にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

スポンサーサイト :スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

Nightmare Fortress :小笠原宇紀

4862630294Nightmare Fortress~魔神の城塞 (スーパービーボーイコミックス)
小笠原 宇紀
リブレ出版 2006-08-10

by G-Tools

小笠原先生のマンガは何冊か読んだことがあるのですが、いまいちノリがつかめず、さらに話も難解で、読むのに苦労していました(私だけですか?)
なのに懲りずに買ってしまうのは、なんだかんだ言って絵が好きだからです…。
今まで読んだ中では、一番取っつきやすくて面白かったです。
【Nightmare Fortress/小笠原宇紀SBBC2006年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!

【あらすじ・感想など】
海に浮かぶ島であるベルナー公国は、温暖化の影響でいずれ海に沈む運命。
それを回避するため、王子・ガブリエルは“アーティファクト”と呼ばれるものを探していた。
しかし、同じようにアーティファクトを狙っていた魔神達に島は占領され、ガブリエル王子も略奪されてしまった。
唯一島から逃れた王室警護隊の吉祥とフリッツは、国と王子を救うために乗り込むが…

えーと、この世界観を説明するのはちょっと大変なのですね。
どうやら、国を占領した魔神達は堕天使で、アーティファクトを持つ人間とセックスすることにより天使に戻れるらしい。
なので魔神達は人間を襲っていて、やられてしまった普通の人間達は下僕にされてしまっている…という状況に陥っているベルナー公国。
逃れた吉祥とフリッツは日本へ。
そこで神主となった吉祥は、その力を込めた弾丸(オモチャだけど)を魔神達がイク瞬間に撃ち込むと倒せる、という事を発見し、吉祥とフリッツは再びベルナー公国へ乗り込みます。
…こんな説明で、なんとなく筋は判って頂けますでしょうか…。
こんな設定なので、とにかくみんなエッチしまくりです。
吉祥とフリッツも、元々フリッツは吉祥のことが好きだったのですが、作戦の練習のために(囮となるフリッツは魔神がイクまでセックスすることになるから)二人もやりまくりです…。
小笠原先生のマンガでは、セックスするまでの流れが唐突だなぁと感じることがよくあるのですが、今回もこの二人に関しては「なぜそこで?」という場面が何度か…。
まぁ、別に冷静に考える必要はないですかね。
魔神達は設定的に、脈絡無くやりまくっていても疑問はないんですけど。

二人以外の登場人物も何人かいますが、
私、ヴィクトルが好きだ。
ヴィクトル×吉祥がイチオシ。
あとがきのキャラ解説で、ヴィクトルは
「攻はカッコ良く」というBLのセオリーを登場の時点ですでに踏み外している
(爆笑)
一応二枚目キャラなんだけど、初めはアホな下僕で登場してたもんな(笑)
まさかこの人がその後レギュラーキャラになろうとは、予想もしていませんでした。
ちなみに、ここに登場する人間は攻であろうと、魔神相手にはみんな受てます。
吉祥もヴィクトルも…。
みなさん男らしく受けてらっしゃいます(笑)

このお話、まだ続きます。
伏線もいくつか張ってあるので、先が気になるところ。
今までの小笠原先生のマンガではハズし具合が掴みにくかったのですが、この作品はなんとかついていけました。
私の中で小笠原先生はシリアスなんですけど、意外とギャグなので掴みにくいのです。
一緒に収録されている短編くらいぶっ飛んでたら分かりやすいんですけどねぇ…(^_^;)
独特の世界観ですが、面白かった!
エロオッケー、リバオッケーな方なら楽しめると思います。
2006.10.10 09:56 | 小笠原宇紀 | trackback(1) | comment(2)
            

にゃんこさん、こんばんは。
以前、JUNE系のお話でお邪魔させて頂きました。
大好きな小笠原さんをレビューされていたので思わずコメントしてます^^

「BLのセオリーを~」というところには笑ってしまいました。
ヴィクトルは素敵ですよね。あれで受けもこなしてしまうとは!
シリアスなようで細かい笑いがある、そんな作風ですよね。
あとで見てみると「あ、こんなところに!」ってコマがよくあります(笑)
好きなのに、イマイチ話がわかってないような気もしますが…(^^;)

好き作家さんな割りに感想もろくに書いていなくて申し訳ないですが、TBさせて下さい。

2006.10.11 20:03 URL | 空 #m.2.LkcQ [ 編集 ]

空さん、こんにちは。

前回は野村先生、今回は小笠原先生、全然違うジャンルですがいらっしゃいませ!
JUNEも好きですが、私も小笠原先生好きです。

>あとで見てみると「あ、こんなところに!」
そうなんですよね。
イメージはシリアスなので、笑い所を見逃し、再読して気がつくこと多いです(笑)
そして、好きなのにイマイチ話が分かっていないような気が…というのも同感です。
レビューしていて不安になってました(^_^;)

コメント&TBありがとうございました!
こちらからもおじゃまさせていただきますね。
ではでは。

2006.10.12 14:09 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/258-4262851a

Nightmare Fortress~魔神の城塞~
 Nightmare Fortress ~魔神の城塞~ Nightmare Fortress~魔神の城塞小笠原 宇紀 (2006/08/10)リブレ出版 この商品の詳細を見る平和なリゾート地、ベルナー公国の王室警護隊に所属するフリッツは幼い頃の記憶がない

2006.10.11 19:51 | Moon stone

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。