にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

王朝綺羅星如ロマンセ :秋月こお

4199004033王朝綺羅星如ロマンセ 王朝ロマンセ外伝3 (キャラ文庫)
秋月こお
徳間書店 2006-08-26

by G-Tools

王朝ロマンセシリーズの完結編。
思い起こせば今年の初め、私はこのシリーズを読んでヤオイ熱が再発したのだった…
あの頃は萌えた記憶があるのですが、それから半年あまり、どんどん私は腐ってしまったらしく、今となってはこのシリーズは生ぬるいのでした(笑)
【王朝綺羅星如ロマンセ/秋月こお/唯月一/Chara文庫(2006年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
年が明ければ元服し、正式に皇族として『王』となる―。いよいよ迫る恋人・諸兄様との別離の予感に、身分の重さを嘆く千寿丸。千寿を巡る貴族達の勢力争いも、宮中への不信を増すばかり。そんなある日、従者のアシカビが右大臣邸で喧嘩沙汰に巻き込まれるという事件が発生!!悲憤に駆られた千寿は、ついにある決意を固めて…!?京を揺るがす恋と波乱の平安絵巻、ここに終幕。


【あらすじ・感想など】
今は藤原諸兄(26歳・攻)の家人であり蔵人所で小舎人童として働く千寿(15歳・受)の出生の秘密は、今や公然のものとなり、年が明けることには正式に皇族としてとなることが決まっていた。
恋人である諸兄と離れてしまうのは辛く、千寿自身は皇族になることを望んではいないが、政治的な問題も絡み、周囲は放って置いてはくれない。
そんな準備が進んでいる中、千寿の従者となったアカシビが権力者である右大臣家で騒ぎを起こしてしまう。
その騒ぎで、アカシビが蝦夷であることが発覚し、その累は諸兄にも及ぼうとしていた。
自分が不幸を招いていると感じた千寿は飛び出していくが…

以前のレビューを見てみたら、全然中身を説明してないことに気付きました…
いやー、内容が濃いので説明しきれない事もありますが。
今回関係するところをかいつまんで説明すると、
千寿は捨て子だったのですが、実は父は先々代の帝、母は長岡京を滅ぼした大怨霊・早良親王の孫娘だったのです。
あまりに障りの重い落胤であったために捨て子となってしまったものの、諸兄に出会い、政治的な問題も絡んだ末に、高貴な血筋であるということで皇族となる運びに。
もちろんそうなると恋人の諸兄よりも身分が高くなってしまうので、いつも一緒にいるなんて事はできないわけです。
その不安や、政治的な駆け引きの汚さに対する不満などが積もってきたところに、アカシビの事件。
友人でもあったアカシビは、蝦夷と言うだけで不等な扱いを受け、その責任問題が諸兄にまで及ぶ頃に。(蝦夷はかつて朝廷に抵抗したために討伐され、その後は厳しい監視下に置かれていた)
精神的に追いつめられた千寿は、早良天皇の怨霊にからだを乗っ取られてしまう。騒ぎを起こしますが、結果的に、これによって千寿の願いは叶うのでした。

うーむ、かなり強引な展開。
怨霊オチはどうなんだと思いますけど、こんなことでもなければ話はまとまらない、というのも分かります。
元々ガッツリシリアスというわけではないので、このノリで良いのかな。

私はどうにも諸兄×千寿カップルが苦手です。
イラストのせいもあるのですが、ショタのニオイが好みでない…
最初はともかく、徐々に成長していって、もっと幼さが抜けていってくれたらよかったなーと残念。
あぁ、後ですね、この二人の絡みは頂けない。
二人の最中の言葉は、あまりの恥ずかしさに投げ出したくなってしまった。
えー、参考までにちらっと部分的に千寿の喘ぎをドウゾ。
「いえっ、いえっ、あああんっ、快うございまする~!」
「ああっ、ああっ、い、イキます、イキまする~っ」

……。
タイプするのがこんなに恥ずかしいとは思わなかった…。
羞恥プレイですか、コレ。
萌えません。
いやむしろ萎える?
この二人のバカップルぶりは、いい加減胸やけがします。
秋月先生ってこんな萌えない絡みを書く先生だったっけ?
勢いのあるエロを書く先生だなとは思っていたが…(笑)

それにしても、秋月先生の文章力、というか書き込みの量に圧倒されます。
敬語謙譲語満載、平安時代の文化や人々の生活描写もすごいです。
並大抵の勉強量じゃない。
せっかくなので、平安を舞台にして、今度はシリアスで大人の男同士の話を書いて欲しい。
でも秋月先生でどシリアスって、考えてみればないかも。
あっても少ないんじゃないかな?
フジミもそこまでシリアスではないし…。

えーと、なんだか不満が多くなってしまいましたね。
萌えませんが話はしっかりしていて面白いです。
私は主役カップルには萌えませんが、脇の業平×国経カップルに萠えです。
この二人が出てくるのを楽しみにしていたのですが…
残念ながら、今回絡みはナシ。
全サの小冊子、どうしようか悩んでいたのですが、この脇株の話も読めるという煽りに負け、応募に必要なChara selectionを購入してしまった。
雑誌は処分に困るから買いたくなかったのに…。
…なにはともあれ、脇株ネタ楽しみだ!
関連記事
2006.10.04 10:07 | 秋月こお | trackback(0) | comment(0)
            












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/255-a5ebf1d2

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |