にゃんこのBL徒然日記

BL:ボーイズラブ本の感想ブログ

観賞用愛人 :高遠琉加

4813011365観賞用愛人 (SHYノベルス168)
高遠琉加
大洋図書 2006-09-25

by G-Tools

おぉー、すごく静かです。
雪の静けさが印象的でした。
あまり大人をからかってはいけませんね(笑)
【観賞用愛人/高遠琉加/北畠あけ乃/SHYノベルズ(2006年)】

オススメ:

↓ネタバレあり、caution!!
ある朝目覚めると、大学生の加藤瑛は雪深い別荘に閉じ込められていた。そして、端整な美貌の持ち主である大学助教授・音無悠一がじっと瑛を眺めていた。自分はこの男に囚われているのか?どこからだ?どこから狂った?振り回していたのは自分のはずだったのに―混乱する瑛だったが!?冷ややかで、そのくせ熱を孕んだ瞳。繊細な指。溺れるほどの独占欲。熱く、静謐な愛の形。


【あらすじ・感想など】
大学生の加藤瑛(受)は、自堕落な生活を送っていたが、そんな毎日に退屈していた。
そんな時、行きつけのバーで見かけた大学助教授の音無悠一(攻)に興味を持つが、悠一は冷たく相手にしてもらえない。
そんな悠一を動かしたくて瑛は何かと悠一に絡んでいたが、ある日気付くと、瑛は悠一の別荘に閉じこめられていた。
足枷をつけられ鎖で繋がれた瑛だが、悠一は何も要求してこない。
そんな状況に戸惑いながらも、悠一を知るほどに惹かれてしまい…

静かです。
悠一は全く感情を表に出さない。
そして二人を日常から隔離している雪。
私の住んでいるところも年に何度も雪が積もりますが、雪が一面に降り積もったときの静けさは非日常的。(雪国だとそれは日常なのでしょうけど)
その静けさが作品全体を覆っていました。
雪もいろいろありますけど、日本海側ではなく、内陸の雪っぽいかな。
私的には、長野のイメージで読んでいました。

「ここにいればいい」という言葉通り、悠一は瑛に何もしません。
もちろんそんな状況に瑛は反発しますが、雪に囲まれ外部への連絡手段もない別荘、都会育ちの瑛が逃げ出すことは不可能。
そんな二人きりの日々を過ごすうちに、瑛は悠一の過去を知ることに。
悠一は以前、今は入院している父親に、その別荘で監禁されていた。
宝石のように愛でるために。
それは父親の歪んだ愛情だった。
そして、悠一も瑛に対する欲望が暴走するのを恐れ、瑛を閉じこめてしまうのでした。

独占欲が強い悠一。
その欲望を抑えるために監禁。
十分暴走してると思うのですが…(^_^;)
ちょっと病んでますけど、不器用な悠一なりの恋愛だったのだなと思えば納得です。
意味も分からず振り回された瑛は大迷惑なのでしょうけど、散々悠一を刺激してますからね。
自業自得…なんじゃないかと(笑)
それに、瑛の行動も「好きなんだけど虐めてしまう」的なモノだし。
結局、大人になりきれていない二人の不器用な恋愛なのでした。

監禁…とはいっても見ているだけなので、鬼畜エロは一切ありません。
絡みはありますけど、基本的に監禁中はプラトニック。
焦らされた分、本番の絡みは描写以上にエロさが漂っていて良かったです。
父親(血は繋がっていない)とのプラトニックな関係は、全然踏み込んだ描写がないのに妙に気になります。

非日常的な設定が、「雪」によってすんなりと受け入れることが出来ました。
悠一の部屋の「植物」も同じように外界から離れた世界を作り出してますね。
この静けさ、好きです。

でもちょっと違った視点から見ると、、興味本位で大人をからかうと痛い目を見ますよ、という話なのかもしれない(笑)
関連記事
2006.10.03 09:56 | 高遠琉加 | trackback(0) | comment(2)
            

こんばんは。
「レストラン」シリーズからボツボツと高遠さんの作品を読み始めましたが、この作品でも文章の巧さを実感しました。
雪の山荘に拉致監禁から最後の火事まで、結構事件もあって緊迫してもいいストーリーなのに、本当にすごく静かな空気感が終始漂ってますよね。
夜光さんの雪の山荘ものと随分世界が違うなあとちょっと思いました。どちらも好きですけれど(^^♪

2010.06.28 00:34 URL | コモ #- [ 編集 ]

コモさん、こんばんは!

私はこの作品が初高遠先生だったので、何の前知識もなくこの文章に触れました。
高遠先生の作品の中では少し毛色の違う話のような気がしますが、しんと静まりかえった雪の日の空気が伝わってくるような文章が印象的だったことを覚えています。
作家さんによって、文章の熱が全然違いますね!
そんなところも面白いです。

コメントありがとうございました(´∇`)
レスが遅くなってしまい申し訳ありません!
それではまた~♪

2010.07.01 01:02 URL | にゃんこ #fwkSvwQ6 [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://macnyanko.blog22.fc2.com/tb.php/254-b753e266

最近の記事

プロフィール

Author:にゃんこ
漫画も読むけれど、やっぱり小説が好き! 小説を中心にBL本の感想を書いています。

このBlogについて:Read me

日記&一言感想
→ にゃんこ雑記
お知らせ用twitter
お知らせ
中の人はこちら
つぶやき

Twetter

RECOMMEND

参加させていただいています!

【このBLがやばい!2019年度版】
(漫画中心に小説、CD含めBL全般)

【はじめての人のためのBLガイド】
(ほぼ漫画のみ)
はじめての人のためのBLガイド

作家さん別感想記事リスト

Comment

Trackback

サイトリンク

BL Novels TB

BL Comics TB

BL×B.L.People


お役立ち


with Ajax Amazon

メールフォーム

基本的にレスは雑記の方でしています。数日経っても応答がない場合は送信エラーの可能性があります。「取扱説明書」を参照してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

| ホーム |