笑)
「駆け引きはベッドの上で」でも引っ掛かったのですが、ウェルネスの社員がこんなに会社に身を捧げているのは腑に落ちません。
いくらなんでも、仕事を成功するために自分の身体を売るだろうか…?
ティエンが好きだという気持ちが無意識のうちにあったにしてもねぇ…。

「駆け引きは~」のティエンとキャラが違いすぎないか?とか、疑問は沢山ありますが。
ティエンが好きだから満足、それに尽きます。
前回かなり酷評してますが、結局それはヨシュアと遊佐のキャラが嫌いだというのが大きかったのかな。
…いや、話も微妙だったか…
なにはともあれ、このシリーズはいけそうです。
ふゆの先生にリベンジして良かったー。
続編も早く読みたい!
関連記事
2006.10.11 10:07 | ふゆの仁子 | trackback(2) | comment(4)
            

こんにちは~
これはにゃんこさんにも気に入っていただけたようですね。
ふゆのさんの作品ってもうかなりの冊数になると思うのでその中で自分の好みに合うのを見つけると意外と嵌るかもしれません。

でも多いから、結局絵師さんがお気に入りの方とかになってしまいがちなのですけれども…

ではでは!!

2006.10.11 19:14 URL | Jura #l/VZmCVM [ 編集 ]

Juraさん、こんにちは。

既刊本が多いと、どれから手をつけたらいいか分かりませんよね。
榎田さんみたいに当たりはずれ少ない作家さんだと、安心して買いあされるんですが(笑)
ふゆの先生は、とりあえずレーベル&イラストが好みな作品から手を出したいと思います。

コメント&TBありがとうございました!
それではまた。

2006.10.12 13:53 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]

にゃんこさん、こんにちは☆

私の場合、『駆け引きは~』もツボだったので、こちらの方も楽しめましたw
ただ、仰るように、ウェルネスの社員は仕事に熱心ですよね~(笑)
いくらティエンに興味があったからとは言え、たかが会社のために身を売るなんて、普通では考えられません。
まぁ、BLですからいいんですけれど(^^;)

このシリーズの特徴なのか、お話の大筋自体がわりとあっさり解決しちゃいますよね。
あとはラブで…(笑)

TBさせてください♪

2006.10.14 20:44 URL | 月子 #- [ 編集 ]

月子さん、こんにちは

ウェルネスは社員に愛されてますね。
このくらい自分の会社に愛情持たなきゃダメかしら(笑)
まだまだ修行が足りません。

>お話の大筋自体がわりとあっさり解決
そうですよね。続編もすでに読みましたが、そっちもあっさり解決してました。
事件自体は二人の関係のスパイスみたいな感じですね。
ベースはラブでってことで、楽しめました。

TBありがとうございました。
こちらからもおじゃまさせて頂きます!
ではでは。

2006.10.16 14:18 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/259-78d6ecd4

龍を飼う男/ふゆの仁子
香港の超高級マンションの前にたたずむ一人の男…高柳 智明(たかやなぎ ともあき)は今一世一代の決心を胸にこのマンションの最上階にいるかつて大学の同級生だったティエン・ライを訪ねて来ていた。彼の仕事先は...

2006.10.11 19:13 | kotonone::詞の音

『龍を飼う男』
ふゆの仁子(絵 奈良千春)/竹書房(2005・9月)【あらすじ】香港での仕事をマフィアに邪魔され、失敗しそうな高柳は、最後の手段でティエン・ライという大学時代の同級生に交渉を持ちかける。交渉金のない高柳は、自分自身の身体をティエンに売るから、それでマフィ

2006.10.14 20:40 | 裏・月子の書斎

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2018年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)
このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)
【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |